【映画de英語】『I Don’t Feel at Home in This World Anymore 』(この世に私の居場所なんてない)(2017)のセリフから勉強するネイティブ/リアル英語フレーズ7選|「 eat someone up」の意味は?

スポンサーリンク

今日は映画で英語を学ぶ土曜日に投稿したかった内容です。

自分で自分を律するしかない。

 

【今日のNativeパクリ英語】

The only way 』に関する英語・・

―The only way to do this, I’m sorry.

(悪いけどこれしか方法はない

ー元ネタ―

The only way this video would be SATISFYING was if this thing was sitting in front of me and I got to eat it after #TEASE https://t.co/9CQj73OIY4

— Shay Mitchell (@shaymitch) September 2, 2019

 

【土曜日の『映画de 英語』/映画で英語学習をお勧めする理由】

「映画でリアルな英語を学ぶ」「フレーズをシチュエーションごと丸ごと頭に入れることが出来て覚えやすい」など、映画で英語を勉強するメリットは皆さんもご存じの通りです。

実はそれ以外にも、映画を見るメリットはあり・・何と映画を見ることは脳そのものにメリットがある」ことが分かっています

コメディ映画で血流上昇する、想像力、創造性、認知思考を高める等、脳を活性化するのに映画がいいというのは諸説言われていますし、研究もされています。

気持ちのリフレッシュにもなり、自分の世界も広がる上に、見ることだけに集中することになるので、ストレス軽減にもなります!

【映画de英語】がすごくいいことだと分かっていてもな忙しくて映画館に行く時間がないという方には、定額制の動画配信(見放題)サービスをお勧めします。

私はNetflixAmazon Prime Videoを活用していますが、以前はHuluも使っていました。

参考までに、「dTV」「U-NEXT」なども有名ですし、他にも色々なサービスがあるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!!

映画を見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげる「映画 de 英語」を一緒に始めませんか?!

 

今日の映画はこちらです!

映画『I Don’t Feel at Home in This World Anymore 』(この世に私の居場所なんてない)(2017)

・コメディ・クライム・スリラー映画

・イライジャ・ウッドの演技が絶賛されている

・サンダンス映画祭で米国劇作品コンペティション部門で審査員賞獲得

・じわじわ面白い映画

・ネットフリックスオリジナル作品

 

詳しいキャストやあらすじなど気になる方は、【Wikipedia】【IMDb】を見ることをおススメします!


 

予告編こちら!

 

それでは、早速【映画de使えるリアル英語フレーズ】いってみましょう!

『映画de使えるリアル英語フレーズ7選』

※物語に沿っていくので、ネタバレの可能性があります

 

『映画de使えるリアル英語フレーズ7選』
映画『I Don’t Feel at Home in This World Anymore 』(この世に私の居場所なんてない)(2017)より

1.I’m not bothering you, am I?

2. Hey, uh, if you want, I was gonna catch an afternoon service.

3. Do you follow me?

4. Honey, I barely know his whereabouts any day.

5. You know what? Guys like that, that’s just unhappiness eating ‘em up.

6. Why don’t you just leave me alone?

7. By the way my wife and I are gonna give it another shot.

スポンサーリンク

 

これらのフレーズはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1.I’m not bothering you, am I?

ー今、大丈夫?

 

【場面】
家に空き巣に入られた看護助手のルース。

警察を呼んだものの、あまり熱心に捜査する気もなさそうで、落胆するルース。

粉々になってしまった食器を片付けながら、ある人物に電話をかける場面。

 

【要チェック単語】
bother:悩ます、悩ませる、困らせる

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・全然大丈夫
―It doesn’t bother me at all.
(困ることはないよ)

2.Hey, uh, if you want, I was gonna catch an afternoon service.

ー午後の礼拝に行かない?

【場面】
変わり者の隣人と手を組んで、まずはPCを取り返したルース。

次におばあちゃんの銀食器が売られている市場に行き、取り返す。

今まで暴力とは無縁だったルースが、今回色々と体験し、ずっと今まで沸々と思っていた気持ち、「私たちはこの世界で何をしようとしてるのか?」と隣人に問いかける。

そんなルースを見て、隣人がある提案をする場面。

 

【要チェック単語】
service:サービス、点検、修理、奉仕、世話、貢献、尽力、宗教的な儀式、礼拝、礼拝場

3.Do you follow me?
ー分かったな?

【場面】
警察がなかなか動いてくれなかったせいで、自分で動き、犯人まで突き止めたルース。

その情報を持って、担当刑事の元に行くが取り合ってくれない。

取り合ってくれないうえに、これ以上何かしたら警察自体が君の前に立ちはだかる問題になってしまうぞ?とルースがきつく言われる場面。

 

【要チェック単語】
follow:~に続く、~の次に来る、監視する、尾行する、たどる、進む

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・段階を踏んでいく
―Are you following so far?
(ここまで理解できてる?

 

4.Honey, I barely know his whereabouts any day.
ーどの日だって彼の居場所なんてわからないわ

【状況】
警察が動いてくれない代わりに、やはりまた自分たちで動くしかなくなったルースたち。

調べ上げた住所に行き、警察だと名乗り、犯人を捜そうとするが、そこで出会った女性は、彼の居場所を知らないという場面。

 

【要チェック単語】
 whereabouts :どの辺りに、行方、居場所、居所、所在、位置

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・ワンちゃんがいなくなってしまった
―His whereabouts are unknown.
(彼の所在は不明だ

 

5.You know what? Guys like that, that’s just unhappiness eating ‘em up.
ーああいう人間は不幸の塊なんだ

【状況】
そこへ家主が帰宅すると、すぐにルースたちは警察ではないということがばれてしまい、一気に状況は悪くなる。

息子のことを馬鹿だと思いつつも、「人間なんてなんでもしてしまうものだ、いくらほしいんだ?」とルースたちを買おうとする犯人の父親。

「お金なんていらない、ただ人間として馬鹿なことをするやつらがいなくなってほしいだけ」といい、ルースはその場を去る場面で、隣人がルースをなだめようとして言う台詞。

 

【要チェック単語】
eat someone up :悩ます、うんざりさせる

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・原因は?
―Her preach just ate me up.
(彼女の説教はうんざりだ)

 

6.Why don’t you just leave me alone?
―ほっといてくれない?

【状況】
とにかくいろいろあって、犯人側のボスとルースが対峙する場面。

こんなピンチの状況でも石を拾い集め、冷静に見えるルース。

相手に悟られないように、質問をする場面。

 

 

7.By the way my wife and I are gonna give it another shot.
ー妻と私はやり直すことにしたよ

【状況】
あの全然動いてくれなかった刑事の元へ行くルース。

呆然としている彼女にこの一言を刑事が伝える。

 

 【要チェック単語】
give ~ another shot:~をやり直す、~に再挑戦する

 

【妄想TRY!想像してみよう】
例えば・・ごめん
―I didn’t want give him another shot.
(彼にやり直しのチャンスをあげたくなかった)

 

 ■単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典Urban dictionaryを使うことが多いです。


監督に主演の二人のゆるいかんじのインタビュー。

 

 

【編集後記】
イライジャウッドの演技が大絶賛されてますが、確かに良かったですよね。
この映画って多分好き嫌いがはっきり分かれるのかなって思いました。
めちゃめちゃだけども、色々思えるところがあって、
そこからの終盤のめちゃめちゃ劇が来て・・という。
最後には泣かせちゃうくらいの感じで、見てよかったです!
まだ見てない人は軽い気持ちで是非ご覧ください!
では、また次回もお楽しみに!
最後に、このブログへの感想フォーム(https://forms.gle/FjfuFPskJ8pzzXue7)を作りました!
質問への回答やリクエストをお願いできませんでしょうか?
もっともっと皆さまに役立つブログにしたいと思っております。
ご協力いただけると嬉しいです!!


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー

スポンサーリンク

コメントをどうぞ