【動画de英語】映画「コンテイジョン」のキャストが集結して、新型コロナウイルス感染拡大防止メッセージを発信|『Contagion』(コンテイジョン )(2011)

スポンサーリンク

さあ、今日は動画から英語を学ぶ日曜日です。

とりあえず本日はオンラインレッスン3回で終了となりそうです。

 

【今日のNativeパクリ英語】

ended up 』に関する英語・・

―She ended up crying.

(彼女は泣いてしまった)

ー元ネタ―

So I ended up having my baby the day I was planning to make @chrissyteigen banana bread…thank god for my mom who came over, picked up the ingredients and made me the best banana bread as a postpartum treat. Banana bread and a baby…life is good 🥰 pic.twitter.com/1eg9ewfTBv

— Brittany Kelly (@brittkel) April 18, 2020

 

では、今回ご紹介する動画は、以前に「映画de英語」でも取り上げた「Contagion」のキャストからの新型コロナウイルス感染拡大防止メッセージです。

 

『映画「コンテイジョン」のキャストが集結して、新型コロナウイルス感染拡大防止メッセージを発信』

スポンサーリンク

Coronavirus outbreak: Stars of ‘Contagion’ movie reunite to film PSAs on COVID-19|2020.3.27

以前に動画の存在をご紹介していたものです!

今回は内容も一緒に見ていきましょう!


【Kate Winslet】

I played an epidemiologist trying to stop the spread of hypocritical virus.

私は、「コンテイジョン」という映画の中で

未知のウイルスの拡散を防ごうとする伝染病学者の役をしました。

To prepare for the role, I spent time with some of the best public health professionals in the world.

その役を演じるために、私は世界有数の公衆衛生の専門家たちと一緒に過ごしました。

 

And what was one of the most important things they taught me?

そんな専門家の彼らが教えてくれたことの中で最重要事項は何だったでしょうか?

Wash your hands like your life depends on it.

まるで命が懸かっているかのように手を洗うことです。

Because right now, in particular it just might. Or the life of someone you love.

なぜなら、今この状況では本当に命が懸かっているかもしれません。

 

Or even the life of someone you might not know, but it still deserving of your consideration.

Like the people on the front lines of this fight right now, the doctors and the health care providers.

もしくはあなたが愛する誰かの命が。

もしくはあなたが知らないけれども

配慮されるべき誰かの命が懸かっているのかもしれません。

他にも、この戦いの最前線にいる医師や医療従事者の皆さんなど。

 

The people that are still working in the grocery stores or delivering food to your homes which is where you should be right now.

食料品店で働いてくれている人たち、

今私たちがとどまっているべき家まで食料品を運んでくれる人達など。

 

【Matt Damon】

I’m here to talk to you about social distancing something we’ve been hearing a lot about on TV I think the last couples weeks.

僕がお伝えしたいことは、ソーシャルディスタンスについてです。

ここ数週間の間に、TVなどでよく聞かれるようになった言葉ですね。

 

In the movie I played a guy who was immune to the hypothetical virus that was spreading around the world. 

映画「コンテイジョン」の中では、僕は蔓延する未知ウイル氏に免疫を持った男として登場していました。

 

And so a few things to start. One, that was a movie. this is real life.

まず最初にお話ししたいことは、これは映画ではなく現実だということです。

 

I have no reason to believe that I’m immune to COVID-19, and neither do you.

僕が新型コロナウイルスに免疫があると信じることはできませんし、

あなたたちも同じです。

 

NO matter how young you are this is a new virus. It’s gonna take sometime for our bodies and our doctors to understand it and to understand the best way to protect us.

どんなにあなたが若いとしてもです。

これは新しいウイルスです。

私たちの身体や医師たちがこのウイルスのことを理解して、

防ぐのに最善の方法を見つけるのには時間がかかります。

 

It means stay six feet away from another person.

(ソーシャルディスタンスとは)、人から6フィート離れるということです。

 

It means not gathering in groups, and it means staying home or sheltering in place if that’s what government officials are telling you to do.

つまり、グループで集まったりしない、政府からの指示があれば家や屋内にこもるということです。

 

People can have COVID-19 and have very mild symptoms or no symptoms at all, so even if you think that they’re healthy or you think that you’re healthy don’t take that chance.

コロナウイルスに感染しても、軽い症状だけだったり、または全く症状が出ないという人もいます。

だから周りが健康で、自分も健康だからといって、危険に足を踏み入れることはしないでください。

 

It is not worth it.

そんなことをしてもいいことはありません。

===割愛===


 

何度も言ってますけど、本当に見てください!

今見るからこそリアルに感じられます!

【映画de英語】『Contagion』(コンテイジョン )(2011)のセリフから勉強するネイティブ/リアル英語フレーズ7選|「incubation period:潜伏期間|コロナウイルス予知映画

 



 

【編集後記】
最初に休校措置が取られた時は、
「え?映画みたいじゃん」と他人事でしたが、
どんどん状況は深刻になってきていますよね。

三女の入学式もまだ行われてないですし、
何ならもうこのままホームスクーリングもありなんじゃないかな?
とさえ思ってきています。
(それには我が家の場合、もっと良好な親子関係と
働かなくてもいい経済力が必要ですが・・)

今まで当たり前だと思ってきたことが、
思いっきりひっくり返って過ごす日々ですよね。

大人でさえも混乱しているのに、
子供たちはどう受け止めて、どう影響していくのかなあ・・と
日々、子供たち家庭での運動や勉強を促しながら
考えています。

とりあえず縄跳びとマラソンは一緒に継続できていますが・・。

さあ、来週も皆さま頑張りましょう!

少しでも皆さんの力になれるようなサイトを目指しています!

是非、コメント欄または、下記の感想フォームに
要望やリクエストお待ちしております!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Juri’s YOLO Englishの感想フォーム
→ Click Here
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆さんの意見をがっつりと反映したいと思っています。

 


スポンサーリンク

コメントをどうぞ