【映画de英語】『40歳からの家族ケーカク(This Is 40)』から学ぶ厳選7フレーズ |「throw me under bus」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ、今日は映画で英語を学ぶ土曜日です。

いよいよ夏休み!宿題をどう計画的にさばくかが課題!

 

【今日のチョコっと英語】

『計画通りに』に関する英語・・

―Finishing all homework in a planned way is the key to enjoy summer. 

(夏を楽しむカギは宿題を計画的に終わらすこと)

 

【土曜日の『映画de 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見ることは、勉強にももちろんですが、脳そのものにもメリットがたくさんあるそうです。コメディ映画で血流上昇する、想像力、創造性、認知思考を高める等、脳を活性化するのに映画がいいというのは諸説言われています。もちろん研究もされています。気持ちのリフレッシュにもなりますし、自分の世界も広がりますよね。集中するということもあり、少なからずストレスも軽減するような気もします。

中々映画館にまで行く時間もないと思うので、やはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います。

私はNetflixAmazon Prime Videoですが、以前はHuluでした。参考までに、主な動画配信サービスというと、「dTV」「Hulu」「U-NEXT」「Amazon Prime Video」「Netflix」あたりですかね。もちろん他にも色々あると思いますし、比較サイトも沢山あるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!

映画を見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげちゃいましょう!

 

『40歳からの家族ケーカク(This Is 40)』(2012)です。

自分が40歳なんて認めたくない妻、密かに妻が死んで男やもめにならないかと妄想する夫。いくつになっても人生は簡単じゃないという映画。思春期の娘、金銭的問題、親問題。そこに第三子妊娠が判明し、というコメディ。結構共感できる層は多いんじゃないかなと。私的には、『クルーレス』にも出てたPaul Rudd(ポール・ラッド)もこんな役も出来る年齢なのか~とびっくり!

詳しいキャストやあらすじなど気になる方は、こちら(Wikipedia)。私はいつもこちら(IMDb)もチェックしています。

 

予告編こちら!

では、気になるフレーズいってみましょう!

スポンサーリンク

『使える映画フレーズ7選』|映画『40歳からの家族ケーカク(This Is 40)』(2012)より

1.That’s just it. People love widowers.

2.Is there something that you can do to be helping me right now?

3.Your eyes are kinda glazing over.

4.She’s out-playing us.

5.Are you hitting on me?

6.Are you really about to hit up my dad for money?

7.You threw me under the bus.

 

1.That’s just it. People love widowers.

ーそれなんだよ!男やもめは人気なんだよ

【状況】妻の40歳の誕生日。とにかく最近は口を開けばいやな気持にお互いなるばかりの夫婦。友人と自転車を乗り気分転換する夫ピート。もしさ、妻が死んだとして、いや苦しまないで死んだとしたらどうだろう?と妄想を膨らます男性陣の台詞。

【参考】
widower:妻を亡くした[妻と死別した]男性、寡夫

【妄想トライ】
例えば・・ママを味方につけないと夜中出掛けられない
―That’s just it! My mom is so tough.
(そこなんだよ!私のママ厳しいからな)

 

2.Is there something that you can do to be helping me right now?

ー手伝うことあるでしょ?

【状況】
すごく忙しい朝。大急ぎで子供のランチやらを準備しているのに、ゆっくりと朝食を食べている夫を目の前にしたデビーの台詞。

 

3.Your eyes are kinda glazing over.

ー目がうつろなんだけど

【状況】
40-60歳は人生で一番幸せな時期だと言われてるというデビー。家族があり、家が居て幸せになる条件はそろってるの、だから幸せになるための選択をしていこうと提案する妻デビーに対して、分かったよ、はいはいというような表情をしてしまった夫ピート。すかさずデビーから一言。

【参考】
glaze over:どんより曇る、陶酔してボーッとなる

【妄想トライ】
例えば・・限界だった
―Your student’s eyes was glazing over at class.
(生徒たちは君の授業で退屈していた)

 

4.She’s out-playing us.

ー彼女のが一枚上手だよな

【状況】
幸せになる生活を選択するために、色々なリストを作った妻デビー。野菜中心の生活にし、電子機器は使用時間を制限し、Wifiも切るという彼女。反発したのが思春期の長女。ありえないと怒り、夕飯を飛び出す。PC禁止だから!と言い放つママに、宿題で使うんだから!と捨て台詞を言い去る長女。夫婦2人のこの台詞。

【参考】
out play:競技で負かす

 

5.Are you hitting on me?

ー私のこと口説いてるの?

【状況】
経営するブティックで店員が盗みを働いているかもしれないと分かったデビー。とにかく一度話し合おうとその店員を誘うが、行った先はバー。もっと静かな場所で話したいというデビーに、大丈夫大丈夫という彼女。あっという間に雰囲気にのまれて、ダンスにお酒に楽しんでしまい、男性に口説かれる始末。デビーの台詞。

【参考】
hitting on:trying to get someone to like you by flirting with them

【妄想トライ】
例えば・・たぶん確実に
―I think he’s hitting on me.
(彼は私のこと口説いてきてると思う)

 

6. Are you really about to hit up my dad for money?

ー父のお金をあてに?

【状況】
ピートの40歳の誕生日パーティー。新しく幸せを優先して、他者を許していくという行動しようと決めたピート夫妻。お金の無心ばかりするピートの父親、長年音信不通で親子の縁がないように思っていたデビーの父親。乾杯の挨拶で、他者を許して・・の場面でピートの父親がかみつく。そこから喧嘩腰になるピート父とデビーの場面。

【参考】
hit up:誰かに何かをたのむこと

 

7.You threw me under the bus.

ーよくも皆の前で裏切ったわよね

【状況】
デビーの意見には大腕を振って賛成できないピート。自分の父親が言う家族は助け合わないとという意見に賛成し、デビーに向かって、君は幼いころに父と別れたから不完全なんだと言い放つ。その発言にかみつくデビーの台詞。

【参考】
throw under bus:〔仲間・友人のために〕(人)を犠牲にする、(人)を裏切る

【妄想トライ】
例えば・・パーティーで大喧嘩
―I threw him under the bus and told him you are a baby mom boy last night.
(私は彼を裏切って、昨夜あんたはただのマザコンだって言ったわ)

 

★単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典Urban dictionaryを使うことが多いです。


私の中では永遠にこのイメージだったけど・・

 

もうこんなに大きなお子さんもいるんですね。

相変わらず活躍中。

 

【編集後記】
いやいや、Paul Ruddやばいな~。
最初全然気づかなくて、え~ジョシュじゃん!ってなりました。
相変わらず面白いですよね。
しかも私が知らない間にもずっと活躍していた模様。
アントマンなんてやってたなんて!みなくちゃ!
では、次回もお楽しみに

スポンサーリンク

コメントをどうぞ