【ゴシップde英語】ビヨンセにもあった怖いものは・・帝王切開!|Hollywoodlife|「c-section」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ今日はゴシップから英語を学ぶ水曜日です。

最終日。やることやった!

 

【今日のチョコっと英語】
 『やれることはした』に関する英語
・I’ve done all I can.
(やれることはすべてした)

 

では、今日もゴシップから英語の勉強いってみましょう!

ビヨンセにもあった怖いものは・・帝王切開!

スポンサーリンク

Beyonce Confesses She Had Terrifying Emergency C-Section To Save Twins During Their Birth/Hollywoodlife/2018.8.6より抜粋

Giving birth to twins wreaked havoc on Beyonce’s health, but she’s stronger than ever. Bey weighed 218 pounds, suffered from toxemia, and had to get an emergency c-section. She’s opening up about it for the first time.
Beyonce revealed in the new issue of Vogue in a poignant essay that giving birth to twins Rumi and Sir Carter in 2017 was traumatic. Her and her babies’ lives were on the line during labor, and she was forced to make a tough decision — having an emergency c-section. She didn’t shy away from the details in her essay, letting fans know exactly why having the c-section was necessary, and how having a c-section affects a mother’s health and body after giving birth.

“I was 218 pounds the day I gave birth to Rumi and Sir. I was swollen from toxemia (blood poisoning, also called preeclampsia) and had been on bed rest for over a month. My health and my babies’ health were in danger, so I had an emergency C-section,” Beyonce wrote in her piece for Vogue. “We spent many weeks in the NICU. Today I have a connection to any parent who has been through such an experience. After the C-section, my core felt different. It had been major surgery. Some of your organs are shifted temporarily, and in rare cases, removed temporarily during delivery. I am not sure everyone understands that. I needed time to heal, to recover.”

(割愛)

 

(出典:https://hollywoodlife.com/2018/08/06/beyonce-emergency-csection-birth-twins-rumi-sir/)

 

キーワード

havoc:大破壊、大騒ぎ、大損害、大混乱、大惨事

toxemia:毒(素)血症、妊娠中毒症

c-section:帝王切開

poignant:ひどく痛む[苦しい]、心が痛む、痛恨の、心を打つ、感動的な、辛辣な、痛烈な、強烈な

(参照:https://ejje.weblio.jp/)

 


双子の出産はビヨンセの健康をもおびやかすものだったが、彼女は何よりも強かった。ビヨンセは約98kgほどの体重になっており、妊娠中毒症でも苦しんでいたために、緊急帝王切開を受けなくてはならない状況になった。彼女ははじめてこのことについて公にした。

ビヨンセはVogueの心がいたくなるようなエッセイで2017年にRumiとSir Carterの双子の出産についてトラウマ的体験だったと公表した。彼女と双子の命が、陣痛中に危険にさらされたために、ビヨンセは緊急帝王切開という厳しい選択をせざるを得なかった。彼女はエッセイの中で、詳細について隠さずに語っており、ファンたちに何故帝王切開が必要なのか、そして帝王切開が与える母体への出産後の影響がどんなものなのかを伝えた。

私は二人を出産したその日に約98kgの体重だったの。私は妊娠中毒症に侵されていて、一か月以上も絶対安静の状態だったわ。私の体と子供たちのの健康は危機に瀕していたから、緊急帝王切開をせざるを得なかった。

とビヨンセはVogueへの掲載エッセーに書いた。

私たちは、NICUで数週間過ごしたわ。そのような経験をしたことのある両親たちの気持ちが分かるわ。帝王切開後は私はなんだか変わったようなきがした。すごく大がかりな手術なの。いくつかの臓器は一時的に移し替えられるし、まれなケースではあるけれど、出産の最中に一時的にとりのぞかれることもある。みんながそのことを理解してるのかって思うわ。私には治癒して、回復するための時間が必要だったの

(割愛)


双子産んで、休養して、身体も戻してのこれって神!

 

ああ、本当にかっこいいなあ、ビヨンセ。

 

こんなのも作っちゃうかっこよさ!

 

 

【編集後記】
ビヨンセはいくつになってもスターでかっこいい!
20代のビヨンセも30代のビヨンセも
シングルでも、ママでも、最高にかっこいい!では、また次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ