【映画de英語】『スリング・ブレイド(Sling Blade)』から学ぶ厳選5フレーズ |「give me your word」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ、今日は映画で英語を学ぶ土曜日です。

夏は寝すぎてしまう気がする。

 

【今日のチョコっと英語】

『寝すぎる』に関する英語・・

―I might get so tired when I oversleep.

(寝すぎると疲れるかもしれない)

 

【土曜日の『映画de 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見ることは、勉強にももちろんですが、脳そのものにもメリットがたくさんあるそうです。コメディ映画で血流上昇する、想像力、創造性、認知思考を高める等、脳を活性化するのに映画がいいというのは諸説言われています。もちろん研究もされています。気持ちのリフレッシュにもなりますし、自分の世界も広がりますよね。集中するということもあり、少なからずストレスも軽減するような気もします。

中々映画館にまで行く時間もないと思うので、やはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います。

私はNetflixAmazon Prime Videoですが、以前はHuluでした。参考までに、主な動画配信サービスというと、「dTV」「Hulu」「U-NEXT」「Amazon Prime Video」「Netflix」あたりですかね。もちろん他にも色々あると思いますし、比較サイトも沢山あるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!

映画を見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげちゃいましょう!

 

『スリング・ブレイド(Sling Blade)』(1996)です。

Billy Bob Thornton(ビリー・ボブ・ソーントン)が一人舞台として制作し、短編映画、続いてこの長編映画となった作品。ビリーの名を一躍広めるた彼の懇親作。

 

詳しいキャストやあらすじなど気になる方は、こちら(Wikipedia)。私はいつもこちら(IMDb)もチェックしています。

 

予告編こちら!

では、気になるフレーズいってみましょう!

スポンサーリンク

『使える映画フレーズ5選』|映画『スリング・ブレイド(Sling Blade)』(1996)より

1.Because I come out here when I feel like being by myself.

2.Don’t say nothing about our little spat to your momma, now.

3.Look ,anyway, I’m rambling.

4.I’m gonna go home and sober up.

5.I want you to give me your word on it.

 

1.Because I come out here when I feel like being by myself.

ーひとりになりたいときにくる

【状況】カールは長年いた精神病院から模範的な行いと危険性はないとして出される。最初に友達になったのはフランク。彼はママとの2人暮らしで、彼のママのはからいで家の小屋に泊まってもいいと言われる。フランクは嬉しくてカールをとっておきの場所に案内する場面。

 

2.Don’t say nothing about our little spat to your momma, now.

ーリンダに何も言うなよ

【状況】
フランクとカールは仲良くなり、ガレージに住むことになった日。ママの彼氏ドイルはいやなやつだった。ママのゲイの親友やフランクは前からドイルのことをよく思っていない。しかもフランクにママがいない時だけつらく当たる。そんなドイルがフランクに言った台詞。

【参考】
spat :ささいな[ちょっとした]けんかをする、〔軽く〕ピシャリと打つ[たたく]

【妄想トライ】
例えば・・24時間喧嘩する姉妹
―Why you guys can’t stop doing silly spat all day?
(何であんたたちは一日中どうでもいい喧嘩やめられないわけ?)

 

3.Look ,anyway, I’m rambling.

ーとにかく、脱線しちゃったけど

【状況】
フランク親子を大切に思っているゲイの親友ヴォーンがカールを連れ出して、話があると。そこで心からあの親子のことを心配していて、大切に思っている事、ドイルの危険性について話し出す場面。

【参考】
rambling:長ったらしくてまとまり[とりとめ]のないスピーチ、ブラブラ歩く、放浪性の、容量を得ない

【妄想トライ】
例えば・・捕まったら最後
―I’m so sorry that I’m late because he’s such a rambling talker.
(遅れてごめん、だって彼って話長くて)

 

4.I’m gonna go home and sober up.

ー家に戻ってしらふになってくる

【状況】
ママの彼氏ドイルがいきなりパーティーしようとバンドを呼び出し、挙句彼らに悪態をつき追い返してしまう。ママはあなたが家に帰って!ここは私の家だからというと口論になり、手を挙げるドイル。そこでフランクが一気に物を投げつけて、ママに手を出すな!と。弱ったドイルは降参する場面。

【妄想トライ】
例えば・・寝れば治る
―Keep her in bed until she sobers up.
(彼女が酔いを覚ますまでベットに寝かせといて)

 

5.I want you to give me your word on it.

ー約束してくれ

【状況】
結局ドイルの謝罪を受け入れた形のママ。ドイルはフランクとカールにはっきりと邪魔だと言い、カールには出て行けと。もうずっと幸せにはなれないんだと嘆くフランクに、今夜だけは家にいないように、友人の家にママと一緒にいてくれお願いだからとフランクに伝えるカールの台詞。

【参考】
give someone one’s word:真剣な約束をさせる

【妄想トライ】
例えば・・ドラマで出てきそうなセリフ
―I give you my word that I will do everything in my power to fix this family.
(この家族問題を修復するために何でもすると約束する)

 

★単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典Urban dictionaryを使うことが多いです。


フランク役のLucas Blackルーカス・ブラック)!ワイルドスピードにも出てた!

 

うわああ、そりゃ自分と同い年なわけだ。

 

 

【編集後記】
ここ最近のポップコーンにごろ寝映画と違って、
今回はかなりディープな映画でした!
古いということと、ディープで特殊な感じだったので、
台詞抜き出しがいつもより少ない5個になってしまいましたが・・。
見て良かった映画の一つになりました!
しかもこんな小さい頃活躍した子役って今はどこ・・ってなりそうなのに、
フランク役のルーカス、健在でした!びっくり!
では、次回もお楽しみに

スポンサーリンク

コメントをどうぞ