【ドラマde英語】『Please like me(プリーズライクミー)/シーズン2・第6話』から学ぶ使えるドラマ厳選7フレーズ|「反論する」を英語で言うと?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日です。

うまくいかないこと。

 

【今日のチョコっと英語】

『うまくいかない』に関する英語・・・

―Things are not going well.

(なかなかうまくいかない)

では、行きましょう!
 
ネイティブの英語フレーズをインストールするチャンスである海外ドラマ。
今回扱っているのは、オーストラリア発のコメディアドラマ『Please like me』です。

キャストやあらすじなど気になる方はこちら。(Wikipediaに飛びます)

『Please like me/Season2-7』の使えるドラマフレーズです。

前回までの『ドラマ de 英語』はこちら。

 


 

1. Do you want me to take some of your stuff?

2. No wonder our packs are so heavy.

3. I don’t mind either. It’s up to you.

4. I just think I’m allowed to rebut that.

5. He’s notoriously clumsy.

6. I am trying to build a fucking bonding moment here.

7. What do you reckon it’ll say?

スポンサーリンク

 

これらはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. Do you want me to take some of your stuff?

ー荷物もってあげようか

【ドラマ場面】
山登りをしているジョシュとママ。ママがだんだんジョシュにおいつけなくなる。まだまだ登らなくちゃだめだよ~、持ってあげようか?という優しいジョシュ。

【妄想トライ】
歓送迎会の季節
-Do you want me to pick you up at the station tonight?
(駅まで迎えにいってあげようか?)

 

2. No wonder our packs are so heavy.

ー僕たちの荷物が重すぎるわけだ

【ドラマ場面】
夜中に自殺した精神病棟のルームメイトジンジャーのことを思って、むせび泣いていたママ。翌朝すっかり元気になった彼女を見て驚くジョシュ。薬をたくさん飲んでいるママを見て、荷物の中身は薬だったの?と聞くジョシュ。

【参考】
dodgem:ダッジム(遊園地にあるお互いぶつけて遊ぶための小型バンパーカー

【妄想トライ】
許せない、彼の行動
-No wonder my father hates you!
(パパがあなたのこと嫌いなわけよ)

 

3. I don’t mind either. It’s up to you.

ーどっちでもいいよ、あなたが決めて。

【ドラマ場面】
少し歩いた先に滝があるけど、行きたいか?というママ。ジョシュはママが行きたいならOKというと、私もどっちでもいいのよ、あなた次第よというママ。

【妄想トライ】
口出しいらない
-That’s up to me. Let me decide
(それは私次第の問題よ。私に決めさせて)

 

4. I just think I’m allowed to rebut that.

ー反論すべきだと思ったから

【ドラマ場面】
意見があるかどうかについての議論で、試しにお題に対して意見言ってみてとなり、神についてのママの意見。神を信じてはいないけど、あなたが神は存在しないって皆の前で言うのは好きじゃないわというママ。ジョシュは、だっていないだろ?と。でも信仰は自由だから、と言うママに、以前クリスチャンの政治家が神はゲイを殺すためにエイズを送ったって言ってたから、と言うジョシュ。ジョシュの意見。

【参考】
rebut:反証を挙げる、反論する、拒絶する

【妄想トライ】
失礼なインタビュアー
-You aren’t allowed to ask that question.
(あなたはその質問をすることを許されてない)

 

5. He’s notoriously clumsy.

ー神様ってかなり不器用だよね

【ドラマ場面】
神がゲイを殺したいとしたら、エイズを手段に選ぶなんて非効率すぎるよね?と言うジョシュとママ。

【参考】
clumsy:不器用な、ぎこちない、不格好な、ぎくしゃくした

【妄想トライ】
うまく使えない人は多い
-She is clumsy with chopsticks.
(彼女は箸をうまく使えない)

 

6. I am trying to build a fucking bonding moment here.

ー親子の絆を深める時間よ

【ドラマ場面】
マリファナを持ってきたんだよね~と言うママ。僕マリファナ嫌いだし、いやなんだよというジョシュに、せっかく楽しもうと思って手に入れてきたんだからというママ。

 

7. What do you reckon it’ll say?

―内容はどんなものだと思う?

【ドラマ場面】
明日で最終日の親子登山の旅。明日、ジンジャー(自殺した精神病棟のルームメイト)からの手紙を読むというママにジョシュの台詞。

【参考】
reckon :計算する、起算する、思う、推測する

【妄想トライ】
不安がる友人に
-You can pass the test, I reckon
(テストにはあなたは合格できると私は思う)


こちらもどうぞ。過去の『ドラマ de 英語/ドラマからの厳選フレーズ』はこちら。

【編集後記】
今回は丸々一話、ママとジョシュの2人のみでしたね。
あんな風に子どもに甘えられるママってすごいなあ~。子どもはたまったもんじゃないんじゃないかな。
でもママにはもうジョシュしかいないから・・ですかね。
ジンジャーの心境は分らずじまいでしたが、次のエピソードからはママも前を向いていけるんでしょうね。
では次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ