【映画de英語】『Collateral Beauty(素晴らしきかな人生)』から学ぶ厳選10フレーズ |「起こりそうもない」は英語で何と言う?

スポンサーリンク

さあ、今日は映画で英語を学ぶ土曜日です!

もういくつ寝るとですね。

 

【今日のチョコっと英語】

『お正月』に関する英語・・

―We are two days away from Oshogatsu.(正月まであと二日です)

 

【土曜日の『洋楽de 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見ることは、勉強にももちろんですが、脳そのものにもメリットがたくさんあるそうです。コメディ映画で血流上昇する、想像力、創造性、認知思考を高める等、脳を活性化するのに映画がいいというのは諸説言われています。もちろん研究もされています。気持ちのリフレッシュにもなりますし、自分の世界も広がりますよね。ストレスも軽減するような気もします。

中々映画館にまで行く時間もないと思うので、やはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います。

私はNetflixAmazon Prime Videoですが、以前はHuluでした。参考までに、主な動画配信サービスというと、「dTV」「Hulu」「U-NEXT」「Amazon Prime Video」「Netflix」あたりですかね。もちろん他にも色々あると思いますし、比較サイトも沢山あるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!

映画を見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげちゃいましょう!

 

『Collateral Beauty(素晴らしきかな人生)』(2016)です。


キャストやあらすじなど気になる方は、こちらより。(Wikipediaに飛びます)

では、気になるフレーズいってみましょう!

 

スポンサーリンク

『使える映画フレーズ10選』|映画『Collateral Beauty(素晴らしきかな人生)』(2016)より

1.This is our lives at stake.

2.Because I hate you. Because you broke Mom’s heart.

3.I thought you couldn’t afford therapy anymore.

4.Look, I don’t want you antagonizing Howard.

5.Amy, there is no ” too intense” in acting.

6.Just be sure to notice the collateral beauty.

7.I’m gonna make you a deal.

8.You made the point I think.

9.Yeah, well, that’s pretty much not in the cards.

10.Now we start all over again.

 

1.This is our lives at stake./僕らの人生がかかってる

【状況】
ハワードの状態を心配しながらも会社のことを考えなければいけないというホイットの台詞

【妄想トライ】
例えば・・応援しているチームの試合を家族とTVで応援していた昨夜。
ーHis team’s honor was at stake last night.
(彼のチームの名誉が昨夜かかっていた)

 

2.Because I hate you. Because you broke Mom’s heart./あなたが大嫌いだから、あなたがママを傷つけたから

【状況】
離婚しているホイットは娘と休日を過ごそうと思っていたが、娘からは一緒に過ごしたくないとはっきり面と向かって言われる場面

【妄想トライ】
例えば・・進路について悩んでいた友人からの報告
―Don’t break your heart. I’m leaving this town.
(びっくりしないでね。私この街をでていくわ)

 

 

3.I thought you couldn’t afford therapy anymore./セラピーはやめたと思ってた

【状況】
ハワードは脳梗塞で判断出来ないことが増えた母に対処しているときに、自分の現実をお母さんに強いるんじゃなく、お母さんの現実に自分が飛び込んだら?という助言を受けていた、それが使えるんじゃないかとクレアとサイモンに伝える場面でのクレアの台詞

【妄想トライ】
例えば・・次はどんな車を買おうか家族会議
ーWe can’t afford to buy that kind of fancy car right now.
(今は私たちはあんな種類の高級車を買う余裕はない)

 

4.Look, I don’t want you antagonizing Howard./彼とは敵対しないでほしい

【状況】
「時間」を演じることになった役者とどうするかの打ち合わせをするクレア。怒りというのを推していこうという提案に反対するクレアの台詞

【参考】
antagonize:~に敵意を抱かせる、敵に回す、敵対する、反感を買う

 

5.Amy, there is no ” too intense” in acting./役者に重荷はありえない

【状況】
もう一度公衆の前で演技してくれないかという3人。周りの様子を含めて、ハワードの会社での責任能力を問うためにビデオに録り、君たち役者をデジタル処理で消して流すつもりだと聞いた「愛」役のAmyはそんなの無理といい、「死」役の役者が返した台詞

【参考】
intense:強烈な、激しい、非常に強い、集中した、真剣な、張り詰めた、心を動かされる、情熱的な

 

6.Just be sure to notice the collateral beauty. /見逃さないで、死とともにある美しさを

【状況】子をなくした親の会のマデリンと話し合うハワード。誰にも言ったことがない話をマデリンがすると、娘が死を迎える準備で病院の待合室で泣いていると、隣の老婆が誰が亡くなるのか?と聞いてきて、答えると、このセリフを言ったの、とマデリン

【参考】
collateral:担保、見返り物件、不随事実、巻き添え、販促用品、並んだ、平行な、付加的な、二次的な

 

7.I’m gonna make you a deal./取引しましょ

【状況】
もうこの計画から抜けるといった「愛」役のAmyを説得するために彼女のものへ来たホイット。この条件を飲めたらやってもいいというAmyの台詞

【妄想トライ】
例えば・・犯罪で捕まった友人に理由を問い詰めたら
ーI made a deal with the devil that night.
(あの夜悪魔と取引したの)

 

8. You made the point I think./もう十分要点は得た

【状況】
ハワードが「愛」「死」「時間」に対して怒鳴ったりしているビデオが諮問会で流されたが、デジタル処理で彼らは消され、まるでハワードが独り言を大きな声で言っているように仕上がっていた。誰に話してるんだ?との問いに答えられないハワードにホイットの台詞。

【妄想トライ】
例えば・・もう二度と娘に会うなと言い渡したが、娘の彼氏の一言
ーLet me make a point before I leave.
(行く前に一つ言わせてください)

 

9.Yeah, well, that’s pretty much not in the cards./もう起こりそうもないのよ

【状況】
「時間」役の役者に報酬金を渡しに行くクレア。君はいい母親になるよと声をかけられて、もう自分は科学の力を借りても年齢的に無理みたいだからというクレア。

【参考】
in the cards:多分ありそうで

【妄想トライ】
例えば・・友人の仕事を心配している友人の親へ
ーHis success is pretty much in the cards.
(彼は成功しそうだ)

 

10. Now we start all over again./また一からやり直しだ

【状況】
ビデオの中のハワードの娘との台詞。ドミノが好きだった彼女はビデオの中で、作ったドミノを倒し、笑いながら彼女とハワードはまた一から作り直そうという場面

 

【編集後記】
全くノーマークだった映画なんですが、おもしろかったです。
ネタばれしちゃうのであれですが、衝撃的なラストですもんね。
あんまり興行収入はよくなかったみたいなんですが、私的にはアリでした。
すごい豪華なキャストだし、内容もいいし。
結構見入っちゃう感じですね。「死」役の俳優さん素敵。
では、次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

Comments

コメントをどうぞ