【ドラマde英語】『 The Good Place(ザ・グッドプレイス)Season4・第2話』から学ぶ使えるネイティブ/リアル英語フレーズ7選|「backfire」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日に投稿したかった内容です。

今までで一番年末年始感なし。なぜだ!

 

【今日のNativeパクリ英語】

decade』の英語・・・

―It has been more than a decade since the last time we met.

(最後に会ってから10年以上だね)

ー元ネタ―

Thanks to a wave of new meal delivery programs, eating well is easier than ever—and will ensure you stride into the decade feeling (and looking) your best. https://t.co/8KkY01npWs

— Vogue Magazine (@voguemagazine) January 1, 2020

 

【火曜日の『ドラマde 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見るメリットについては、『映画de英語』にも書きましたが、同様のメリットが短時間で得られるのが海外ドラマだと思います。

 

メリット①:リアルな英語をインストールすることができる

メリット②:フレーズをシチュエーションごと丸ごと頭に入れることが出来て覚えやすい

メリット③:脳の活性化に効く(血液上昇、想像力・創造性認知思考を高める)

メリット④:自分の世界が広がる

メリット⑤:見ることに集中し、ストレス軽減しリフレッシュになる

 

映画を見るとなると、短くても1時間半はかかってしまいますが、その点、ドラマなら1本30分程度のものもあり、気軽に見れます。

 

『映画de英語』で書いたように、やはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います!

私はNetflixAmazon Prime Videoを活用していますが、以前はHuluも使っていました。

参考までに、「dTV」「U-NEXT」なども有名ですし、他にも色々なサービスがあるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!!

 

ドラマを見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげる「ドラマ de 英語」を一緒に始めませんか?!

 

 

スポンサーリンク

 

今回のドラマはこちらです!
ドラマ『The Good Place(ザ・グッドプレイス)Season4
 

・Kristen Bell(クリスティン・ベル)が主役のコメディドラマ

・一話が30分弱と短くて隙間学習におすすめ!

・事故死した主人公エレノア。

生前、全く良い人間ではなかったのに、間違えられて死後の世界の【良い場所】へと送られてしまった彼女。死後の世界で、良い人間になろうと奮闘していくドラマ

・Season4のシナリオ:色々な出来事を経て、もう一度生を与えられた4人(エレノア、チディ、タハニ、ジェイソン)は、紆余曲折しながら、ポイントシステムがBad Place の住人達にハッキングされたことを突き止めた。

同時に、いい行いをしても、同時に誰かにとって悪い行いとなってしまうため、ポイントシステム自体が欠陥だということも突き止め、判事に会うことになった。

そこで、システムの結果よりもいい人間が存在することを証明するために、新しい地区を設定し、新しい住人を迎え実験をすることになった。

新住人として元カノを送り込まれたチディは、みんなとの実験を成功させるために、自分だけ記憶を消し、リブートすることを決意し、実験を継続していく。

キャストやあらすじなど気になる方は、【Wikipedia】【IMDb】を見ることをおススメします!!


 

毎エピソード面白いです!

 

それでは、早速【ドラマde使えるリアル英語フレーズ】いってみましょう!

『ドラマde使えるリアル英語フレーズ7選』

※物語に沿っていくので、ネタバレの可能性があります

 

『絶対に使える英語フレーズ7選』
ドラマ『The Good Place(ザ・グッドプレイス)/Season4・第1話
』より

1. I really don’t like to brag, but also horses.

2. We need to bust him open like a pinata.

3. Also frankly, my assistant Janet is a little uptight.

4. We just can’t help but question her decision-making.

5. Her plans for Brent backfired.

6. So purely from a mathematical standpoint you are kind of pooching it.

7. I need your help, acclimating her to the neighborhood.

 

これらのフレーズはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. I really don’t like to brag, but also horses.

ー自慢したくなかったんだけど、馬もなの

 

【ドラマ場面】
”いい場所”のやつらと、人間がより善い行いをすることができる、より善い人間になるために死後でも努力し成長できることを証明するために色んな作戦を練っているエレノアたち。

みんなのすごいストーリーを聞いたら、今回の実験者であるうブレントが”自分はこの世界に属していない”ということに気付き、行動し始めるのではないかと考えた。

ある女性には、(すべてのアヒルを救ったのは私だ)というストーリーを話させ、駄目押しでこの台詞も言わせる場面。

 

【要チェック単語】
brag:自慢する、鼻に掛ける

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・自分じゃないんだ?
-He used to brag his kids.
(彼はよく子供たちのことを自慢していた)

 

2.We need to bust him open like a pinata.

ーピニャータみたいに割って分からせないと

【ドラマ場面】
ブラントは全く自分がこの”いい世界”に属していない等と考えもつかない様子。

何とかしてまず彼に気付かせないと、エレノアたちに勝ち目はない。

そこでエレノアのこの台詞。

 

【要チェック単語】
bust :打ち壊される、使えなくなる

 

3.Also frankly, my assistant Janet is a little uptight.

ー秘書のジャネットも堅苦しすぎる

【ドラマ場面】
ブレントにあの手この手で気づかせようとするも全く気が付かない。

そしてブレントは自分はこの”いい場所”に属しているのではなく、”最高の場所”に過ごしているのでは?とまで言い出し、ジャネットについてもごちゃごちゃ言い出す場面。

 

【要チェック単語】
uptight:緊張した、ピリピリした、神経質な

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・必要?
-Why are you so uptight?
(何をそんなにむきになってるの?)

 

4.We just can’t help but question her decision-making.

ー彼女の考えに疑問しか浮かばない

【ドラマ場面】
エレノアをリーダーから降ろすことも考えるべきなのでは?とタハニが提案する場面。

 

【要チェック単語】

can’t help but:~せざるを得ない、~せずにはいられない、つい[どうしても]~してしまう
decision-making:意思決定、政策決定

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・目に入る
-I couldn’t help but notice.
(気づかざるを得ない)

 

5. Her plans for Brent backfired.
ーブレントへの作戦も失敗

【ドラマ場面】
とにかく周りの意見は聞かないで突っ走りすぎて失敗しているし、このままエレノアをリーダーでいさせることに反対だと、マイケルに直談判するタハニの台詞。

 

【要チェック単語】
backfire:逆火を起こす、しっぺ返しを食らう、恨みを買う、思わぬ面倒を招く

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・そういう日もある
-His plan backfired.
(彼の計画は裏目に出た)

 

6.So purely from a mathematical standpoint you are kind of pooching it.
ー数学的に見てもあなたは明らかにやらかしている

【ドラマ場面】
エレノアのリーダー降板について話し合っているうちにエレノアがやってきた。

そこで、ジャネットは成功の確率がエレノアがリーダーになってから著しく下がっていることなどをあげ、エレノアに説明する場面。

 

7.I need your help, acclimating her to the neighborhood.
ー地区になじむようにお手伝いしてほしいの

【ドラマ場面】
エレノアは自信を無くしながらも、マイケルの説得により、再びリーダーとなりみんなのために働くことにする。

ブレントの作戦は決行中、次なるターゲットはチディとシモーヌだった。

そこでチディを呼び出し、説得にかかる場面。

 

 ■単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典Urban dictionaryを使うことが多いです。



 

【編集後記】
二話も裏切らない感じで面白かったですね!
もはや最初のころのただいい加減なだけの人間だった
エレノアは思い出せないほど、みんなのためにチームのために
行動してますね。
チディとの関係がどうなっていくのか楽しみです!
では、また次回もお楽しみに!
最後に、このブログへの感想フォーム(https://forms.gle/FjfuFPskJ8pzzXue7)を作りました!
質問への回答やリクエストをお願いできませんでしょうか?
もっともっと皆さまに役立つブログにしたいと思っております。
ご協力いただけると嬉しいです!!

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ