【ニュースde英語】安楽死を迎えるためにスイスへ渡った植物学者104歳|「安楽死」を英語で言うと?|CNN

スポンサーリンク

今日は、ニュースから英語を学ぶ金曜日です。

物事が起きるタイミングの意味。

 

【今日のチョコっと英語】

『タイミング』に関する英語

ーIs this the right timing to publish this article?
(今が私の記事を公開するのに正しいタイミングですか?)

 

今日取り上げるのは、こちら!

『104歳の科学者、死を歓迎し安楽死を迎える』です

スポンサーリンク

104-year-old scientist David Goodall ‘welcomes death’ at Swiss clinic/CNN/May 9,2018 より抜粋

A 104-year-old Australian scientist who is set to end his life at a clinic in Switzerland later this week told CNN that his life was no longer worth living and said he hoped his story would lead to the legalization of assisted dying in other countries.

David Goodall, a respected botanist and ecologist, is due to die at the Life Circle clinic in Basel on Thursday, after traveling to Europe from his home town of Perth, Australia earlier this month.
The grandfather-of-12 and longtime member of pro-euthanasia group Exit International said his life stopped being enjoyable “five or 10 years ago,” in part because of his failing mobility and eyesight.
“My life has been out in the field (working), but I can’t go out in the field now,” said Goodall, who must be pushed everywhere in a wheelchair, during an exclusive interview with CNN in his hotel in Basel on Tuesday.
“I would love to be able to walk into the bush again, and see what is all around me,” said the father-of-four, who during his long life has had three wives and moved to Australia from London as a child.
(割愛)
Goodall attempted to take his own life a few weeks ago but ended up waking up in hospital instead, where doctors judged that he was a risk to himself. He was only discharged after an independent psychiatric review commissioned by his daughter.
The scientist described his treatment as “cruel,” adding, “they oblige one to stay alive, when one hasn’t got anything to live for.”
Goodall said he felt “resentful” that he had to travel to Switzerland to die, and hoped that his story would lead the Western Australian government to change its laws.
“I’m looking forward to it,” he said of his death in two days time. “I’m happy that this period beforehand has been used to interview me, and I’ve brought the ideas of euthanasia to light.”
“What I would like is for other countries to follow Switzerland’s lead and make these facilities available to all clients, if they meet the requirements, and the requirements not just of age, but of mental capacity.”

(割愛)

キーワード

botanist:植物学者

pro:玄人、専門家、賛成論、利点、支持者、賛成票、賛成して

euthanasia:安楽死、安楽死術

mobility :動きやすさ、可動性、移動性、流動性

exclusive:排他的な人、交際相手を限定する人、独占記事、スクープ、特種、専売権

psychiatric:精神医学の、精神病理学の、精神科の

commission:委任する、~を任命する、権限を与える、委託する、依頼する、発注する、就役させる

resentful:憤慨している、ひどく嫌がる、怒りっぽい

capacity:収容可能数[人数]、収容能力、定員、限度容量、知的能力、潜在的な可能性

 

(参照:https://eow.alc.co.jp


 自らの意思で死を迎えるためにオーストラリアからスイスへ渡航した104歳の科学者にCNNはインタビューした。彼は、もはや自分の人生に生きる価値はなくなったと言い、自分の例をきっかけに他国でも安楽死が合法化されることを望むと語る。

デービッド・グッダルさんは植物学と生態学の研究者であり、彼は今月上旬に西オーストラリア州パースの自宅を離れ、スイスに到着した。目的は、バーゼルにあるライフサークル・クリニックで、10日木曜日に死を迎えるためだ。

12人の孫の祖父でもあり、安楽死推進団体には何年も前から加入している。彼は、身体が自由に動かせなくなったり、視力が衰えたことも一因となり、5~10年ほど前から人生を楽しめなくなったという。

「フィールドワークが私の人生だった。だがもうフィールドへ出掛けることはできなくなってしまった」

と火曜日にバーゼルにあるホテルでのCNNの独占インタビューで語った。そんな彼は今や誰かに車椅子を押してもらわないことにはどこへも行けない生活だ。

「もう1度でいいから、草原を歩き回って、周囲を見渡すことができたらどんなにいいだろうか」

と4人の父であり、傷害の間に3人の妻と過ごし、子供時代にロンドンからオーストラリアへ移ったグッダルさんは言う。

(割愛)

グッダルさんは数週間前に自殺を試みたが、願いは叶わずに目が覚めると病院にいた。この病院の医師が、また自殺をする危険性があると判断したことから、娘が手配した精神鑑定を受けるまで、退院させてもらえなかった。

彼は病院でのそうした対応を受けたことを「残酷なこと」だと表現し、「彼らは生きる目的が無くなった者にも、無理やり生き続けることを強いる」と付け加えた。

彼は、死ぬためにスイスへ渡航しなければならなかったことについては「憤り」を感じているが、自分の行動がきっかけとなって、西オーストラリア州の法改正につながることを願っているとした。

「心待ちにしている」

2日後に迫った自身の死について、そう彼は言った。

「この迫った期間が私へのインタビューに使われ、自分が安楽死という考えに光を当てることができることを幸せだと思っている」

「ほかの国もスイスに続き、ただ年齢というだけではなく精神的な許容による一定の条件を満たせば誰もが、全ての患者がこうした施設を利用できるようにしてほしいと願う」


こちらもどうぞ➡ 今迄の『ニュース de 英語』をおさらい!



【編集後記】
104歳。考えさせられますよね。今や100年時代って言われてますよね。
私ちょうどいま『LIFE SHIFT』を読み進めている所なのでドンピシャでした。
生きたい様に生きられる100歳とそうでない100歳。自分の命の権利。
LIFE SHIFTは自分の人生戦略としてこれから来る100年時代どう生きますか?などという視点での本で、とても面白いですよ、ぜひ。
では、次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ