【動画de英語】グラミー賞歌手Halseyがコンサート中に出血した理由|Halsey(ホールジー)|The Doctor

スポンサーリンク

さあ、今日は動画から英語を学ぶ日曜日です。

出発。

 

【今日のチョコっと英語】

『出発する』に関する英語・・・

―I’m off to Disneyland tomorrow.

(私は明日ディズニーに行く)

 

では、本題行ってみましょう!

今回ご紹介するのは『The Doctors』という番組です。医学のプロ集団が色々な健康に関する題材については話し合い、視聴者からの質問に関して答えていくというような番組です。このように面白い質問が沢山あがってきてます(番組HPへ)。

全然ノーマークの番組だったのですが、このサイトでもおなじみのHalseyが出てたのでご紹介します。

 

歌手Halsey(ホールジー)が自身の子宮内膜症について語るです。

スポンサーリンク

Singer Halsey’s Life with Endometriosis/2018.4.26より一部抜粋

みなさんもどこまで聞き取れるか挑戦してくださいね!


(host) It’s estimated that one of 10 women in the U.S. struggle with endometriosis, that includes the woman behind the hit you’ve all on the radio,”Bad At Love”. 

(米国では10人に1人の女性が子宮内膜症で苦しんでいます、そしてそれは”Bad At Love”という皆さんが聞いたことのある曲をヒットさせたこの女性も例外ではありません。)

Grammy-nominated singer and songwriter,Halsey who is here with us, so please welcome Halsey to the show!

(グラミー賞にノミネートされた歌手であり、作曲家でもあるホールジーが今日ここにきてくれています。さあ、ホールジーご登場ください)

So I feel like every woman who has dealt with endometriosis has their own individual story and journey, and clearly you’re here today for reason to share your story.

(私は子宮内膜症と戦っている女性は、その人自身の物語、闘ってきた旅を持ってると思っています、今日はあなたの物語を私たちにシェアしに来てくれたのですよね)

(Halsey) Yeah, absolutely. So, you know, the thing with endometriosis is a lot of it comes down to, I think doctors can tend to minimize, you know the female experience when it comes to dealing with it.

(そうよ、もちろん。ほら、子宮内膜症が原因で起こる多くのことって、私は思うんだけどお医者様って過小評価しがちなのよね、それとともに女性が対処しなければならないことに関して。)

My whole life, my mother had always told me, ” Women in our family just have really bad periods.” It was just something she thought she was kind of cursed to deal with, and I was cursed to deal with. And that was just part of my life.

(私の人生を通して、昔からママはいっていたの、”私たちの家族の中の女性は本当に重い生理になるの”って。ママはそれを何か呪われた運命みたいなもので対処しなければならないものだと思っていたの、そして私はそうしてきたわ。だってそれが私の人生の一部だったから)

When I started touring, and playing concerts, and traveling, the stress and the strain on my body really started enhance the symptoms and make the experience a little bit worse. I was fainting, all the time. 

(私がツアーを始めたとき、コンサートをして、色々な土地を転々として、ストレスと張り詰めていた私の体は、生理の症状をとてもひどくして、以前より少しひどくなっていたの。私はいつも気を失っていたのよ)

And I got misdiagnosed with chronic fatigue, with anxiety, they were telling  me I was fainting because I was anxious. And I said , I am anxious, because 

(そして私は、慢性的な疲労、不安症だって誤診されたの。彼らは私が不安症だから失神するんだって言い続けたわ。で私は言ったのよ、私は不安症よって、だって・・)

Well yeah, it’s understandable, right? Having anxiety after all of that.

(そりゃそうでしょ、ですよね?そんなことがあったら不安を持つでしょう)

Yes, yes, and it wasn’t until one of the first tours I’d ever done, I woke up in so much pain, I was bleeding so much, it was more blood than I had before. And our tour bus was parked outside of a hotel. I was so sick, and I was in so much pain. I thought I was going to vomit, and tour bus plumbing is not great for vomiting. So I wondered my way out of the tour bus into a hotel, into the lobby, and managed to get to a bathroom, and a couple minutes later I woke up on the floor in that bathroom.

(そう、そうなの、それは私の初のあるツアーの日だったわ、私はものすごい痛みで起きたの、すごく出血もしていた。今までに経験したことのないような出血だった。それで私たちのツアーバスはホテル外に停めていたんだけど、私は本当に具合が悪くて、すごい痛みだったの。私はもう吐いちゃうってなったの。で、バスの中の配管って吐いちゃうと詰まっちゃうでしょ、だから私はバスから降りてホテルに戻ったの。ロビーに行って、何とかトイレまで行って、で数分後起きたときに私はトイレの床の上で目が覚めたの)

And I pulled myself up, and I walked back out through the parking lot, collapsed in the street, outside of the bus, and my tour manager had to take me to the hospital. And the whole time I was there, no one knew to tell me. Dehydration, stress, anxiety,and I’m saying,”What about my pain?” A lot of the time, they can make you think it’s in your head.

(私は何とか起き上がって、駐車場を通って、バスに行く前に道の上で卒倒してしまったのよ。私のツアーマネジャーは私を病院に連れて行かざるを得なくなって、私がそこにいたときに、だれも私になんていえばいいかわからなかったの。脱水症状、ストレス、不安症、で私言ったのよ。”じゃあこの痛みは何なの?”って。かなりの時間、医師たちは原因は私の頭の中だって思わせていたわ。)

When I finally got my endometriosis diagnosis, was with Dr. Aliabadi, she took one look at me and I explained her my symptoms,and she said, ” You have endometriosis.” And it was so bittersweet, because it was like the relief of knowing I wasn’t making it all up, and I wasn’t being sensitive, and it wasn’t all in my head, but it also kind of sucked to know that I was gonna be living with this forever.

(私がやっと子宮内膜症の診断を受けたとき、Aliabadi医師が、私を見て、で私が症状を説明して、そして彼女が言ったの。”あなたは子宮内膜症ね”って。それってすごくうれしいことでもあり、不安なことでもあったわ。私は自分が症状を作り上げたってわけじゃない、自分が感情的すぎるってわけじゃない、自分の頭が原因じゃないってことがわかって安心したし、私は一生今後この病気とともに生きていかなくちゃいけないって知って最悪だっても思ったわ)

A couple of months later, I was on tour, I found I was pregnant. And before I could even really figure out what that meant to me, what that meant for my future, for my career,for my life, my relationship, the next thing I knew I was onstage miscarrying.

(数か月後、私はツアーをしていたわ、そこで私は自分が妊娠してることが分かったの。そして、これが自分にとってどんな意味をもつのか、私の将来に、私のキャリアに、私の人生に、私の恋愛関係にどんな意味を持つのかって考えをまとめる前に、次の瞬間、私はステージ上で流産してしまったの)

In the middle of my concert,and the sensation of looking a couple hundred teenagers in the face, while you’re bleeding through your clothes, and still having to do the show, and realizing in that moment, I never have to make that choice ever again. Doing what I love, or not being able to because of this disease. So I put my foot down, and I got really aggressive about seeking treatment, and I had surgery a year ago, and I feel a lot of better, so it’s good.

(コンサートの真っ最中で、私は何百もの10代の若者がこっちを見ていたのよね、服を通じてまで出血しながらね、でもショーは続けなくてはならないし。その瞬間私は実感したのよ、もう二度とこんな選択はしたくないって。自分の好きなことをしたいって、この病気のせいでできないなんて嫌だって。だから私は地に足をつけて、治療法を探すのに本当に積極的に行動したの。で一年前に手術をして、今は本当にかなり良くなったわ。すごくいい気分よ)

(割愛)

 

 

この動画に対するコメントはこんな感じです。

She is just so beautiful!!! 💕 And seems like a very genuine, down to earth person. And I never knew that she had a miscarriage. That just breaks my heart. 😢🙏(彼女って本当に美しいわ。彼女ってとても純粋なように見えるし、地に足がついた女性のようだわ。そして私は彼女が流産した経験があるって知らなかったわ。すごく悲しい気持ちになったわ)

I’m glad she ended up having a proper diagnosis. It’s hard when no one understands. I wish her health and happiness.(彼女が適切な診断を最後には受けれてよかった。誰人も理解されないって大変なことだから。彼女の健康と幸せを祈ります。)

このサイトでHalseyを取り上げたのはこちら。

【洋楽de英語】《歌詞和訳》『Closer ft.Halsey(ホールジー)』by The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)|トゥ―ソンで死ぬほど聴いた曲はどれ?|Sweetな曲

【洋楽de英語】《歌詞和訳》『Alone(ft.Big Sean,Stefflon Don)』-Halsey(ホールジー)】|「be dying to」の使い方


こちらもどうぞ。今までの【動画de英語】はこちらです。


【編集後記】
Halseyが流産の過去を話したのは今回が初めてではないですが、私は今回初めて知りました。
過去に話をしたときは、ポップスターになるよりもママになりたかったってインタビューで答えていたのも見ました。
悲しいですね。そして子宮内膜症って本当に大変で辛い病気なんですね。
そういえば少し前、Halseyは休暇中にコカイン吸入場面をリークされて、かなりの騒動になりましたよね。
動画に対するコメントでも、そのことに触れてるもの結構ありました・・。
では、次回もお楽しみに!

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ