【SNSde英語】Hayley Kiyoko(ヘイリー・キヨコ)が26歳までは生き延びなくちゃと思っていた理由|Twitter

スポンサーリンク

さあ、今日は正真正銘SNSから英語を学ぶ月曜日です!

腹筋に力を入れる。

 

【今日のチョコっと英語】

『腹筋』に関する英語・・

―I want to have abs like him.

(彼みたいに腹筋が欲しい)

※ab:abdominal muscles

 

今日取り上げるのは、『Hayley Kiyoko(ヘイリー・キヨコ)がNylon誌に語る過去です!

スポンサーリンク

ではいってみましょう!

 

Hayley Kiyoko/Twitter/June 1,2018より
I’ll never forget admiring cover stars on Nylon and thinking to myself. “One day Hayley, just be patient”. I specifically remember opening up a copy in middle school and seeing Lily Allen who was 26 at the time. I thought to myself, well maybe when I’m 26 I’ll be able to love myself and be who I truly I am. I just have to survive until then.
To all of you, I encourage you to be yourself NOW. LIVE YOUR BEST LIFE NOW.
It is an honor to be on the first pride issue and cover “girl” for nylonmag. THANK YOU NYLON FOR BELIEVING IN ME. DREAMS DO COME TRUE.
Check out the full story about my childhood and this crazy journey.
私はNylonの表紙を飾る賞賛と自分自身について考えたことを絶対忘れることはないでしょう。”ヘイリー、いつか、いつかまで耐えるしかないの” 私は特に覚えてるのは、紙を開いてその当時26歳だったリリー・アレンを見ていたのよ、中学生のころに。自分自身にきっと26歳になったら本当の自分のことを愛せるようになるわって言い聞かせていたの。それまでは生き延びなくちゃって。
みんなへ、私はあなたたちに今すぐに自分自身になってほしいと思ってるの。あなたの最高の人生を今歩んでね。
最初のプライド特集に選ばれて表紙をやらせてもらったことをとても光栄に思っている。NYLON誌のみなさん、古い考えを破って私のことを信用してくれてありがとう。夢は叶うのよ。私の子供時代の話や、ここにくるまでの狂った旅路のことなど全部の私の物語をぜひチェックしてね。

 

キーワード

admiring:感嘆する、称賛の気持ちを表す、うっとり[ほれぼれ]している

(参照:https://ejje.weblio.jp)

Lily Allen(リリー・アレン)、すごいかましてましたもんね!

 


しかも復帰してました~!知らなかった!



【編集後記】
ヘイリー・キヨコは自分がいま、こういう音楽やミュージックビデオを作ることで、
悩んでいる少女たちに、私たちにもできるかも!と思ってほしいって言ってましたよね。
ここ数年で相当LGBTQ+の環境が変わったとはいえ、計り知れないこと沢山ありますよね。
私はストレートに彼女の音楽、ノレルので好きです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ