【ゴシップde英語】『ケンダルとカイリーの大喧嘩について、クロエはどちらの味方にもつかないことを決める!』|海外ゴシップ|「 gang up on:集団で攻撃する」

スポンサーリンク

Pocket

日はゴシップから英語を学ぶ水曜日に投稿したかった内容です

伝統という言葉の重み。

 

【今日のNativeパクリ英語】

 『tradition』に関する英語

―It is necessary for us not only to keep the good tradition but also to be positive to those changes .
(私たちは良き伝統を守るだけではなく、変化にポジティブでいることが必要です

ー元ネター

It must be tradition that I shoot things twice. Just scrolled past this looking through the photos on my phone. pic.twitter.com/uXRRpALmwn

— IGGY AZALEA (@IGGYAZALEA) October 14, 2020

 

では、今日の【ゴシップde英語】はこちらです。
色々ある世の中で、姉妹喧嘩で話題になるなんて(いい意味で)平和だなっておもって選びました!

 

『ケンダルとカイリーの大喧嘩について、クロエはどちらの味方にもつかないことを決める!』

『ケンダルとカイリーの大喧嘩について、クロエはどちらの味方にもつかないことを決める!

After Kylie and Kendall’s major fight in Palm Springs, Khloe Kardashian has decided not to take sides, she revealed in a new preview for ‘KUWTK’.

The Kardashian sisters are concerned after Kendall and Kylie Jenner‘s massive fight in Palm Springs — but they want no part of that drama. Khloe Kardashian explained in a new preview of the latest Keeping Up With The Kardashians episode that while she feels for Kendall, who suffers from anxiety, she doesn’t want to take sides. “I empathize with Kendall.

I’ve had my fair share of sister fights, and it turns into a whole slew of emotions,” Khloe said in her talking head.

While she wants Kendall to feel “supported,” Khloe doesn’t think that ganging up on Kylie is the best way to demonstrate it.

“Picking a side is not going to do anything right now,” Khloe tells the camera after discussing the incident with sisters Kourtney and Kim Kardashian.

“So I just hope Kendall and Kylie figure it out.”

==割愛==

【※続きの原文記事はこちらです。

☟ 是非最後まで読んでみてください.
(出典:https://hollywoodlife.com/2020/10/13/khloe-kardashian-not-taking-sides-kendall-kylie-jenner-fight-kuwtk/

 


カイリーとケンダルのパームスプリングスでの大喧嘩の後、
クロエはどちらの味方にもつかないことを決め、
「Keeping Up With The Kardashian」 の新予告編で明らかにした。

カーダシアン姉妹は、
ケンダルとカイリーのパームスプリングスでの
大喧嘩について心配はしているけれど、
そのドラマには口出ししたくないと感じているそうです。

クロエは最新のKeeping Up With The Kardashianの予告編で、
不安に苦しむケンダルを思う一方で、
自分はどちらか一方の味方になりたくないと語った。

私はケンダルに共感する。
自分も妹たちと喧嘩したこともあったし、
そこから色んな感情に変化していった。」と、

クロエは冒頭の会話シーンでは話した。

クロエはケンダルに 「サポートされてる」 と感じてもらいたいが、
寄ってたかってカイリーを吊るし上げるのが
それを証明する最良の方法だとは思っていないようだ。

どちらかの味方を選ぶことは今は何の意味もない」と、

クロエは姉妹のコートニーとキム・カーダシアンと事件について話した後、カメラに向かって語った。

「だからケンドールとカイリー自身でが解決してくれるといいんだけど。」

========割愛========


 

これは絶対におさえておくべき!※重要キーワード

take sides:~の側を支持する、~の側[味方]につく、~に味方する

preview:試演,試写

empathize:感情移入する、共感する

slew of:たくさんの、多数の

 gang up on:集団で攻撃する

 

妹二人のお酒も入った喧嘩に対して、シリアスに話し合う姉3人。



 

【編集後記】
本当にいい意味で平和だなと思って、この話題をピックアップしました。

お酒も入った上での妹二人の喧嘩に、
真剣に心配して話し合う姉たち、優しくないですか?

もちろんメンタル面で不安定になってるケンダルも心配だし、
行きすぎちゃった行動したカイリーが心配なのもわかるけど、
でも20代の大人の妹二人の喧嘩に、アラフォーの姉3人が真剣に心配してるのが
本当に平和だなって、優しいなって思いました(笑)

【最後にご報告!』
この度、皆さまの英語学習継続の後押しになるような
【あなたの英語力伸びしろ診断】を作成しました!!!3分ほどで終わる内容になっています。是非一度、診断受けてみませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★あなたの英語力伸びしろ診断 By Juri’s YOLO English★
→ Click Here
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
0

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。