【ニュースde英語】全米で受刑者がストライキ!過去最大の規模になる可能性!|「a slew of」はどんな意味?

スポンサーリンク

今日は、ニュースから英語を学ぶ金曜日です。

月に一回、自分の中での決算日。

 

【今日のチョコっと英語】

『家計』に関する英語

ーI think it’s the best way to keep track of household budget.
(このやり方が家計の予算をつけるのに一番だと思う

 

今日取り上げるのは、こちら!

『全米で受刑者がストライキ!過去最大の規模になる可能性!です

スポンサーリンク

A mass incarceration expert says the 2018 prison strike could be “one of the largest the country has ever seen/Vox/Aug 22,2018 より抜粋

To protest unfair treatment in the criminal justice system, prisoners across 17 states from coast to coast have started what they expect will be a nearly three-week prison strike — it began on August 21 and ends on September 9.

Prisoners will conduct work stoppages, hunger strikes, and spending boycotts in the hopes that their list of 10 demands is met.

(割愛)

The prisoners are protesting many issues — including an exemption in the 13th Amendment allowing them to be forced to work for pennies a day. They are led by a slew of organizations, including Jailhouse Lawyers Speak and the Incarcerated Workers Organizing Committee.

(割愛)

(原文はこちらからご覧ください。参照:https://www.vox.com/2018/8/21/17721874/national-prison-strike-2018-13th-amendment-attica)

 

キーワード

incarceration: 投獄、監禁、収監、幽閉

protest:異議を申し立てる、抗議[反対]する、抗議、異議、反対

exemption:免除(品)、免税、(課税)控除、適用除外

a slew of:たくさんの、多数の、大量の、おびただしい数の

(参照:https://eow.alc.co.jp


犯罪者に対するシステムについての不公平な待遇への抗議のために、17州にわたる受刑者たちがおよそ3週間近く、8月21日~9月9日まで行われる予定でストライキを始めた。

受刑者たちは10個にわたる要求の合意を求めてボイコットしたり、食事を断つ、作業中断するなどのストライキを行っていく。

(割愛)

受刑者たちはアメリカが州国憲法第13条の修正を求め、低賃金で働くことを強いられていることを含め多くの問題に対して講義をしている。彼らは、Jailhouse Lawyers Speak や Incarcerated Workers Organizing Committee.を含む多くの団体により支援を受け、行っている。

(割愛)

(参照:https://www.bbc.com/japanese/45217489)


 

同じテーマのニュース、BBCではこんな感じの記事になってます!

https://www.bbc.com/news/world-us-canada-45261381

The Guardianではこんな感じの記事になっています!

https://www.theguardian.com/us-news/2018/aug/23/prison-strike-us-canada-forced-labor-protest-activism

 

 

【編集後記】
今までも受刑者のストライキというのはあったそうなんですが、
今回のが一番長く大きなものになりそうということでした。
調べていくと米国の受刑者数の割合は世界で最も高いそうです。
世界の受刑者の1/5は米国なんだそうで、びっくりです。
では、次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ