【映画de英語】『The Girl on the Train』(ガール・オン・ザ・トレイン)(2016)のセリフから勉強するネイティブ表現 |「behind someone’s back」の意味は?

スポンサーリンク

さあ、今日は映画で英語を学ぶ土曜日に投稿したかった内容です。

うんざりだ!もう・・。

 

【今日のNativeパクリ英語】

『be sick of』に関する英語・・

―I’m sick of hearing it.

(そのことは聞き飽きた)

ー元ネタ―

Sick of being patient… pic.twitter.com/trW7sLrXTz

— Brooke Simpson (@brookesimpson) March 10, 2019

 

【土曜日の『映画de 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見ることは、勉強にももちろんですが、脳そのものにもメリットがたくさんあるそうです。コメディ映画で血流上昇する、想像力、創造性、認知思考を高める等、脳を活性化するのに映画がいいというのは諸説言われています。もちろん研究もされています。気持ちのリフレッシュにもなりますし、自分の世界も広がりますよね。集中するということもあり、少なからずストレスも軽減するような気もします。

中々映画館にまで行く時間もないと思うので、やはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います。

私はNetflixAmazon Prime Videoですが、以前はHuluでした。参考までに、主な動画配信サービスというと、「dTV」「Hulu」「U-NEXT」「Amazon Prime Video」「Netflix」あたりですかね。もちろん他にも色々あると思いますし、比較サイトも沢山あるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!

映画を見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげちゃいましょう!

 

『The Girl on the Train』(ガール・オン・ザ・トレイン)(2016))

電車から見える他人の秘密。思った通りではない秘密。結構ダークな入りですが、怖くはないのでホラーが苦手でも全然大丈夫な小説が原作の映画。ほとんどEmily Blunt(エミリー・ブラント)が出ずっぱりで、メ―ガン役のHaley Katharina Bennett(ヘイリー・ベネット)の怪しい魅力が満載の映画。この映画で、女性は秘めた怖さがあると再確認する男性は多いかもしれない。

 

詳しいキャストやあらすじなど気になる方は、ちら(Wikipedia)。私はいつもこちら(IMDb)もチェックしています

 

予告編こちら!

 

では、気になるフレーズいってみましょう!

スポンサーリンク

『使える映画フレーズ7選』|映画『The Girl on the Train』(ガール・オン・ザ・トレイン)(2016)より

1. What brought this on?

2. You didn’t back me up. You never have my back.

3. And they were just the embodiment of true love.

4. There are several hours that you say you ca’t account for.

5. We went behind your back for months.

6. What makes you think yo’re gonna be a good mother?

7. She was right about everything.

 

1.What brought this on?

ーいったい何が?

【場面】
物語はレイチェルの視点を中心にまず始まる。レイチェルは酒におぼれたせいで、夫も仕事も失う。現在は友人の家に住まわせてもらっており、そこで元夫が幸せそうに子供の誕生日を祝っているFBを発見。酒を飲み過ぎてしまう。友人がそんなレイチェルを見つけ、何でこんなに今日は飲んでしまったのか?と問う場面。

【参考】
What brought this on?:何でこんなことが引き起こされたのか?

2.You didn’t back me up. You never have my back.
ー味方してくれない

【場面】
過去のレイチェルの場面。夫のボスとのパーティーで酔っぱらって失態をさらしてしまう。落ち着こうという元夫のトムにレイチェルが言い放つ場面。

【参考】
backup:後援、応援、援護、予備、バックアップ、バックする、後退する、後ろ向きに登る、~の裏付けをする、裏付ける、支援する

 

【妄想トライ】
例えば・・もう必要ない
―There is no need to back him up.
(彼を支える必要はない)

 

3.And they were just the embodiment of true love.

ー真実の愛そのものに見えたカップルがいた

【状況】
レイチェルは理想だと思っていたメ―ガン夫妻のことをセラピストに語る場面。メ―ガンの死の真相に近づきたくてセラピストに近づいたレイチェルが結局自分の胸の内をさらけ出していく場面。

【参考】
embodiment :具現化、具象化、権化、化身

【妄想トライ】
例えば・・それこそが情熱だ
―The project is an embodiment of passion.
(そのプロジェクトは情熱そのものだ)

 

4.There are several hours that you say you can’t account for.
ー数時間、自分で責任取れない時間ああるでしょう

【状況】
レイチェルはメ―ガンの夫スコットに自分がメ―ガンの友人だと嘘をついたことを知られてしまった。首もしめられ、家にも無断で入られた。警察に行き、訴えるが逆に何で彼に近づいてるのか?あなたがメ―ガンを殺したのでは?と担当刑事に追いつめられる場面。

 【参考】
account for:~の割合を占める、~から成る、~を構成する、~の主な原因となる、~の主要因である、~の申し開き[釈明]をする、~の説明責任を負う、(人)の消息を知っている、(人)の行動を把握している

【妄想トライ】
例えば・・一瞬でまとめて解決
―All of the problems were accounted for.
(全ての問題は片付いた)

 

5.We went behind your back for months.
ー数か月あなたに隠れて不倫してたわ

【状況】
レイチェルは自分の元夫のトムが全ての元凶だったことを知る。お酒のせいでやったと思っていた暴力は実はトムが植え付けた謝ったものだった。トムの解雇も自分の制ではなく、トムが会社の女に手までだしていたからだった。トムがメ―ガンを殺したことに気づき、現在のトムの妻であるアナに警告しにいくが、受け入れてもらえない場面。

 【参考】
behind someone’s back:(人)の背後[陰・いない所]で、(人)の目が届かない所で、(人)に隠れて、(人)に内緒で(こっそりと)、(人)のいないときに、(人)に見られないようにひそかに

【妄想トライ】
例えば・・見られるわけにはいかない
―I have to cry behind everyone’s back.
(皆に隠れて泣かなくてはいけない)

 

6.What makes you think you’re gonna be a good mother?

ーいい母になれるなんて思うか?

【状況】
メ―ガンが自分の妊娠をトムに伝えた場面。めんどくさいことはやめてほしいトムにメ―ガンは食って掛かる。そこへトムの一言がメ―ガンに突き刺さる場面。

【妄想トライ】
例えば・・どういう思考か理解不能
―What makes you think that’s possible?
(なんでそれが可能だと思うわけ?)

 

7.She was right about everything.

ー彼女は全てにおいて正しかった

【状況】
レイチェルは正当防衛でトムを殺した。一部始終をみていた妻のアナもそう証言した場面。

 

 ★単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典Urban dictionaryを使うことが多いです。


妊娠してた上での演技とかすごすぎる!

 

インタビュアーの率直な質問に真摯に答えるエミリー。

 

 

【編集後記】
エミリーブラントの迫真の演技の映画を紹介しました。
でも結構評価が別れているようですね。原作小説の映画って難しいですよね。
映画を見た方は分かると思いますが、トムみたいな男に引っかかるのバカだな、
あんなこと信じちゃうのバカだなって傍から見たらそうなんですが、
やっぱりその渦中にいると簡単に引っかかってしまうこわさを感じました。
想像力の力の巨大さも・・特に女性はぞっとした方多そうですよね。
では、次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ