【映画de英語】『好きだった君へのラブレター(To All the Boys I’ve Loved Before)』から学ぶ厳選7フレーズ |「I’m 〇〇 away」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ、今日は映画で英語を学ぶ土曜日です。

やりたいことが終えられない不安・・。

 

【今日のNativeパクリ英語】

『~な気がする』に関する英語・・

―This week is rough… I have been working 12-16 hours a day and it still feels like I got nothing done…

(今週は大変、一日12-16時間も働いてるのに、何も終わってない気がする)


 

【土曜日の『映画de 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見ることは、勉強にももちろんですが、脳そのものにもメリットがたくさんあるそうです。コメディ映画で血流上昇する、想像力、創造性、認知思考を高める等、脳を活性化するのに映画がいいというのは諸説言われています。もちろん研究もされています。気持ちのリフレッシュにもなりますし、自分の世界も広がりますよね。集中するということもあり、少なからずストレスも軽減するような気もします。

中々映画館にまで行く時間もないと思うので、やはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います。

私はNetflixAmazon Prime Videoですが、以前はHuluでした。参考までに、主な動画配信サービスというと、「dTV」「Hulu」「U-NEXT」「Amazon Prime Video」「Netflix」あたりですかね。もちろん他にも色々あると思いますし、比較サイトも沢山あるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!

映画を見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげちゃいましょう!

 

『好きだった君へのラブレター(To All the Boys I’ve Loved Before)』(2018)です。

好きな人が出来るたびにこっそり出すつもりのないラブレターを書いてきた主人公のララ・ジーン。なぜかその秘密の手紙が本人たちに届けられてしまい、生活が一変するという王道ラブコメ。

キャストがこれから絶対に人気が出てくるであろう人でいっぱい。主人公ララ・ジーンを演じるのはベトナム出身のアメリカ人女優Lana Condor(ラナ・コンドル)、そして恋人役は、今話題のNoah Centineo(ノア・センティネオ)!さらに「Pretty Little Liars」のモナ役のJanel Parrish(ジャネル・パリッシュ)も出演してるので是非チェックを!

詳しいキャストやあらすじなど気になる方は、こちら(Netflix)。私はいつもこちら(IMDb)もチェックしています。この作品はネットフリックスオリジナル作品です。

 

予告編こちら!

 

では、気になるフレーズいってみましょう!

スポンサーリンク

『使える映画フレーズ7選』|映画『好きだった君へのラブレター(To All the Boys I’ve Loved Before)』(2018)より

1. If you need me, I’m a Skype call away.

2. Moon day?

3. So, first things first, we need to have a contract so we’re on the same page about the rules.

4. But you don’t let her steamroll over you.

5. I just know homeboy likes you. I can tell by the way he looks at you.

6. I’m tired of being second best or fake best.

7. You are such a snob!

 

1.If you need me, I’m a Skype call away.

ーいつでもスカイプして

【状況】三姉妹。お姉ちゃんのマーゴットが大学進学のために遠く離れた場所に行ってしまう。一番考えられるべき遠い大学選ぶ必要あった?誰と一緒にランチ食べればいいわけ?と寂しさから言うララ・ジーン。マーゴットがなだめる場面の台詞。

【妄想トライ】
例えば・・まだか?と聞いたらこの返事
―I’m 10 minutes away.
(あと十分で着く)

 

2.Moon day?

ー月の日じゃない?

【状況】
自分の中だけの秘密だったラブレター。ただ出す予定もなく自分の気持ちを書いただけだった手紙が、妹キティのいたずらにより全部出されてしまった。手紙の箱がなくなってることをパパに帰宅するなり問いただすララ・ジーン。なんであんなにいらついてるわけ?とキティに聞くパパ。キティの返答。

 

3.So, first things first, we need to have a contract so we’re on the same page about the rules.

ーまずルールを決めて契約書を作らないと

【状況】
皆にラブレターが渡ってしまった今、とにかく姉の元カレであるジョシュを避けまくるララ・ジーン。ラブレターが送られてしまったピーターは最近彼女と別れたばかりでやきもちを焼かせたい、ララ・ジーンはジョシュに今でも好きって気づかれたくないというお互いのメリットのために偽カップルを演じることにした2人。今後を話し合う場面でララ・ジーンの台詞。

【参考】
on the same page:《be ~》〈米〉〔複数の人々が〕同じ考えを持っている、大筋で同意[合意]している

【妄想トライ】
例えば・・だから繰り返し言う
―I want her to get on the same page.
(彼女にも同じ考えでいてもらいたい)

 

4.But you don’t let her steamroll over you.

ーでもひるまないだろ

【状況】
フェイクカップルの契約としてピーターのパーティーに一緒にいったララ・ジーン。そこにはピーターの元カノでララ・ジーンを嫌っているジェンもいた。もちろんジェンを怒らせることに大成功した2人。帰りにダイナーによってジェンがどんなに怒った感じだったか成功だったねと話す2人。ピーターは、君がジェンを怖がってないところがいいよね~との会話場面。

 

5.I just know homeboy likes you. I can tell by the way he looks at you.

ー彼がふりじゃなくて君に惚れてるの見てれば分かる

【状況】
ラブレターを出した相手の一人であるルーカス。実は彼はゲイだったことが早々に判明し、いまではララ・ジーンの相談相手に。フェイクな関係のことも打ち明け、もうどうしようかな~とスキー旅行中に相談。その中でのルーカスの台詞。

【参考】
homeboy:近所の[地元の・故郷の]仲間[友達]、不良、〈米黒人俗〉あなた◆知らない男性に対する呼び掛け。親しみを込めて使う

【妄想トライ】
例えば・・見ればわかる
―I can tell by the way she dance with you.
(あなたと踊ってるさまを見て理解できる)

 

6. I’m tired of being second best or fake best.

ー二番目も偽物でいるのもうんざり

【状況】
学校のスキー合宿でお互いフェイクじゃなく好きだということが分かったララ・ジーンとピーター。なのにそこにピーターの元カレジェンが意地悪をしかける。合宿の日にピーターが部屋に来た事などを伝える。ララ・ジーンはその場でピーターに別れを告げる。話も聞かずに帰宅した彼女を追ってピーターが話し合おうと自宅まで。2人で話し合う場面のララ・ジーンの台詞。

【参考】
second best:2番目に良いもの、次善の策[人・物]

【妄想トライ】
例えば・・まあまあな感じ
―This is my second-best suit.
(これは私の二番目によいスーツだ)

 

7.You are such a snob!

ーひどい!

【状況】
スキー合宿でのキス動画が流出してしまい、最悪な状況になったララ・ジーン。学校中でもロッカーにスクショが張られていたりし傷つく彼女。ピーターはすぐに大声で皆を一蹴。ララ・ジーンはピーターへの気持ちに気づくが、やはり気持ちは伝えられない。家に姉の元カレジョシュが来てゆっくり話し合う二人。ジョシュはピーターの行動を褒めつつも、あいつは気に食わないけどね、と冗談でいい、ララ・ジーンのこの台詞。

【参考】
snob:俗物、お高くとまった人、嫌なやつ、気取り屋でお高いやつ、てんぐ、偉そうな人、紳士気取りの俗物

【妄想トライ】
例えば・・まあまあな感じ
―Don’t act like a wine snob!
(馬鹿ワイン通みたいな行動しないでよ!)

 

★単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典Urban dictionaryを使うことが多いです。


ピーター役のNoah Centineo(ノア・センティネオ)はHavanaのMVでも出演!さすがカミラ見る目ある!と話題になりました。

 

キャストみんな仲良し!

 

この映画のおかげでヤクルトの売り上げやばいらしい!

‘To All the Boys I’ve Loved Before’ just made Yakult the ‘it’ drink of the summer

 

今までの『映画de英語』をまとめてチェックする

 

【編集後記】
結構話題になってますよね~、これ!
アジア系が完全に主役で、でもアジア文化を盛り込んだ映画でもなく、ということで。
どんどん映画界でもアジア系の立場変わってきてますもんね。
でもヤクルトがスムージーってくくりなのは、納得できない~!
では、次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ