【ゴシップde英語】ベン・アフレックが人生で公開していることに一つはジェニファー・ガーナ―との離婚!|海外ゴシップ|「stew」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ今日はゴシップから英語を学ぶ水曜日です

毎日起こりますよね、小さな素晴らしいこと!

 

【今日のNativeパクリ英語】
 『amazing』に関する英語
―Your video was amazing !
(あなたの動画素晴らしかったよ

ー元ネター

Omg!!!! Sooo amazing. @Versace #DonatellaVersacepic.twitter.com/E4wOvPAJJf

— Jennifer Lopez (@JLo) February 19, 2020

では、今日の【ゴシップde英語】はこちらです。

 

『ベン・アフレックが人生で公開していることに一つはジェニファー・ガーナ―との離婚!』

 

『ベン・アフレックが人生で公開していることの一つは
ジェニファー・ガーナ―との離婚!

Ben Affleck was emotional and vulnerable in his latest profile with the New York Times, where he confessed ‘I have certainly done things that I regret,’ including his divorce from Jennifer Garner.
Ben Affleck is coming to terms with his past and the mistakes he has made. The actor, 47, accounted for a lot of the shame he felt in his life, and how he is trying to move through it in a revealing New York Times interview, published on Feb. 18. “I drank relatively normally for a long time,” Ben revealed of his past substance abuse struggles. “What happened was that I started drinking more and more when my marriage was falling apart. This was 2015, 2016. My drinking, of course, created more marital problems.” Those problems subsequently led to Ben’s divorce from his wife of roughly 13 years, Jennifer Garner, 47, in 2018.

Jen and Ben — who share children Violet, 14, Seraphina, 11, and Samuel, 7 — were once considered one of Hollywood’s golden couples, after they met and fell for one another on the set of Daredevil (2003). But as Ben began to feel more ashamed of his behavior, his relationship became collateral damage. “The biggest regret of my life is this divorce,” he shared in the profile. Ben’s failed marriage rapidly plunged him into a state of shame. As he explained, “Shame is really toxic. There is no positive byproduct of shame. It’s just stewing in a toxic, hideous feeling of low self-worth and self-loathing.”

==割愛==

【※続きの原文記事はこちらになります☟ 是非最後まで読んでみてください】
(出典:https://hollywoodlife.com/2020/02/18/ben-affleck-regrets-jennifer-garner-divorce-interview/)

 


ベン・アフレックは、元妻ジェニファー・ガーナ―との離婚も含めて、

今は後悔でしかないことを、今までの人生でいくつか経験してきた

とニューヨークタイムズ紙の最新のプロフィールで告白し、感情的で傷つきやすくなっていた。

ベン・アフレックは、過去、そして彼がしてきた間違いについて折り合いをつけている。

47歳の俳優である彼は、今までの自分の人生で恥ずかしさを感じることが多くあり、そこからどのように抜け出そうとしているかについて、2月18日発刊のニューヨークタイムズ紙のインタビューで明らかにした。

長い間、お酒とは比較的通常に付き合えていたんだ

ベンは彼の過去の薬物乱用との闘いについて明らかにした。

何が起こったかっていうと、結婚生活が崩れていった頃に、ますますお酒にのめり込んでいったんだ。

2015年、2016年頃かな。僕の飲酒問題はもちろん結婚生活の問題の種にもなった。

これらの問題は、その後、およそ13年間にわたり妻であったジェニファー・ガーナとの離婚を2018年に引き起こした。

 

3人の子供たちに恵まれた(Violet, 14歳, Seraphina, 11歳, Samuel, 7 歳)ジェンとベンは、2013年に共演した映画で恋に落ちてからというもの、ハリウッドの理想的なカップルの一組として知られていた。

しかし、ベンが自分自身の行動に対して恥だと感じ始めたころから、人間関係はそれに伴い、ダメージを受けた。

僕の人生において最も大きな後悔はこの離婚なんだ

そう、彼は話した。

彼の失敗した結婚は急速に彼を恥ずかしさへと追い込んだ。

恥ずかしさというものは本当に毒なんだ。恥からは何もポジティブなものは生まれない。

そこからは、ひどい自己嫌悪と低い自尊心の毒の中で思い悩むんだ。

===割愛====


 

これは絶対におさえておくべき!※重要キーワード

vulnerable: 攻撃されやすい、すきだらけで、傷つきやすい

substance abuse :薬物乱用、麻薬の乱用

subsequently:後に、その次に、それ以降、後で

collateral damage :巻き添え被害

plunge:突っ込む、押し込む、追い込む

stewとろとろ煮込む、くよくよ思い悩む、イライラする

 

 

こちらからニューヨークタイムズのインタビューにいけます!

 



 

【編集後記】
スーパーボウル終了後から、ずっと過去のジェニファー・ロペスのMVばかり聞いていて、
そのおかげでベン・アフレックも多々目にしていたので(”Jenny from the Block”に出演してるため)、今回の記事にしました!
すごく後悔してるんですね、でもそこにどっぷりとつかったままではいけないという内容でした。
周りの助けもあって、新しい生活に踏み出している、と!

では、また次回もお楽しみに!
最後に、このブログへの感想フォーム(https://forms.gle/FjfuFPskJ8pzzXue7)を作りました!
質問への回答やリクエストをお願いできませんでしょうか?
もっともっと皆さまに役立つブログにしたいと思っております。
ご協力いただけると嬉しいです!!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ