【映画de英語】『Wine Country』(ワインカントリー)(2019)のセリフから勉強するネイティブ/リアル英語フレーズ7選|「park it」の意味は?

スポンサーリンク

さあ、今日は映画で英語を学ぶ土曜日に投稿したかった内容です。

ワイン飲みたくなる映画!

 

【今日のNativeパクリ英語】

『 amazing』に関する英語・・

―Your song was amazing.

(あなたの曲は最高だった

ー元ネタ―

Paula Pell in #WineCountry on Netflix is amazing!

Watch Wine Country and then check out Paula’s episode of On Story at the link below:https://t.co/NhpR1Cisni

— Austin Film Festival (@austinfilmfest) May 12, 2019

 

【土曜日の『映画de 英語』/映画で英語学習をお勧めする理由】

「映画でリアルな英語を学ぶ」「フレーズをシチュエーションごと丸ごと頭に入れることが出来て覚えやすい」など、映画で英語を勉強するメリットは皆さんもご存じの通りです。

実はそれ以外にも、映画を見るメリットはあり・・何と映画を見ることは脳そのものにメリットがある」ことが分かっています

コメディ映画で血流上昇する、想像力、創造性、認知思考を高める等、脳を活性化するのに映画がいいというのは諸説言われていますし、研究もされています。

気持ちのリフレッシュにもなり、自分の世界も広がる上に、見ることだけに集中することになるので、ストレス軽減にもなります!

【映画de英語】がすごくいいことだと分かっていてもな忙しくて映画館に行く時間がないという方には、定額制の動画配信(見放題)サービスをお勧めします。

私はNetflixAmazon Prime Videoを活用していますが、以前はHuluも使っていました。

参考までに、「dTV」「U-NEXT」なども有名ですし、他にも色々なサービスがあるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!!

映画を見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげる「映画 de 英語」を一緒に始めませんか?!

 

今日の映画はこちらです!

映画『Wine Country』(ワインカントリー)(2019) 

 

・50歳の誕生日を機に、最近は忙しくて会えていない親友たちとの週末旅行にいくことにした女6人のロードムービー

・とにかくキャストが豪華で、これで面白くないわけはないという最強コメディアンヌ達が出演!

・絶対に笑える、見て損はない作品

・ネットフリックスオリジナル作品

 

詳しいキャストやあらすじなど気になる方は、【Wikipedia【IMDb】を見ることをおススメします!


 

予告編こちら!

 

それでは、早速【映画de使えるリアル英語フレーズ】いってみましょう!

『映画de使えるリアル英語フレーズ7選』

 

『映画de使えるリアル英語フレーズ7選』
|映画『Wine Country』(ワインカントリー)(2019))より

1. I know I get weird bossy energy on these trips.

2. I don’t think this is her jam.

3. Okay, I will keep that in mind, thank you.

4. Okay, let’s play “path not taken”.

5. She needs to ease up.

6. I need to know that we’re all going to be there for each other,because this group is sacred to me.

7. Park it, drop your can.

スポンサーリンク

 

これらのフレーズはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1.I know I get weird bossy energy on these trips.

ー私仕切り過ぎちゃってるの分かってるんだけど

【場面】
親友の50歳の誕生日を機に、毎日忙しい皆が集まって旅行に。アビーは楽しみで仕方なく旅程まで作り、仕切ってしまう。食事の場でもオーダーまで彼女が仕切り、みんなに謝る場面。

【参考】
bossy : 威張りたがる、親分風を吹かせたがる

【妄想トライ】
例えば・・どこの家庭でも?
―My mom is bossy.
(ママは威張ってる)

2.I don’t think this is her jam.
ーやりたいことじゃないもんね

【場面】
ワイナリーのナパで家を借りながら週末を過ごすパーティー中のみんな。アビーが旅程に組み込んだのは早朝のタロット占い。占い師が来て、次々と皆の状況、弱点、本当のところを突いてくる。聞きたくない一人は逃げ出した場面。

【参考】
my jam: your favorite,or one of your favorite song:あなたの好きなもの

【妄想トライ】
例えば・・この曲好き!
―That’s my jam!
(それは私の大好きなやつだ!)

 

3.Okay, I will keep that in mind, thank you.

ー覚えておくわ、ありがとう

【状況】
敷地を所有しているタミ―は風変わりではあるが、親切にしてくれる様子で、二日酔いにはこれが効くよとスムージーを持ってきてくれる。今日のアドバイスとして、「ちょっといいかな?」と話しかけてきた人がいたらそこで話を止めなくちゃね、と言われ、素直にありがとうというキャサリン。

【妄想トライ】
例えば・・手始めに、まずは理解すべきこと
―You need to keep that in mind.
(それは頭に入れておく必要がある)

 

4.Okay, let’s play “path not taken”.
―進まなかったけど実はやりたかったこと挙げて行こう

【状況】
ナパのワイナリーを回るご一行。でも別にワインのうんちくを聞きたいわけではなく、ただみんなで飲みたいだけ。ワイナリーの人の話を聞くのをやめて、ワインをもったまま散歩に出るアビーとキャサリン。

 【参考】
path not taken:選んでこなかった道

 

5.She needs to ease up.
ーちょっと和らいでほしいよね

【状況】
ナオミとレベッカも酔っぱらいながらワイナリー畑を歩き語る。ちょっとアビー今回やりすぎよね?この次はこれ!って詰め込み過ぎの旅程で、怖いくらいこの旅行に精力注いでるし、と話し合う場面。

 【参考】
ease up:緩和する、軽くなる

【妄想トライ】
例えば・・締め付けすぎるのは良くない
― Sometimes you need to ease up on her.
(時には彼女に少し優しくあたるべきだ)

 

6.I need to know that we’re all going to be there for each other,because this group is sacred to me.

ーみんなが必要なの、私にはみんなが大事だから

【状況】
ナオミがみんなに本心をぶつける場面。いつまでたっても自分はのけ者的に扱われていると怒るキャサリンに、いい加減にわからないの?と話すナオミ。

【参考】
sacred: 神聖な、聖なる、宗教の、礼拝の

【妄想トライ】
例えば・・聖域は大事
―Don’t mess my sacred area.
(私の聖域を汚すな)

 

7.Park it, drop your can.

ー座って、飲み物置いて

【状況】
最後の最後にみんなの気持ちがそろい、本心も言い合って、それでもこの皆で居られるこの週末が最高だ!となって飲んでいる夜。そろそろ帰るわね、というタミ―に、みんながダメダメ、私たちともっと一緒に居よう!と誘う場面。

【参考】
Park it:座る

 

 ★単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典Urban dictionaryを使うことが多いです。


今作が長編初監督作品となったエイミー・ポーラーのインタビュー動画。

 

話がやまないコメディ会の大御所の彼女たち。でも子供の話しになると真剣になる場面も!

 

 

 

【編集後記】
コレダケの豪華キャストなんで、そりゃ期待しますよね!
私としては期待以上ではなかったけど、期待は裏切らない感じで、
思った通り、楽しい映画でした!!
これだけのレジェンドが集まっていても、お互いの良さを引き出していて、
さすが!という感じです。
私の中でエイミー・ポーラーは
永遠に映画「ミーン・ガール」の中のレジーナ・ジョージのママ役ですけど!
では、次回もお楽しみに!


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー

スポンサーリンク

コメントをどうぞ