【ドラマde英語】ドラマde使えるリアル英語フレーズ『 Atypical(ユニークライフ)/シーズン1・第2話』から学ぶ使えるネイティブ/リアル英語フレーズ7選|「 score points with」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日に投稿したかった内容です。

幸運に感じるべき事

 

【今日のNativeパクリ英語】

lucky』の英語・・・

―I feel very lucky to spend this wonderful time with you.

(あなたと素敵な時間が過ごせてとても幸運に感じます

ー元ネタ―

“I feel very lucky to represent the siblings of the Autism community because those are the people who take the brunt of the challenges of the Autism community, and I don’t think they get recognized” -Bridgette Lundy-Paine pic.twitter.com/ldTNRIC9v0

— Sony Pictures TV (@SPTV) 2019年5月4日

 

【火曜日の『ドラマde 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見るメリットについては、『映画de英語』にも書きましたが、同様のメリットが短時間で得られるのが海外ドラマだと思います。

 

メリット①:リアルな英語をインストールすることができる

メリット②:フレーズをシチュエーションごと丸ごと頭に入れることが出来て覚えやすい

メリット③:脳の活性化に効く(血液上昇、想像力・創造性認知思考を高める)

メリット④:自分の世界が広がる

メリット⑤:見ることに集中し、ストレス軽減しリフレッシュになる

 

映画を見るとなると、短くても1時間半はかかってしまいますが、その点、ドラマなら1本30分程度のものもあり、気軽に見れます。

 

『映画de英語』で書いたように、やはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います!

私はNetflixAmazon Prime Videoを活用していますが、以前はHuluも使っていました。

参考までに、「dTV」「U-NEXT」なども有名ですし、他にも色々なサービスがあるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!!

 

ドラマを見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげる「ドラマ de 英語」を一緒に始めませんか?!

 

 

スポンサーリンク

 

今回のドラマはこちらです!
ドラマ『Atypical(ユニークライフ)Season1
 

・自閉症スペクトラム障害を抱える18歳のサムが主人公

・2017年より配信開始されたNetflixオリジナル作品

・一話が30分弱と短くて隙間学習におすすめ!

・カウンセラージュリアのに言われた「一歩を踏み出すの」という言葉の通りに、主人公サムが(自分も皆と同じようにガールフレンド彼女を作ろう!)と奮闘するドラマ

・主人公だけではなく、頑張り屋なママ、空回りもしちゃうけど一生懸命家族のことを考えるパパ、素直じゃないけども兄のことを心配している妹を見ているうちに誰もが応援したくなるドラマ

キャストやあらすじなど気になる方は、【Wikipedia】【IMDb】を見ることをおススメします!!


 

『普通』なんてものはないんだ!と毎回実感できます。

 

それでは、早速【ドラマde使えるリアル英語フレーズ】いってみましょう!

『ドラマde使えるリアル英語フレーズ7選』

 

『絶対に使える英語フレーズ7選』
ドラマ『 Atypical(ユニークライフ)/シーズン1・第2
話』より

1. Don’t sneak up. You made me overzest.

2. That’s usually how things go around here, but Mom has her group tonight.

3. Well, proof is in the pudding, right?

4. She’s a little bit punk rock, but cute as a button.

5. Can you make an exception for a guy trying to score points with his wife?

6. Even after your mom got rid of that other goofball, she shot me down like ten times, okay?

7. NO, I wouldn’t call it that.

 

これらのフレーズはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. Don’t sneak up. You made me overzest.

ーこっそり近づかないで、削りすぎちゃう

 

【ドラマ場面】
ママは息抜きに行ったバーで出会った男性ニックのことをぼんやりと考えながらレモンタルトを作っていた。

突然後ろから近づいてちょっかいを出そうとしてきた夫に驚いて言った台詞。

 

【要チェック単語】
sneak up:こっそり近づく、忍び寄る

zest:かんきつ類の皮、風味、趣を添える

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・驚かそうと思って
-He sneaked up behind the car.
(彼は車の後ろからそっと忍び寄った)

 

2.That’s usually how things go around here, but Mom has her group tonight.

ーたいていそうしてうまくいってきたんだよね、でもママは今夜出掛けてるんだ

【ドラマ場面】
サムはカウンセラーのジュリアに恋をして、何とか彼女をデートに誘いたいと考えながらカウンセリングを受けていた。

会話の中で、実はジュリアには恋人がいることを知る。

小さい時は何か思い通りにいかなかったり、怒りを感じたら自分の頭を壁に打ち付けていたサムだったが、今はベットの間をぐるぐる回ることにしていた。

ぐるぐる回っているサムを見つけて、パパが「どうした?話聞くよ」とサムに話しかけ、サムが「ママと話すことにする」と答える場面でのパパの台詞。

 

【要チェック単語】
go around:一回りする、広まる、行動する、生活する、一緒に過ごす

 

3.Well, proof is in the pudding, right?

ー証拠なら目の前にあるだろ?

【ドラマ場面】
「実はパパがママに恋していた時には、ママには他に彼氏がいたんだ」という話をサムにするパパ。

サムはその話を聞いて、「奪ったってこと?どうやって?」と聞きだす。

とにかくその場にいて、相手にやさしくし続ける、ありのままの自分でアピールし続けたんだと答えるパパ。

「本当にそれだけでうまくいくの?」と聞くサムに対するパパの返事。

 

【要チェック単語】
the proof is in the pudding:論より証拠

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・見ればわかる
-There’s nothing bad about it. The proof is in the pudding.
(これに関して何も悪いことはない、論より証拠だ)

 

4.She’s a little bit punk rock, but cute as a button.

ーロック系だけど、小柄でかわいいの

【ドラマ場面】
自閉症の子供を持つグループミーティングの日に、初めて自分の時間を持ってみてダンス教室に行ってみたこと、そしてバーに行ったことを話すママ。

最初は明るく楽しくその時の出来事を話し出すママ。バーテンダーのことも話しているうちに、「彼みたいな生活をうちのサムは出来ないんだなって実感したわ」と暗いムードになる。

持ち寄り手料理をみんなで食べているときに、その中の一人と調子はどう?と会話を交わし、いい音楽療法士がいるのよという情報を教えてあげる場面。

 

【要チェック単語】
cute as a button:つぼみのようにかわいい、とてもかわいい

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・赤ちゃんの手足ってやばい
-Her baby is cute as a button.
(彼女の赤ちゃんはとてもかわいい)

 

5.Can you make an exception for a guy trying to score points with his wife?
ー分かるんだけど妻のためにポイント稼ぎしたい僕は例外にしてくれないか?

【ドラマ場面】
ママであるエルサはあのバーにクレジットカードを忘れてきてしまったことに気付く。

バーに行ってあのバーテンダーに会うよりも、とにかく早くカード会社にカード無効の申請をと思うママはカード会社に電話をかけている。

そんなママを見て、「近いんだから取りいけばいいだろ?」というパパ。

やることがたくさんあってそんなの撮りに行く時間ないしというママの代わりに、ママに内緒でカードをバーにとりに来た場面。

カード名義本人にしか渡せないというバーテンダーにパパの台詞。

 

【要チェック単語】
score points (with someone):誰かに自分のことを好きになってもらいたくて何かすること

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・花火を見るのにベストなスポット
 I tried really hard to get this seat to score points with my wife.
(妻へのポイント稼ぎのためにこの席を取ろうとした)

 

6.Even after your mom got rid of that other goofball, she shot me down like ten times, okay?
ーそいつと別れた後でさえ10回は断られた

【ドラマ場面】
サムはどうすれば女の子を奪えるのかに焦点を当てて、リサーチをしていたそこである男子に声をかけて、どうやるの?とメモを取りながら聞く。

勿論その男子たちはサムをからかうが、なぜ笑われているのか理由が全く分からないサム。

その中の一人の女の子が『からかうの止めなよ、彼は普通じゃないのよ』と叫ぶ。その言葉を聞いて落ち込むサムは自宅で部屋にこもりきりになってしまう。

心配したパパはサムの部屋に入り、話をすることになり、バカみたいなやつらでも簡単に彼女がいる、と主張するサムに誰にとっても女の子と付き合うのは難しいとパパが説得する場面。

【要チェック単語】
goofball:ばか、間抜け

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・だから言ったでしょ?
- I knew it he was goofball and he hurt you.
(あいつは馬鹿で君を傷つけるって分かってた)

 

7.NO, I wouldn’t call it that.
ーそうは言わないけど

【ドラマ場面】
サムが恋をしているのはカウンセラーのジュリアだと気づいたパパ。

「もっと自分と同じ年代の女の子を好きになるといい」「カウンセラーの先生は年が離れすぎているし、カウンセラーを止められたらいやだろ?」と説得するパパ。

ジュリアにふさわしい男になる前に、自分と同じ年代のことデートして練習すればいいってことだね?というサムにパパの台詞。

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・そういう言い方はしないかな
-I wouldn’t call it a lie.
(それは嘘というほどのことではない

 

 ■単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典Urban dictionaryを使うことが多いです。


 

 

【編集後記】
サムのママの気持ちもわかるし、みんなの気持ちがわかる回でしたよね。
パパも不器用そうだけど応援したくなるし、もちろん妹も。
皆を応援したくなる第二話でした!!
ケイシー役のブリジット・ランディ=ペイン(Brigette Lundy-Paine)って
Dua Lipaに似てませんか?では、次回もお楽しみに!最後にこのブログへの感想フォームをご用意しました。
質問への回答やリクエストをお願いできませんでしょうか?
もっともっと皆さまに役立つブログにしたいと思っております。
ご協力いただけると嬉しいです


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー

スポンサーリンク

コメントをどうぞ