【ニュースde英語】|「ワガママ」が謝罪?|BBC

スポンサーリンク

今日は、ニュースから英語を学ぶ金曜日です。

大掃除、我が家はクリスマスイブにしました。

 

【今日のチョコっと英語】

『大掃除』に関する英語

My family spring cleaned our house last week.

(先週我が家は大掃除をした)

 

今日取り上げるのは、こちら!

『英国の和食チェーン「ワガママ」が謝罪  「病欠禁止」と従業員に』です

スポンサーリンク

Restaurant chain Wagamama has apologised after a manager warned workers they face disciplinary action for calling in sick over Christmas.

A note on a rota at one of its London branches said it was the responsibility of ill staff to find colleagues to cover shifts.

Wagamama said the manager “feared team member shortages” and “regrettably decided to take this highly unusual approach”, which is not company policy.

A union posted the rota on Facebook.

A note beneath the rota states: “No calling in sick! may I remind you that if you are unable to come in for your shift it is your responsibility [underlined] to find someone to cover your shift (as per contract and handbook).

“Calling in sick during the next 2 weeks will result in disciplinary action being taken”.

‘Not company policy’
Wagamama insisted the rule was “strictly not company policy”, and said it was an “isolated incident” at its North Finchley restaurant.

A spokesman for the Unite Hospitality union said: “To threaten workers with disciplinary action for being sick is not just morally reprehensible, it may be unlawful under the Health and Safety Act and Equality Act as it discriminates against those with long-term physical or mental health conditions.”

The pan-Asian chain, which has been owned by the London-based private equity firm Duke Street Capital since 2011, has more than 100 branches across the UK.

A Wagamama spokesperson said: “Following reports of a notice posted in our North Finchley restaurant we can confirm this was an isolated incident and is strictly not company employment policy.

“The manager involved feared team member shortages over the festive period and regrettably decided to take this highly unusual approach.

“As a company we treat all our team with the greatest respect and understand and appreciate the hard work they all do. We sincerely apologize for what has happened and wish all our team members and customers a very Merry Christmas and a Happy New Year.”

‘Blood was boiling’
The person who brought the rota to Unite Hospitality’s attention is a friend of someone who works at Wagamama in North Finchley.

“They sent me that picture,” he told the BBC. “They didn’t want me to share it at all. But my blood was boiling. I needed to do something about it.

“I don’t believe it is company policy. It might have been an idea of the manager because he doesn’t know the law.”

He said the note attached to the rota could be “dangerous for the health and safety of people”.

“If you force people to work when they are sick they can poison the food. There is something very wrong.”

He said many of the staff at that branch were young workers from Eastern Europe and “maybe they are scared to lose their jobs or they don’t know the law themselves”.

Boycott call
The Green MSP for the West Scotland region, Ross Greer, was one of the first people to post a photograph of the rota on Twitter, writing: “That’s the end of my custom with @wagamama_uk. Treat your staff with some respect.”


英国で有名な日本食チェーン「Wagamama(ワガママ)」は、支店マネージャーがクリスマス期間中に病欠する従業員は懲戒処分にすると警告したことを受けて、謝罪した。

ワガママのロンドン北部ノース・フィンチリー店のシフト表には、体調不良で休む従業員は、代わりにシフトに入る人を探す責任があると書かれていた。

同社は、このマネージャーが「従業員の欠員を恐れた」ため、「残念ながら、このような極めて異例の対応をとった」と説明。会社方針ではないと強調した。

労働組合「ユナイト・ホスピタリティー」がこのシフト表をフェイスブックに投稿して、明るみに出た。

シフト表の下には、「病欠はなし! シフトに出勤できない場合は、代わりに入ってくれる人を探す責任があると覚えておくこと(契約と就業手引きに記載の通り)」、「今後2週間の間に病欠する人は、懲戒処分を受けることになる」と書かれている。

「会社方針ではない」

同社は、このルールは「決して会社の方針ではなく」、ノース・フィンチリー店「のみで起きたこと」だと主張した。

同社は、このルールは「決して会社の方針ではなく」、ノース・フィンチリー店「のみで起きたこと」だと主張した。

労組「ユナイト・ホスピタリティー」の広報担当は、「体調不良の労働者を懲戒処分で脅すのは、不道徳だというだけでなく、慢性的な身体的、精神的な症状の人への差別に当たるため、労働安全衛生法と平等法の下で違法となる可能性がある」と指摘している。

日本や韓国、中国などの料理をアレンジして出すワガママは、2011年以来ロンドンの投資会社デューク・ストリート・キャピタルが所有し、英国全土で100カ所以上の店舗を持っている。

ワガママの広報担当者は「ノース・フィンチリー店の張り紙は、単独の出来事で会社の就業規則ではない」とコメントした。

「支店マネージャーは年末年始期間の人手不足を心配するあまり、残念ながら、このような極めて異例の対応をとってしまった」

「私たちは会社として全従業員に最大限の敬意をもって接しており、全員が一生懸命、働いていることを認識し、ありがたく思っている。起こってしまったことに対して心からお詫びし、従業員全員とお客様にメリー・クリスマス、そして新年おめでとうございますとお伝えしたい」

「血が煮えくり返った」

問題のシフト表について労組に知らせたのは、従業員の友人だった。

「写真が送られてきた」と彼はBBCに話した。「拡散してほしいと言われれたわけでは全くない。でも、あまりに頭に来て血が煮えくり返ったので、何とかしなければと思った」

「マネージャーの発案だったのかもしれない。法律を知らない人のやることだ」

シフト表の但し書きは、「人の健康と安全を危うくする」可能性があると、告発した男性は指摘する。

「病気の人に無理に働かせると、食中毒を引き起こすかもしれない。大間違いだ」

問題の店舗では、東欧出身の若者が大勢働いており、「クビにされるのが怖いか、自分たちも法律に詳しくないのかもしれない」と男性は話した。

ボイコットの呼びかけ

西スコットランド選出のスコットランド議会議員ロス・グリア氏(緑の党)は、早い段階でシフト表の写真をツイッターに投稿した。「もう『ワガママ』には行かない。従業員をちゃんと扱いなさい」と書いた。

(出典:http://www.bbc.com/japanese/42476520)


キーワード

make someone’s blood boil:人を激高させる、あたんにカッと血が昇る、カーっと来る、はらわたが煮えくり返る、カンカンに怒らせる

Twitterでもすごいですね。

【編集後記】
まず、Wagamamaって名前にびっくり。
見出し見て、なんだこれ~と記事を読んでみた感じです。
でもこれ店側の気持ちもわからなくはないけど、でもだめですね。
この休暇中って時給とかもかなり上がるんじゃなかったでしたっけ?
留学中にスタバで働いてる彼がいた子がいて、クリスマスも仕事なんだよ、時給3倍(!)だからとかって言ってた気がします。
休暇って日本よりももっと大事にする国民性ですもんね。家族との時間のために。
でもだめなもんはダメ。Wagamamaすぎ。
では、次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ