【ドラマde英語】『Please like me(プリーズライクミー)/シーズン2・第5話』から学ぶ使えるドラマ厳選7フレーズ|「時差ボケで地獄」を英語で言うと?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日です。

花粉症に悩まされる時期が来ました。

 

【今日のチョコっと英語】

『花粉症』に関する英語・・・

―I’m suffering from hay fever.

(私は花粉症で苦しんでいます)

では、行きましょう!
 
ネイティブの英語フレーズをインストールするチャンスである海外ドラマ。
今回扱っているのは、オーストラリア発のコメディアドラマ『Please like me』です。

キャストやあらすじなど気になる方はこちら。(Wikipediaに飛びます)

『Please like me/Season2-5』の使えるドラマフレーズです。

前回までの『ドラマ de 英語』はこちら。

(画像出典:IMDb)

Claire(Caitlin Stasey)/ジョシュの元カノであり、トムとも一時期両想いだった。今やジョシュにはなくてはならない親友。仕事で遠くにいたが、今回戻ることに。


 

1. Bloody hell. I don’t want to bail you out, Josh.

2. It’ll rock you to your very core.

3. I hope not. I was meant to book but I never gave back the slip.

4. Guys you can’t poison my mind.

5. This is hell. I’m so jet-lagged and this is hell.

6. Oh, no, he’s hugging her. It’s backfired.

7. I’ll come.

スポンサーリンク

 

これらはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. Bloody hell. I don’t want to bail you out, Josh.

絶対勘弁してくれよ、もう助けてやりたくないよ

【ドラマ場面】
家のトイレにタンポンが詰まったことが原因で修理代が770$に。原因はジェニーだろうというジョシュだが、トムは認めない。そんなお金払えないからパパにお願いしに行くジョシュだが、パパに断られる。

【参考】
bail someone out:保釈してもらう、大目に見てやる、見逃してやる

【妄想トライ】
ウソがばれなかったのは妹のおかげ
-My sister bailed me out and told my mom I’d stayed all night.
(妹は僕が一晩中家にいたとママにうそをいってくれて助けてくれた)

2. It’ll rock you to your very core.

ー腰をぬかすこと間違いなしよ

【ドラマ場面】
精神病棟にいるジョシュのママ・ローズ。実はこの中の患者としたのよね、との告白を同じ病棟の友人にする。でもジンジャーには言えないわね、きっとばらしちゃうからという内容の話をしているところ、ジンジャーに見つかってしまった。ジンジャーは怒り、ゴシップを流すつもり。

 

3. I hope not. I was meant to book but I never gave back the slip.

ーいやそうじゃないといいけど。予約するつもりがしてなかったから。

【ドラマ場面】
クレアが戻り、お祝いしてクラブに行こうよというジョシュ。トムはジェニーと予定があるからといい、クレアも疲れてるからいいと。ケーキまで焼いたのに、どっかいこうというジョシュ。今日はジェニーの高校の劇の日だと知り、みんなでいこうとなる。来るなとトム。チケット売り切れなの?とのジョシュの問いの返事。

【妄想トライ】
喧嘩の原因
-I was meant to call you,but…
(電話しようとは思ってたんだけど、でも・・)

 

4. Guys you can’t poison my mind.

ー駄目だっていう文句ばっかり言うな

【ドラマ場面】
結局みんなでトムの高校生の彼女ジェニーの学校劇にきたが、あまりにも子供っぽい劇の内容にみんなが文句をいいからかう。高校生でもジェニーがいいという自分の考えに自信がなくなってくるトム。もうこれ以上言うな、の場面。

【参考】
poison my mind:誰かに対して悪い偏見を抱かせる

【妄想トライ】
どんどんずる賢くなってくる末娘
-I didn’t poison her mind. I guess she just learned by herself.
(別に毒づけたわけじゃないよ、勝手に自分で学んだんだろ)

 

5. This is hell. I’m so jet-lagged and this is hell.

ーこれって地獄ね、時差ぼけな上にこれって地獄だわ

【ドラマ場面】
ジェニーたちの劇は見てられないほどの出来だった。しかもジェニーがナプキンを使ってることもダンス中にわかり、あのタンポンは絶対にジェニーのだね、と。結局ジョシュとパトリックは一部が終わった時点でもう帰ることに。トムと優しいクレアだけが残った。

【参考】
jet-lagged:時差ボケ

【妄想トライ】
飛行機で寝れないタイプ
-She was so jet-lagged so she slept the way to the hotel.
(彼女は時差ボケがいどいからホテルまでずっと寝てた)

 

6. Oh, no, he’s hugging her. It’s backfired.

ー彼女の肩を抱いてるわ!逆効果よ

【ドラマ場面】
ローズと喧嘩していたジンジャーだが、ローズの一夜限りの相手の妻が彼を訪ねてきていると興奮してやってきた。嫌だというのにその妻にいちょっかいを出そうとするジンジャー。コインを命中させ大笑いする2人。

【妄想トライ】
計画立てるのは難しい
-Our plan backfired, and we lost the game.
(私たちの計画は裏目に出て試合には負けた)

 

7. I’ll come.

―僕も行くよ

【ドラマ場面】
酔っぱらったクレアが生理と時差ボケって似てるよねという。全然に似てないし、何でみんな私が生理中って知ってるの?とトムに詰め寄るジェニー。クレアがだって劇の中で踊ってるときにナプキン見えたよと言う。怒ってジェニーが帰ると言い出し、僕も行くよと言うトムの台詞。


こちらもどうぞ。過去のドラマからの厳選フレーズはこちら。

【編集後記】
クレア戻ってきましたね!やった!相変わらずの美人で毒舌。
ジョシュと何で最初に付き合ってたのか不明だけど、本当にいい。
で、やっと自分の意志で行動してジェニーを取り戻したと思ったのに、どこまでもしっかりは出来ない彼。
早くクレアと元に戻ればいいのにな~って思いますよね?
ジョシュとパトリックもやっとやっとうまくいきそうだし!
では、次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ