【ドラマde英語】『 The Good Place(ザ・グッドプレイス)Season4・第7話』から学ぶ使えるネイティブ/リアル英語フレーズ7選|「juicy」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日に投稿したかった内容です。

いつでもこい!、何とかなる!という自信ありますか?

 

【今日のNativeパクリ英語】

 fight』の英語・・・

―I’m ready to fight.

(私は闘う準備が出来ている)

ー元ネタ―

Someone is ready for her first Super Bowl 🏈💚🏈 #BIRDIEMAE #SuperBowl2020 pic.twitter.com/3AhQMlpcFW

— Jessica Simpson (@JessicaSimpson) February 2, 2020

 

【火曜日の『ドラマde 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見るメリットについては、『映画de英語』にも書きましたが、同様のメリットが短時間で得られるのが海外ドラマだと思います。

 

メリット①:リアルな英語をインストールすることができる

メリット②:フレーズをシチュエーションごと丸ごと頭に入れることが出来て覚えやすい

メリット③:脳の活性化に効く(血液上昇、想像力・創造性認知思考を高める)

メリット④:自分の世界が広がる

メリット⑤:見ることに集中し、ストレス軽減しリフレッシュになる

 

映画を見るとなると、短くても1時間半はかかってしまいますが、その点、ドラマなら1本30分程度のものもあり、気軽に見れます。

 

『映画de英語』で書いたように、やはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います!

私はNetflixAmazon Prime Videoを活用していますが、以前はHuluも使っていました。

参考までに、「dTV」「U-NEXT」なども有名ですし、他にも色々なサービスがあるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!!

 

ドラマを見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげる「ドラマ de 英語」を一緒に始めませんか?!

 

 

スポンサーリンク

 

今回のドラマはこちらです!
ドラマ『The Good Place(ザ・グッドプレイス)Season4
 

・Kristen Bell(クリスティン・ベル)が主役のコメディドラマ

・一話が30分弱と短くて隙間学習におすすめ!

・事故死した主人公エレノア。

生前、全く良い人間ではなかったのに、間違えられて死後の世界の【良い場所】へと送られてしまった彼女。死後の世界で、良い人間になろうと奮闘していくドラマ

・Season4のシナリオ:色々な出来事を経て、もう一度生を与えられた4人(エレノア、チディ、タハニ、ジェイソン)は、紆余曲折しながら、ポイントシステムがBad Place の住人達にハッキングされたことを突き止めた。

同時に、いい行いをしても、同時に誰かにとって悪い行いとなってしまうため、ポイントシステム自体が欠陥だということも突き止め、判事に会うことになった。

そこで、システムの結果よりもいい人間が存在することを証明するために、新しい地区を設定し、新しい住人を迎え実験をすることになった。

新住人として元カノを送り込まれたチディは、みんなとの実験を成功させるために、自分だけ記憶を消し、リブートすることを決意し、実験を継続していく。

キャストやあらすじなど気になる方は、【Wikipedia】【IMDb】を見ることをおススメします!!


 

毎エピソード面白いです!

 

それでは、早速【ドラマde使えるリアル英語フレーズ】いってみましょう!

『ドラマde使えるリアル英語フレーズ7選』

※物語に沿っていくので、ネタバレの可能性があります

 

『絶対に使える英語フレーズ7選』
ドラマ『The Good Place(ザ・グッドプレイス)/Season4・第7話
』より

1. Copy that. 

2. So, uh, yeah, it wasn’t as juicy as some people maybe thought it was.

3. For the first time ever, I am desperate for you to keep talking.

4. Why does everything I do fall apart so close to the end?

5. I respect your position.

6. We had a good run, though.

7. They let us toy with you a little just for kicks, but now you’re going.

 

これらのフレーズはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. Copy that. 

ー了解

 

【ドラマ場面】
あと一日でこの実験は終わってしまう。

すこしでも1ポイントでも稼いでほしいエレノアたちは、最後に何が出来るかの会議をしている。

ジャネットが真夜中過ぎたら、リセットのためにジャネットベイビーズを食べるけど、見ないでね~と伝えると、エレノアのこの台詞。

 

2.So, uh, yeah, it wasn’t as juicy as some people maybe thought it was.

ーみんなが想像してたほど面白いくなかったってことなんだけどね

【ドラマ場面】
今日のみんなの恰好は素敵よ!と盛り上げるタハニ。

そこで、ブレントジョンーが殴り合った動画が拡散されたじゃない?」

「あの口元を見てみたんだけど、誰がボタンを押すかって喧嘩してただけだったのよ~!」

といい、完全に周りを唖然とさせたジョンの台詞。

 

【要チェック単語】
juicy:多汁な、うまみの鳴る、興味をそそる、やりがいがある

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・どうでもよくないですか?
-Everybody is obsessed with this juicy scandal.
(みんなこのきわどいうわさ話に夢中になっている)

3.For the first time ever, I am desperate for you to keep talking.

ー生まれて初めて君の話を聞きたいって思ってるよ

 

【ドラマ場面】
シモーヌがこの場所はなんだかおかしい、という結論に行きついた。

初日からすべてを疑っていた彼女は、この世界は”いい場所”ではないことを見抜き、もしかしたら何かしらの実験の対象となっているのではないか?という推測をみんなの前で述べる。

明らかにこの場にふさわしくない人もいることが証拠だというと、ブレントが立ち上がり、それは正しいと話し出す場面。

いつもは彼の話を出来れば聞きたくないチディが思わずこの台詞。

 

【要チェック単語】
For the first time ever:今までで初めて

desperate :捨てばちの、無鉄砲な、たまらなくて

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・やってみたいけど、こわい
-I tried out bungy jump for the first time ever.
(初めてバンジーに挑戦した)

 

4.Why does everything I do fall apart so close to the end?

ーなんで僕のすることはあともう少しってところでだめになるんだ?

【ドラマ場面】
シモーヌが真相を見抜きだしたことを知って焦るエレノアたち。

マイケルに至っては、今までのことを振り返り、この台詞。

 

【要チェック単語】
fall apart:ばらばらに壊れる、崩壊する、だめになる

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・今ならまだ間に合う
-Our team started to fall apart.
(私たちのチームは崩壊し始めた)

 

5.  I respect your position.
ーあなたの希望は尊重するわ

【ドラマ場面】
ブレントを助けるべきかどうかでもめるチディたち。

チディは、どんな人間でも助けるべきだと主張するが、シモーヌは彼はタスkる価値がない、あなたが助けるというならそれを尊重するけど、私はそこには同意しないわ、といい、立ち去ってしまう場面。

 

6.We had a good run, though.
ーでもいい線いったよね

【ドラマ場面】
シモーヌとジョンはその場から逃げ出してしまった。

最後の最後でチームが決別してしまい、絶体絶命のエレノアたち。

しかし、そこでいいアイデアを思いつく。

チディに真相を暴かれたふりをして、どう転ぶかを見ることにし、チディから「ここは”悪い場所”だろ?」と言われ、エレノアとマイケルが”悪い場所”からきた悪い人達のふりをする場面。

 

【要チェック単語】
have a good run:楽しい経験[思い]をする、成功を体験する

7.They let us toy with you a little just for kicks, but now you’re going..
ーここはほんのお遊びだ、君たちはこれから・・

【ドラマ場面】
悪者のふりをするマイケルとエレノアが、チディとブレントに向かって、「今から本当の”悪い場所”に行くよ」と脅す場面。

 

【要チェック単語】
for kicks :スリル[快楽]を得るために、面白がって

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・もう分別が付くから
-I stopped doing that for kicks.
(面白がってそれをやるのをやめた)

 ■単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典Urban dictionaryを使うことが多いです。



 

【編集後記】
最終章に向かっていきますね。
ブレントはなんであんなに自己肯定感が高いんでしょうか?
あそこまで自分に自信が持てたら、人から嫌われようが、
人生楽しいんじゃないでしょうか。
チディなんかアーモンドミルク飲んでるから、
自分が良い人間ではないと思ってるのに・・。
この差ってどこから作られていくんでしょうかね。
では、また次回もお楽しみに!
最後に、このブログへの感想フォーム(https://forms.gle/FjfuFPskJ8pzzXue7)を作りました!
質問への回答やリクエストをお願いできませんでしょうか?
もっともっと皆さまに役立つブログにしたいと思っております。
ご協力いただけると嬉しいです!!

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ