【ゴシップde英語】ジョージア州での中絶禁止法にセレブが黙ってない!Jameela JamilにAlyssa Milano|海外ゴシップ|「inhumane」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ今日はゴシップから英語を学ぶ水曜日に投稿したかった内容です。

もう二度とないかもしれない。

 

【今日のNativeパクリ英語】
 『may never』に関する英語
―She may never tell you her thought.
(彼女はあなたに自分の考えを教えることはもうないかもしれない)

ー元ネター

Britney Spears’ manager has told TMZ that the pop star may never perform again. pic.twitter.com/XyvPLtuQlf

— HuffPost (@HuffPost) May 15, 2019

 

州によって条例に大幅な違いがあり、その一つが先日決定。

では、今日もゴシップから英語の勉強いってみましょう!

ジョージア州での中絶禁止法にセレブが黙ってない!!

 

スポンサーリンク

Jameela Jamil just took to Twitter to criticize Georgia’s new abortion laws and, in the process, revealed she had an abortion when she was younger.

The law, which was signed by Gov. Brian Kemp last week, prevents women from having an abortion after a heartbeat is detected in the fetus. That can happen as early as six weeks into a pregnancy, which is literally two weeks after your first missed period. Basically, that’s a very short window of time for a woman to make a decision.

Jameela addressed this on Twitter, writing, “This anti-abortion law in Georgia is so upsetting, inhumane, and blatantly demonstrative of a hatred of women, a disregard for our rights, bodies, mental health, and essentially a punishment for rape victims, forcing [them] to carry the baby of their rapist.

“I had an abortion when I was young, and it was the best decision I have ever made. Both for me and for the baby I didn’t want and wasn’t ready for, emotionally, psychologically, and financially. So many children will end up in foster homes. So many lives ruined. So very cruel.

(割愛)

(出典:https://www.cosmopolitan.com/entertainment/celebs/a27468716/jameela-jamil-abortion-georgia-law-reaction/

 

キーワード

fetus.:胎児

inhumane:非人道的な、不人情な、無慈悲な 残酷な

blatantly:あからさまに、露骨に

demonstrative: 例証的な、論証的な 〔感情などが〕あらわな

disregard:無視

essentially:本質的に

ruined:損なわれた、台無しになった

 


女優ジャメーラ・ジャミルがツイッターにてジョージア州の新しい法案、中絶禁止法について批判し、彼女が若い頃に堕胎をした経験があることを公表した。

ジョージア州のBrian Kemp知事によって先週可決されたこの法案では、胎児の心音が確認された後には堕胎することを禁ずるというものだ。この状態は妊娠期の6週間ほどの次期にあたり、最初に生理がこなくなってから2週間後ほどのことになる。基本的にこの時期というのは女性が決断をするにはかなり早い時期だということになる。

ジャメーラはツイッターにこのように投稿している。

ジョージア州の堕胎禁止法については非常に動揺させ、非人道的でもので、女性の嫌悪をむきだしにしたものであるし、私たちの権利、私たちの身体、メンタルヘルスを無視したものでもある。本質的にレイプ被害者に例ピストの子どもを産むことを強いるものでもある。

私は若い時に堕胎を経験したことがある。それは私にとって今迄した決断の中で一番最高の決断だった。私にとってもお腹にいた赤ちゃんにとっても。私は当時子供を望んでいなかったし、感情的にも心理的にも経済的にも子供を持つ準備が出来ていなかった。多くの子どもたちは里親施設にいきついてしまうことになる。多くの命が台無しにされていて、とても残酷なことです。

(割愛)


この方、アリッサ・ミラノも声を上げています

 

コントロバシャールな発言でですが、注目を集めるのには大成功

 

 

【編集後記】
何度も言ってますが、社会が何か動いたときにすぐ反応するセレブ達、
さすがですよね。今ジョージア州だけでなくアラバマ州も可決しました。
今後もこの問題は色んな展開を見せるのではないかと思います。
それに対しての反応も拡大していくでしょうね。
ニュース追っていきます。
では、また次回もお楽しみに!


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー

スポンサーリンク

コメントをどうぞ