【SNSde英語】Kylie Jenner(カイリ―・ジェンナー)女の子おめでとう!|Twitter(2018.2.4)

スポンサーリンク

さあ、今日はSNSから英語を学ぶ月曜日です!

秘密にするのもあり。

 

【今日のチョコっと英語】

『秘密』に関する英語・・

―The secret ingredient in this sauce is a trade secret.

(このたれの隠し味は企業秘密だ

 

今日取り上げるのは、彼女!

Kylie Jenner(カイリ―・ジェナー)です!

母になった彼女。

スポンサーリンク

ではいってみましょう!
<


Kylie Jenner /Twitter/Feb.4 ,2018より
I’m sorry for keeping you in the dark through all the assumptions. I understand you’re used to me bringing you along on all my journeys. My pregnancy was one I chose not to do in front of the world. I knew for myself I needed to prepare for this role of a lifetime in the most positive, stress free, and healthy way I knew how. There was no gotcha moment, no big paid reveal I had planned. I knew my baby would feel every stress and every emotion so I chose to do it this way for my little life and our happiness.
Pregnancy has been the most beautiful, empowering, and life changing experience I’ve had in my entire life and I’m actually going to miss it. I appreciate my friends and especially my family for helping me make this special moment as private as we could. My beautiful and healthy baby girl arrived February 1st and I just couldn’t wait to share this blessing. I’ve never felt love and happiness like this I could burst! Thank you for understanding.
 

この件についてずっと黙って秘密にしていてごめんなさい。あなたたちが今まで私の人生を一緒に歩んできてくれたということを理解しています。でも妊娠というこのことは、私が世界中にさらしたくはないこととして選んだものだったの。私はこの妊娠ということに関して、自分の人生において、もっともポジティブでストレスなく私が知っている方法で健康的でいる必要があるって分かっっていました。見つけられることもなく、私が計画した大きな報酬のある公開もなかったわ。私は私の赤ちゃんがストレスや色んな感情を抱くって分かっていたから、だから彼女の人生と私たちの幸せのためにこのようなやり方を選択しました。

妊娠というものは本当に美しくて、権限のあるもので、私の人生を変えるような経験でした、そして今実際に私は寂しくさえもあります。私は友人と特に家族に対して、この特別な時間をプライベートなものにする協力をしてくれたことに感謝しています。私の美しくて健康的な女の子は2月1日にこの世に舞い降りてきて、この恩恵をシェアするのが待ちきれませんでした。私は今までこんな爆発してしまうほどの愛と幸せを感じたことはありません。ご理解していただけて感謝しています。


キーワード

keep someone in the dark:~に知られないようにする

 

妊娠期間も含め、娘へというビデオがこちら

【編集後記】
何だか、彼とは不仲だとか、一緒にはならないとかいろいろ言われていますが。
でも良かったですね、無事に生まれて。
しっかりと考えてのこの秘密計画。ストレスなく過ごせたんなら良かった!
カイリ―は別に自分でコスメラインで稼いでいけるだろうし、
ママとしての視点でどんどんまた事業展開していくんでしょうね。
おめでたい!
では、次回もお楽しみに。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ