【映画de英語】『GONE GIRL』(ゴーン・ガール)(2014)のセリフから勉強するネイティブ表現 |「rub someone the wrong way」の意味は?

スポンサーリンク

さあ、今日は映画で英語を学ぶ土曜日に配信したかった内容です。

もう今月も半分すぎる!

 

【今日のNativeパクリ英語】

『信じられる?』に関する英語・・

―Can you believe 2 weeks have passed since we celebrated New Year.

(新年祝ってから2週間たったって信じられる?)

ー元ネタ―

Can you believe that this album was released 20 years ago today?! I can’t. It’s been the journey of a lifetime, but I’m grateful for every moment. Getting to know you all over the years has been such an incredible experience. Thank you for all your support ❤️ #BabyOneMoreTime20 pic.twitter.com/vbj10cDn2C

— Britney Spears (@britneyspears) January 12, 2019

 

【土曜日の『映画de 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見ることは、勉強にももちろんですが、脳そのものにもメリットがたくさんあるそうです。コメディ映画で血流上昇する、想像力、創造性、認知思考を高める等、脳を活性化するのに映画がいいというのは諸説言われています。もちろん研究もされています。気持ちのリフレッシュにもなりますし、自分の世界も広がりますよね。集中するということもあり、少なからずストレスも軽減するような気もします。

中々映画館にまで行く時間もないと思うので、やはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います。

私はNetflixAmazon Prime Videoですが、以前はHuluでした。参考までに、主な動画配信サービスというと、「dTV」「Hulu」「U-NEXT」「Amazon Prime Video」「Netflix」あたりですかね。もちろん他にも色々あると思いますし、比較サイトも沢山あるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!

映画を見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげちゃいましょう!

 

『GONE GIRL』(ゴーン・ガール)(2014)です。
2012年に発表された小説を基にした映画。監督はデビット・フィンチャー、世間から嫌われまくる夫役にBen Affleck(ベン・アフレック)、狂気の沙汰を最高に演じた妻役にRosamund Pike(ロザムンド・パイク)。何回見ても面白い映画です!今回初めてこの映画の浮気相手役がEmily O’Hara Ratajkowski(エミリー・ラタコウスキー)だったことに気付きました!

 

詳しいキャストやあらすじなど気になる方は、こちら(Wikipdia)。私はいつもこちら(IMDb)もチェックしています。

 

予告編こちら!

 

では、気になるフレーズいってみましょう!

スポンサーリンク

『使える映画フレーズ7選』|映画『GONE GIRL』(ゴーン・ガール)(2014)より

1. Is she kinda standoffish? Ivy League? Rubs people the wrong way?

2. When you’re upset, you bottle up.

3. Could you walk me through what happened?

4. There are a lot of people out there a lot worse than we are.

5. We’re gonna have bow out of this.

6. Just don’t piss her off.

7. Look, you’re delusional. You’re insane. Why would you even want this?

 

1.Is she kinda standoffish? Ivy League? Rubs people the wrong way?

ー頭が良くて人に冷酷とか?

【場面】
妻のエイミーが失踪し、警察に届けたニック。事件性が高い状況なので、警察から色々事情を聞かれることに。エイミーに友達がいないということを知ると、女刑事はエイミーのことをどんな人か推測する場面。

【参考】
standoffish:〔態度が〕よそよそしい、冷たい感じの、素っ気ない

rub someone the wrong way:(人)の神経[感情・気持ち]を逆なでする

【妄想トライ】
例えば・・ずれてる
She says things that rub people the wrong way
(彼女はいつも人の気持ちを逆なでするようなことを言う)

 

2.When you’re upset, you bottle up.
ー感情押し殺してると不愉快な印象よ

【場面】
自宅は捜索対象なので、妹の家に泊まったニック。シャワーを貸してくれと言うニック。妹は、昨日警察に「嫁のエイミーに友達がいないのは、彼女は気難しいからだ」といった発言をした兄に、今日こそは記者発表なんだから、発言や行動に慎重になれといさめる場面。

【参考】
bottle up:瓶詰めにする、瓶に密封する、閉じ込める、動けなくする、抑える、押し隠す、押し殺す

【妄想トライ】
例えば・・考えを整理しないと
I was all bottled up yesterday.
(昨夜は余裕がなくなっていた。

 

3.Could you walk me through what happened?

ー何があったか教えてくれるか?

【状況】
ニックは妻のエイミーが自分をはめるための自作自演で失踪していることを知る。そのことを知るのは妹と自分だけ。完全に世間はエイミーの味方をしている。自分を弁護してくれる弁護士の元へ行き、味方になってもらう。他にも証言が必要だということで、エイミーをレイプした罪で逮捕されたエイミーの元カレに会い、話を聞く場面。

【参考】
walk someone through:(人)に〔式典など〕を最初から最後まで経験させる、(人)に~について一通りの説明をする、(人)に~の予行演習をさせる

【妄想トライ】
例えば・・話だけでは分からない
―I walked my mom through what happened at school.
(私は学校で何があったかを母に一通り説明した)

 

4.There are a lot of people out there a lot worse than we are.
ー外の世界には私たちよりもっと悪い奴がいるわ。

【状況】
エイミーはカードを使うと足がつくために現金を大量に持ちながら失踪生活を続けていた。そこで大量の現金を持っていることをモーテルに泊まる隣人に見られ、襲われる。彼女たちはエイミーが何かから隠れているために警察に通報できないことを盾に大金を盗む。そして最後にエイミーに捨て台詞を言う場面。

 

5.We’re gonna have bow out of this.
ー全て変えなくてはだめだ

【状況】
弁護士を味方につけ、これから会見というところに、ニックの不倫相手が不倫を暴露してしまった。ここですべてのシナリオが変わることになり、せっかく用意周到に準備した会見内容をすべて変更しようと提案する弁護士の台詞。

【参考】
bow out of:~から身を引く、~を辞退する、~を断る

【妄想トライ】
例えば・・強制退場
―He was forced to bow out as a result of the accounting scandal.
(会計疑惑のせいで彼は辞任を強いられた)

 

6.Just don’t piss her off.

ーただ彼女を怒らせるな

【状況】
結局エイミーは元カレを利用し、殺害しニックの元に戻った。ニックに自分が殺害をしたことを認めたが、盗聴録音されないようにシャワーで裸になってからの自供。警察も捜査を打ち切り、すべてはエイミーの願った通りに。協力してくれた弁護士もエイミーの頭の切れっぷりとサイコっぷりには脱帽し、この台詞をニックに残し、去っていく場面。

 

7.Look, you’re delusional. You’re insane. Why would you even want this?

ーおかしいだろ、異常だよ。何でこんな生活が欲しいんだ?

【状況】
エイミーは何とニックの精子バンクに登録していた精子を使い、妊娠していた。いい加減にしてくれ!と言う感情的に言うニック。だが結局エイミーの思惑通りのシナリオで動く人生を選ぶことになる結末前の場面。

【参考】
delusional:妄想の[に関する]、妄想的な

 

★単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典Urban dictionaryを使うことが多いです。


この映画のために、Doraちゃん人形をひどい目に遭わせた?!

 

 

【編集後記】
何回見たか分かりませんが、たまに見直したくなるこの映画。
現在パートナーがいる人もいない人も、刺さる部分ありますよね。
『お互いにコントロールしようとして、傷つけあって・・』と言う夫に対して
『それが結婚よ』っていう場面の妻、怖い・・。
何回見ても、その場面が怖すぎるのは私だけではないはず。では、次回もお楽しみに!
1 月13日 TOEIC LRテストまで・・・・あと2日!!!
3 月10日 TOEIC LRテストまで・・・・あと59日!!!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ