【映画de英語】『Up(カールじいさんの空飛ぶ家)』から学ぶ厳選25フレーズ|「あ~もうっ!」は英語で何と言う?

スポンサーリンク

さあ、今日は映画で英語を学ぶ土曜日です!

もう10月の終わりですね。

 

【今日のチョコっと英語】

『月末』を英語で言うと・・

―end of the month

―EOM ; e.o.m

【例文】I’m busy with end-of-month admin.(事務処理で月末は忙しい)

 

【土曜日の『洋楽de 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見ることは、勉強にももちろんですが、脳そのものにもメリットがたくさんあるそうです。コメディ映画で血流上昇する、想像力、創造性、認知思考を高める等、脳を活性化するのに映画がいいというのは諸説言われています。もちろん研究もされています。気持ちのリフレッシュにもなりますし、自分の世界も広がりますよね。ストレスも軽減するような気もします。

中々映画館にまで行く時間もないと思うので、やはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います。

私はNetflixAmazon Prime Videoですが、以前はHuluでした。参考までに、主な動画配信サービスというと、「dTV」「Hulu」「U-NEXT」「Amazon Prime Video」「Netflix」あたりですかね。もちろん他にも色々あると思いますし、比較サイトも沢山あるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!

映画を見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげちゃいましょう!

 

さあ、今日は珍しくアニメです!

私、最近初めて見ました。

『Up(カールじいさんの空飛ぶ家)』(2009)です。

多分大人が見たほうがしっくりくる映画ですね。

キャストやあらすじなど気になる方は、こちらより。(Wikipediaに飛びます)

では、気になるフレーズいってみましょう!

 

スポンサーリンク

『使える映画フレーズ25選』|映画『Up(カール爺さんの空飛ぶ家)』より

1.Visibility unlimited. Enter the weather in the logbook.

2.Thought you might need a little cheering up.

3.Ever! In my life!

4.I ripped this right out of a library book.

5.That’s it! You can take us there in a blimp!

6.Cross it! Cross your heart! Good, you promised. No backing out.

7.Tell your boss over there that you boys are ruining our house.

8.What do you say to that?

9.You don’t seem like a public menace to me. Take this.

10.Ready as I’ll ever be.

11.Sure. Take all the time you need, sir.

12.We’re on our way, Ellie.

13.Don’t touch that ! You’ll soil it.

14.Don’t jerk around so much, kid. Whoa!

15.I steered us. I did. I steered the house.

16.It was a cinch with my Wilderness Explorer GPS.

17.We made it.

18.It’s called ” see who can be quiet the longest.”

19.For the love of Pete! Go on into the bushes and do your business.

20.None of my concern!

21.Sit, boy. Hey, look, he’s trained. Shake.

22.Well, I call, but Phyllis told me I bug him too much.

23.My wife and I, we were your biggest fans.

24.Oh, yeah. Well, surprise me.

25.You’re sure we’re not a bother? I’d hate to impose.

 

1.Visibility unlimited. Enter the weather in the logbook./視界は無限、天候を航海日誌に記入せよ

【状況】子供のころのエリー。自分の秘密基地のような場所で冒険ごっこの中での台詞

【参考】航海日誌:deck logbook/journey logbook/ship’s logbook

 

2.Thought you might need a little cheering up./元気づけようと思って

【状況】エリーの目の前で風船を取ろうとして、腕を骨折したカールの元へエリーが訪ねる

【妄想トライ】例えば・・マラソン大会で10位以内に入れなかった娘に

Thought you might need a little cheering up. Here is your new shoes. Maybe next year you’ll be ranked in the top 10.

(元気づけようと思って、新しい靴だよ。きっと来年は10位以内に入れるよ)

 

3.Ever! In my life!/今まででない!

【状況】エリーは自分のアドベンチャーブックは誰にも見せたことがないけど、カールに見せると。

【妄想トライ】例えば・・携帯を買ってあげたところ、娘に感謝された

Thank you, thank you, thank you! That’s the best present ever in my life. You’re the best!

(ありがとう、ありがとう!今までで一番のプレゼントだよ!まじで最高のママだね)

 

4.I ripped this right out of a library book./図書館の本から破った

【状況】アドベンチャーブックをカールに説明するエリー

【妄想トライ】例えば・・浮気調査をしたい友人

Can this be evidence? I just ripped this right out of his dairy.

(これって証拠になる?彼の日記から破ってきたの)

 

5.That’s it! You can take us there in a blimp!/それだ!あなたその小型飛行船で連れて行ってよ

【状況】憧れの滝までどうやっていくかを思い付いたエリー

【参考】それだ!:That’s it./This is it./This is what I wanted.

 

 

6.Cross it! Cross your heart! Good, you promised. No backing out./誓って!あなたのハートに誓って!いいわ、あなた約束したわよね。取り消すのはなしね

【状況】絶対に小型飛行船で憧れの滝まで連れてってね、と念を押すエリー

【妄想トライ】例えば・・もう犯罪の片棒を担いでしまい逃げられない

Now you are in our member, and you knew the accident. You can’t back out now.

(もうお前は俺たちの仲間だし、その事故のことも知ってるよな。今更後にはひけないからな)

 

7.Tell your boss over there that you boys are ruining our house./あっちにいるボスに行ってくれ、お前らは私の家を台無しにしてるって

【状況】カールの家の周りでは大型工事をしていて、カールが土地を手放すのを待っている業者に

【妄想トライ】例えば・・いじめられた友人がいじめられっこたちに初めて反撃!

Tell your  friends over there that they ruined my life!

(あっちにいるお前の友人たちに行ってくれよ、お前らのせいで俺の人生台無しだって)

 

8.What do you say to that?/さあどうする?

【状況】カールに土地を売ってほしい業者。前回伝えた買値の2倍で買うと社長がいってるがどうする?とカールに聞く

【妄想トライ】例えば・・友人へのサプライズで、いるはずもない場所へ出向き、プレゼントを渡したあとに

Haha. Look at your face! What do you say to that? You like it?

(はは、顔みてみなよ! さあどう?気に入った?)

 

9.You don’t seem like a public menace to me. Take this./あなたは全く公害だとは思えないけどね。これを持って

【状況】業者がポストにトラックを当ててしまったことに腹を立てたカール、思わず杖で殴ってしまったカール、司法で裁かれ、家まで当局の人に送ってもらい、当局の人が一言

【妄想トライ】例えば・・久々に会った姪っ子が大人っぽすぎた

You don’t seem like a teenager to me. I thought you were college students or so.

(全然ティーンに見えなかったよ。もう大学生とかかと思った)

 

10.Ready as I’ll ever be./準備万端

【状況】リタイアメントハウスのスタッフが迎えに来て、準備はいい?と聞かれたカールの答え

【妄想トライ】例えば・・久々に会った姪っ子が大人っぽすぎた

You don’t seem like a teenager to me. I thought you were college students or so.

(全然ティーンに見えなかったよ。もう大学生とかかと思った)

 

11.Sure. Take all the time you need, sir./もちろん、好きなだけ時間をお取りください

【状況】最後に家にさよならを言いたいというカールにリタイアメントハウスのスタッフの一言

【妄想トライ】例えば・・服を買いに来たら迷いに迷って決められない友人へ

Just take your time. I’ll look around over there.

(ゆっくり決めてていいよ、私ちょっとあっち見てくるわ)

 

12.We’re on our way, Ellie./さあとうとう滝までの道のりにきているよ

【状況】とうとう風船で飛び立ったカールの家。家の中の写真のエリーに向かって一言

【妄想トライ】例えば・・遊びに夢中であっという間に暗くなったので急いで帰ってきたという子供

Night fell while we were on our way to home.

(家に帰る途中で日が暮れた)

 

13.Don’t touch that ! You’ll soil it./触るな!汚してしまうだろう

【状況】とうとう風船で飛び立ったカールの家。まさかのラッセルが入りこんでいて、カールの大事な品を触るので怒るカール

【妄想トライ】例えば・・美術館で触っちゃダメな壊れやすいものを触ろうとした子供に

Hey, be careful about it. You’ll soil and break it !

(ちょっと、注意して。汚して壊してしまうよ!)

 

14.Don’t jerk around so much, kid. Whoa!/そんな困らすんじゃないよ

【状況】ラッセルが邪魔なカール。ビルに近づいてきたのでラッセルを吊るしてしまおうかと想像の中でのカール

【妄想トライ】例えば・・美術館で触っちゃダメな壊れやすいものを触ろうとした子供に

Hey, be careful about it. You’ll soil and break it !

(ちょっと、注意して。汚して壊してしまうよ!)

 

15.I steered us. I did. I steered the house./僕が操縦したんだ、僕が家を操縦した

【状況】嵐に巻き込まれたカールとラッセルがいる空飛ぶ家。気を失って目が覚めたら翌朝。

 

16.It was a cinch with my Wilderness Explorer GPS./僕の自然探検GPSなら朝飯前だ

【状況】雲の上にいて、自分達の家に位置が分からないカールに、ラッセルがこの腕時計型のGPSがあると説明(結局、空からすぐに落とす・・)

【補足】a clinch(確かなこと、有力候補、本命)、容易なこと、朝飯前

 

17.We made it./とうとうやったよ

【状況】とうとう憧れの滝まできたカール。写真のエリーに向かっての台詞

【妄想トライ】例えば・・ずっと勉強していた試験に受かった友人へ

You made it. I could cry now. You finally passed the final exam!

(やったんだね!泣けるくらいだ。ついに本当に合格したんだね)

 

18.It’s called ” see who can be quiet the longest.”/誰が一番長く静かにしてられるかゲームだ

【状況】歩いて滝の真上まで行くことになった二人。ラッセルがごちゃごちゃうるさいのでこのセリフを言うカール

 

 

19.For the love of Pete! Go on into the bushes and do your business./あ~もう!藪の中にいって、自分のやるべきことやれ

【状況】トイレに行きたいと言い続けるラッセルへカールの台詞

【補足】あ~もうっ!:for the love of Mike(Pete)/For Pete(Mike)’s sake/For the love of God

 

20.None of my concern!/知ったこっちゃない

【状況】用を足す前に穴を掘るか、足す前に掘るかどっちだ?と質問してきたラッセルへ

【補足】

関係ない/have nothing to do with(someone/something)/ mind your own business

none of one’s business/none of one’s concern

 

21.Sit, boy. Hey, look, he’s trained. Shake./おすわり、いいこだね、みて、ちゃんとしつけられてるよ、おかわり

【状況】憧れの滝に向かう途中で犬にあった二人、しかもその犬はきちんとしつけられていた

 

22.Well, I call, but Phyllis told me I bug him too much./僕は電話するよ、でもフィリスは僕が彼の手を煩わせすぎるっていうんだ

【状況】キャンプを実際にしたこともないし、テントも初めて立てたというラッセルに、お父さんに聞いてみればいいじゃないか、忙しいって言ったって聞いてくれるだろうとカール

【妄想トライ】例えば・・しつこいナンパ野郎に一言

Hey, give me your number! /Don’t bug me anymore or I’ll call police now.

(電話番号教えてよ/これ以上付きまとわないで、警察に電話しますよ)

 

23.My wife and I, we were your biggest fans./私の妻と私はあなたの熱烈なファンなんです

【状況】子供のころから憧れていた冒険家に会ったカール。慌てて自己紹介する場面

【妄想トライ】例えば・・もし日本にお忍びで好きな歌手や俳優が来ていて遭遇したら

I’m a big fan of you. Would you please take a picture with me?

(私はあなたの大ファンです。もしよかったら一緒に写真撮ってくれませんか?)

 

24.Oh, yeah. Well, surprise me./分かった、お任せするよ

【状況】犬たちをしたがえる冒険家。犬に食事の準備もさせているが、犬からメニューを見せられて一言

【妄想トライ】例えば・・仕事終わりに友人と合流、どこに飲みに行くか?

Where would you like to go?/You can surprise me.

(どこにいこっか?/お任せするよ)

 

25.You’re sure we’re not a bother? I’d hate to impose./本当に僕たち御邪魔じゃない?無理強いしたくないから

【状況】憧れの冒険家は自分達をもてなす準備をしているが、本当にいいの?とカール

【妄想トライ】例えば・・娘の友達の親より一緒にお迎えしてくれないかとお願いがきた

I hope I’m not imposing on you./Not at all. I’ll pick them up.

(無理なお願いをしてるのでないと良いのですが/全然ですよ、一緒にお迎えしますよ)


 
【編集後記】
今回はアニメーションでしたね。
特にこの映画は台詞がなく映像だけで魅せる場面が強く、そんなに重要フレーズないかなと思いましたが結構ありました。
For the love of Pete以外にもsurprise meやbug someone等の表現、使いまわしできますね。映画の感想は、が言葉をしゃべって操られているって時点で、
え???となって引いてしまいましたが、まあ全体的にはメッセージ一貫してたかなと思います。
『but I think the boring stuff is the stuff I remember the most.』というラッセルの台詞。
ここですよね、もうメッセージは。
では、次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ