【ドラマde英語】ドラマde使えるリアル英語フレーズ『 Atypical(ユニークライフ)/シーズン1・第5話』から学ぶ使えるネイティブ/リアル英語フレーズ7選|「 go halfsies」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日に投稿したかった内容です。

自分を見つめ直す時間を取る。

 

【今日のNativeパクリ英語】

it’s time』の英語・・・

―It’s time to discover your new journey.

(自分の新しい道を発見する時だ)

ー元ネタ―

It’s time to find a new Prince Eric. Harry Styles has officially turned down the #LittleMermaid role https://t.co/O648TaAYUL pic.twitter.com/A0o6ZOW8k0

— Variety (@Variety) August 14, 2019

 

【火曜日の『ドラマde 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見るメリットについては、『映画de英語』にも書きましたが、同様のメリットが短時間で得られるのが海外ドラマだと思います。

 

メリット①:リアルな英語をインストールすることができる

メリット②:フレーズをシチュエーションごと丸ごと頭に入れることが出来て覚えやすい

メリット③:脳の活性化に効く(血液上昇、想像力・創造性認知思考を高める)

メリット④:自分の世界が広がる

メリット⑤:見ることに集中し、ストレス軽減しリフレッシュになる

 

映画を見るとなると、短くても1時間半はかかってしまいますが、その点、ドラマなら1本30分程度のものもあり、気軽に見れます。

 

『映画de英語』で書いたように、やはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います!

私はNetflixAmazon Prime Videoを活用していますが、以前はHuluも使っていました。

参考までに、「dTV」「U-NEXT」なども有名ですし、他にも色々なサービスがあるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!!

 

ドラマを見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげる「ドラマ de 英語」を一緒に始めませんか?!

 

 

スポンサーリンク

 

今回のドラマはこちらです!
ドラマ『Atypical(ユニークライフ)Season1
 

・自閉症スペクトラム障害を抱える18歳のサムが主人公

2017年より配信開始されたNetflixオリジナル作品

・一話が30分弱と短くて隙間学習におすすめ!

・担当カウンセラーであるジュリアのに言われた「一歩を踏み出すの」という言葉の通りに、主人公サムが(自分も皆と同じようにガールフレンド彼女を作ろう!)と奮闘するドラマ

・主人公だけではなく、頑張り屋なママ、空回りもしちゃうけど一生懸命家族のことを考えるパパ、素直じゃないけども兄のことを心配している妹を見ているうちに誰もが応援したくなるドラマ

キャストやあらすじなど気になる方は、【Wikipedia】【IMDb】を見ることをおススメします!!


 

『普通』なんてものはないんだ!と毎回実感できます。

それでは、早速【ドラマde使えるリアル英語フレーズ】いってみましょう!

『ドラマde使えるリアル英語フレーズ7選』

 

『絶対に使える英語フレーズ7選』
ドラマ『 Atypical(ユニークライフ)/シーズン1・第5
話』より

1. You should probably live in a ditch.

2. So, do you want to go halfsies?

3. I refolded all of your socks in a totally better way.

4. Honey,  I want you to know that I am fully on board for you to attend Clayton Prep.

5. I don’t know , but don’t jinx it.

6. The whole time she was my girlfriend, she bugged me.

7. I’m not always gonna be around to stick up for you.

 

これらのフレーズはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. You should probably live in a ditch.

ーみじめに暮らすのね

 

【ドラマ場面】
カウンセラーのジュリアは家に落ちていた「チョコ掛けイチゴ」のせいで恋人の浮気を疑ってしまう。

一晩中、彼のものをあさったりしてしまい同僚に相談すると、「あなたが怖がってるのはこういうことよね? そのイチゴは彼があなたじゃない誰かに渡そうとしたもので、きっと彼はその女子と結婚しちゃって、あなたは一人でみじめな暮らし」と言われる場面。

ちなみにそのチョコを忘れてってしまったのは、ジュリアが好きすぎてチョコを上げようと窓から不法侵入したサム・・。

 

【要チェック単語】
ditch:溝、水路、どぶ、見捨てる、見捨てて逃げる、置き去りにする、ほったらかす、見限る、厄介払いする、〔恋人などを〕振る

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・目に見えてる
-He’ll ditch you soon.
(彼はあなたを振るでしょう )

 

2.So, do you want to go halfsies?

ー半分こする?

【ドラマ場面】
ペイジと付き合い始めたサム。

彼女に仕切られっぱなしで、ママが用意したスナックを差し出すも、ペイジは「自分が持ってきたおやつがあるから大丈夫です」と断り、半分こしない?とサムに提案する場面。

 

【要チェック単語】
go halves :折半する、半々にする、半分に分ける、割り勘にする、半分ずつ出す

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・使える
-Let’s go halves
(割り勘にしよう )

 

3.I refolded all of your socks in a totally better way.

ーあなたの靴下、いい感じに畳直しといたから

【ドラマ場面】
何でもかんでも自分の部屋のものを触りまくるペイジを気に入らないサム。

一番大事にしている亀を触ろうとしたところで、アウト!

ペイジをクローゼットに閉じ込めてしまうサム。

パパが気付いてペイジをクローゼットから出させ、謝るように言うが、サムは謝らなず、ペイジも「こういうこと勉強してきたから大丈夫です!」と言い、去り際にこの台詞。

 

【要チェック単語】
better way:改善策、もっといい方法

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・どうしたって考えてしまうかもしれないけど
-You should find a better way to talk to other people.
(あなたは他の人と話すより良い方法を見つけなくてはいけない)

 

4.Honey,  I want you to know that I am fully on board for you to attend Clayton Prep.

ーママはもうあなたがクレイトンに行くことに大賛成だからね

【ドラマ場面】
サムが一人になってしまうことから、ケイシーが陸上のリクルートを受けて転校することに反対していたママ。

パパの説得により、ママも大賛成で応援しているよ、と娘のケイシーに伝えるママの台詞。

 

【要チェック単語】
on board:乗って、仕事をして働いて、搭載された

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・新しい季節
-We are on board to your journey.
(あなたの旅路に私たちも乗ってるよ(応援してるよ))

 

5.I don’t know , but don’t jinx it.
ー知らないけど、そのままにしとこう

【ドラマ場面】
ケイシーが転校初日。

ママは変なくらいにやさしくて、家族のために行動している。

ちょっとママ変じゃない?とパパに言うケイシーだが、パパは良いことだし、そのまましようという場面。

 

【要チェック単語】
 jinx:ジンクス、不運をもたらす物[人]、悪運、のろい、つきを悪くする、不運をもたらす、台無しにする

 

 【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・そう、やるしかない
-She broke the jinx.
(彼女はジンクスを破った)

 

6.The whole time she was my girlfriend, she bugged me.
ーペイジが彼女だった間、ずっとうっとおしかった

【ドラマ場面】
ペイジが自分のパーカーを勝手に持って行って着ていることが理解できないサム。

転校することが決まったケイシーも少し不安定になり、ペイジに何で弟と付き合ってるのか?あなたに頼るようになって、で別れることになったらどうなるか想像できるのか?と畳みかけて言う。

その言葉を聞いて、ペイジはパーカーをサムに返し、別れを告げる。

ジュリアのカウンセリングの中でペイジの話になり、サムがペイジについて語る場面で、すごく嫌な気持ちになったりもしたけど、普通の人は僕のことを知ろうともしないのに、ペイジは唯一理解しようとしてくれた人だったと告白する場面。

【要チェック単語】
bug:~を困らせる、イライラさせる、うるさく悩ます、怒らせる、苦しめる、てこずらせる

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・ありえない
- She’s been bugging me to change my job.
(彼女が仕事を変えろってうるさいんだ)

 

7.I’m not always gonna be around to stick up for you.
ー私も高校離れてあなたのそばにいられなくなる

【ドラマ場面】
ペイジに別れるきかっけを与えたケイシーに怒り心頭のサム。

「妹だからってなんでもやるな!」と怒ると、「ペイジのこといつも文句言っていたから、あなたのためを思ってやったのよ」と言うケイシー。

転校してしまうからいつもサムの面倒を見ることが出来なくなると心配していたケイシーに、いなくなった方がいいし、ほっといてほしい!とサムが訴える場面。

 

【要チェック単語】
stick up for:~を支持する

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・応援に感謝
-Thank you for sticking up for us.
(私たちを応援していただきありがとうございます

 

 ■単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典Urban dictionaryを使うことが多いです。


 

 

【編集後記】
ケイシー、何とか転校できるといいですね。
過去にママと一緒に普通の人と、サムのような障害がある人かを見分けるゲームをしていて、
そうじゃない人のことをemptyって呼んでるって思ってたというくだり・・切ないですよね。
色々な病気の人がいると思いますけど、やはり兄弟の負担って計り知れないですもんね。
親はそっちの方に行ってしまう、それは仕方ないことだって分かってる。でも・・という葛藤。
サムにケイシーの気持ちを思いやるなんてことは無理だとは思うけど、
「もう必要ないし、転校してくれれば干渉されなくてせいせいする!」的な発言は可哀想過ぎましたよね。
では、また次回もお楽しみに!
最後に、このブログへの感想フォーム(https://forms.gle/FjfuFPskJ8pzzXue7)を作りました!
質問への回答やリクエストをお願いできませんでしょうか?
もっともっと皆さまに役立つブログにしたいと思っております。
ご協力いただけると嬉しいです!!


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー

スポンサーリンク

コメントをどうぞ