【ドラマde英語】『Please like me(プリーズライクミー)/シーズン3・第5話』から学ぶ使えるドラマ厳選7フレーズ|「indulge me」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日です。

見たいけど我慢。終わるまでは見ないと決めたのに。

 

【今日のチョコっと英語】

『きりがない』に関する英語・・・

There’s no end to think it.

(考えてもきりがない

 

【火曜日の『ドラマde 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見るメリットについては、『映画de英語』にも書きましたが、同様のメリットが短時間で得られるのが海外ドラマだと思います。やはり映画一本だと短くても1時間半程度はかかってしまいますが、ドラマなら1本30分程度のものもあるので、気軽に見れます。

ここでもやはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います。

私はNetflixAmazon Prime Videoですが、以前はHuluでした。参考までに、主な動画配信サービスというと、「dTV」「Hulu」「U-NEXT」「Amazon Prime Video」「Netflix」あたりですかね。もちろん他にも色々あると思いますし、比較サイトも沢山あるので、ご自分に合ったところでがんがんドラマ見ちゃいましょう!

ドラマを見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげちゃいましょう!

では、行きましょう!
 
ネイティブの英語フレーズをインストールするチャンスである海外ドラマ。
今回扱っているのは、オーストラリア発のコメディアドラマ『Please like me』です。

キャストやあらすじなど気になる方はこちら(Wikipedia)より。私はいつもこちら(IMDb)も参考にしています。
また意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典を使うことが多いです。
 

『Please like me/Season3-5』の使えるドラマフレーズです。


 

『絶対に使える英語フレーズ7選』|ドラマ『Please like me/ Season 3/ episode 5』より

1. Did I? Was that me?

2. It’s time to put on your big-boy pants and kill Adele.

3. She’s jet lagged. She’s all jet lagged.

4. I had a tiny light of happiness and you stamped it out.

5. She sounded so hateful, made me feel so frivolous..

6. I told you they thrive o neglect, didn’t I?

7. Can you just shut up and indulge me?

スポンサーリンク

 

これらはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. Did I? Was that me?

ー僕?そういったのは僕だった?

【ドラマ場面】
とうとう帰ってきたクレア。鶏が女子だと思って飼っていたところ、男子だと判明。どうするかの話になり、家畜飼いたいって言ってたよね?というクレアにジョシュの返事。

【妄想トライ】
来ない彼女って○○したよね、という話の中で
-Did she? Was that her?
(彼女だった?)

 

2. It’s time to put on your big-boy pants and kill Adele.

ー覚悟決めてアデル(鶏)を殺すんだ

【ドラマ場面】
やっぱり自分たちの手で処分し、食べるべきという意見にまとまりそうなところ、トムは大反対。絶対に殺したりしない!という。そこにジョシュが一言。

【参考】
putting on your big boy pants: 子どもみたいな振る舞いをやめること

【妄想トライ】
うじうじして隠れている友人に、一回腹割って話せよと
-Put your big boy pants and talk to her.
(子どもみたいなことしてないで、彼女と話しなよ)

 

3. She’s jet lagged. She’s all jet lagged.

ー来ないよ、時差ボケがひどくて

【ドラマ場面】
実家に行ったジョシュ。そこにはいちゃつくママと彼氏。ママがクレアもつれてくるんだと思ってたというと、ジョシュの台詞。

【参考】
jet lag:時差ボケ

【妄想トライ】
海外から来た友人に
-Are you feeling any jet lag?
(j時差ボケは大丈夫?)

 

4. I had a tiny light of happiness and you stamped it out.

ー僕の幸せの灯を君たちが台無しにしたんだ

【ドラマ場面】
トムの新しい彼女エラがジョシュたちの家を出て行ってしまった。彼女が何者かいまいちわからない中、ケガをしたトムに付き添い、家に滞在していた彼女。それについてジョシュとクレアが話しているのを聞き、気分を害した彼女は出ていく。トムが文句を言う場面。

【参考】
stamp out:足で踏み消す、撲滅[根絶]する

【妄想トライ】
やるべきこと
-We need to stamp out terrorism right now.
(今すぐにテロを根絶しなくてはならない)

 

5. She sounded so hateful, made me feel so frivolous..

ー悪口言われて傷ついたわ

【ドラマ場面】
夜にトムとエラが会う。今日は何してた?というトムに、エラは一日クレアがむかつくってこと考えてたかなといい、この台詞。

【参考】
frivolous :不真面目な、分別のない、不真面目な、軽率[軽薄]な、うわついた、勝手気ままな、へらへらした、取るに足らない

 【妄想トライ】
チャラチャラしてるように見えるだけ
-He seems frivolous, but deep down he’s not.
(彼は軽薄に見えるけど、実はそうじゃないよ)

 

6. I told you they thrive o neglect, didn’t I?

ーほおっておいたほうが育つっていっただろ?

【ドラマ場面】
治療の一環で花を育てているハンナ。ジョシュのママも真似して育てだしたのが気に入らないハンナ。ハンナは思わず花に紅茶を注いでしまった翌日に葉が黄色くなってしまう。それを見たママの恋人スチュワートにこんな台詞を言われてしまう。

【妄想トライ】
やるべきことやらないとうまくならない
-You can’t neglect daily exercise.
(毎日の練習しなくてはならない)

 

7. Can you just shut up and indulge me?

ー黙って聞いてよ

【ドラマ場面】
実はヨーロッパで寂しかったというクレア。こんな人生って最悪かなという彼女。ヨーロッパで働くなんてすばらしいことで楽しいことなのに・・甘えたいだけだから聞いてというクレアの台詞。

【参考】
 indulge :ほしいままにする、気ままに振る舞う、ふける、熱中する、甘やかす、ほしいまま[気まま]にさせる

indulge me:私の頼みを聞いてください。/ぜひ聞いて[話して]ください

【妄想トライ】
いろんな考え方がある
-We’re not supposed to indulge kids.
(子どもは甘やかしてはいけない)


こちらもどうぞ。今までの『ドラマ de 英語/ドラマからの厳選フレーズ』はこちら。


【編集後記】
クレアの台詞。使えますね!とにかく聞いて!って感じですね。
そして衝撃の妊娠してるの!っていう告白。びっくりですね。どうなるんだろう。
トムは返ってきたクレアになびきもせずに、エラといい感じだし・・波乱の予感。
『13の理由のシーズン2』ㇲっごく見たいけど、見だしたら止まらないので我慢してます!
では次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ