【ドラマde英語】『 13 reasons why(13の理由)/シーズン3・第5話』から学ぶ使えるネイティブ/リアル英語フレーズ7選|「 juice」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日に投稿したかった内容です。

どこへ行っても自分。ああ変わるぞ!

 

【今日のNativeパクリ英語】

Wherever 』の英語・・・

―Wherever you go I can be with you.

(どこへ行こうとも、あなたのそばにいる)

ー元ネタ―

Leave a little sparkle wherever you go ✨ pic.twitter.com/n9j9mftYSc

— Ally Brooke (@AllyBrooke) October 16, 2019

 

【火曜日の『ドラマde 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見るメリットについては、『映画de英語』にも書きましたが、同様のメリットが短時間で得られるのが海外ドラマだと思います。

 

メリット①:リアルな英語をインストールすることができる

メリット②:フレーズをシチュエーションごと丸ごと頭に入れることが出来て覚えやすい

メリット③:脳の活性化に効く(血液上昇、想像力・創造性認知思考を高める)

メリット④:自分の世界が広がる

メリット⑤:見ることに集中し、ストレス軽減しリフレッシュになる

 

映画を見るとなると、短くても1時間半はかかってしまいますが、その点、ドラマなら1本30分程度のものもあり、気軽に見れます。

 

『映画de英語』で書いたように、やはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います!

私はNetflixAmazon Prime Videoを活用していますが、以前はHuluも使っていました。

参考までに、「dTV」「U-NEXT」なども有名ですし、他にも色々なサービスがあるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!!

 

ドラマを見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげる「ドラマ de 英語」を一緒に始めませんか?!

 

 

スポンサーリンク

 

今回のドラマはこちらです!
ドラマ『13 reasons why(13の理由)シーズン3
 

・ある一人の少女の自殺から始まる物語、一人一人に何が出来るのかを考えさせられるドラマのシーズン3(現段階でシーズン4まで製作決定)

2017年より配信開始されたNetflixオリジナル作品

・小説が原作で、製作総指揮が女優・歌手であるSelena Gomez(セレーナ・ゴメス)

・あまりにも影響力とメッセージが強いドラマなので、シリーズ開始時にはシリーズを見ようとする人たちへ特別に注意するように呼び掛けるほどであった

・様々な反応や意見を考慮し、2019年7月にハンナの自殺のワンシーンを削除した

・シーズン1から観ることを強くお勧めします

キャストやあらすじなど気になる方は、【Wikipedia】【IMDb】を見ることをおススメします!!


 

世の中にかなりのインパクトを与えたドラマ

//t.co/YFusfLBlwc for resources. pic.twitter.com/G0SPRMvkWB

— 13 Reasons Why (@13ReasonsWhy) September 7, 2019


それでは、早速【ドラマde使えるリアル英語フレーズ】いってみましょう!

『ドラマde使えるリアル英語フレーズ7選』

※物語に沿っていくので、ネタバレの可能性があります

 

『絶対に使える英語フレーズ7選』
ドラマ『 13 reasons why(13の理由)/シーズン3・第5話
』より

1. Just chill. I got it.

2. How long you been juicing?

3. This is like an invasion f privacy.

4. I’m touched you care!

5. We’re all scarred for life.

6. You’re a city girl. You’re all fancy.

7. Yes, there are all manner of excuses.

 

これらのフレーズはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. Just chill. I got it.

ー落ち着け、分かってる

 

【ドラマ場面】
慌てて家中を探しているジャスティン。

クレイはその時に、あのもう捨てたと思っていたタイラーの銃を見つけて、ジャスティンに「もう処分したって言ったよね?」と問い詰める。

ジャスティンが慌てて、この台詞を言う場面。

 

【要チェック単語】
chill:ひんやりする、うすら[肌]寒い、落ち着く、くつろぐ、たむろする、マリファナを吸う

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・今何してる?
-I ‘m just chilling.
(ただのんびりしてるだけ)

 

2.How long you been juicing?

ーいつから(ステロイド剤)使ってる?

【ドラマ場面】
ブライスの車が出てきた現場からは大量のステロイド剤が出てきた。

そこで警察はフットボールチームのロッカーを捜索し、ある一人の生徒を連行していく。

そこでの尋問場面の刑事の台詞。

 

【要チェック単語】
juice:ジュース、電力、ガソリン、酒、ステロイド、筋肉増強剤

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・想像できない
-I can’t believe he has been juicing.
(彼がステロイドやってたなんて信じられない )

 

3.This is like an invasion of privacy.

ープライバシーの侵害だ

【ドラマ場面】
アレックスがこっそり捨てたものを、探してみてみるとそれはステロイド剤だった。

ジャスティンはそれをクレイとアニに相談し、アレックスに話を聞きに行く場面。

そんなことをされていたと知ったアレックスは怒りながら、この台詞を言う。

【要チェック単語】
invasion:侵入、侵略

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・そこを禁止したら尊厳問題
-That’s a invasion of liberty
(それは自由の侵害だ)

 

4.I’m touched you care!

ーお気遣いありがとう

【ドラマ場面】
過去のパーティーでの場面。

ブライスとモンティ、そしてアレックスが居合わせたあのパーティーでの出来事。

もめ事を起こしたモンティをブライスが送っていこうとしたときに、酔っぱらっているのに運転できるのか?とアレックスが心配すると、ブライスがこの台詞を言う。

 

【要チェック単語】
touch:触る、充てる、動かす、手を染める、感動させる、関係がある、及ぶ

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・さすが
-His music touched a chord.
(彼の音楽は共感を生んだ)

 

5.We’re all scarred for life.
ーみんな傷を持ってる

【ドラマ場面】
アレックスは実はブライスと過ごす時間が長くなっていた時期があったことが分かる。

つるんでいた時期に、ブライスに誘われ、ブライスの父の家をめちゃめちゃにしたつもりが違う家で、そこに住んでいた子供を脅かせてしまう。

そのことを責めるアレックスに、ブライスがこの台詞を言う場面。

 

【要チェック単語】
scar:傷痕、瘢痕(組織)、やけど跡、心の傷

 【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・ニュースでそこだけフォーカスされる
-The news scarred London’s safe image.
(あのニュースはロンドンの安全なイメージを傷つけた)

 

6.You’re a city girl. You’re all fancy.
ー都会のキラキラした子だからね

【ドラマ場面】
ブライスが生きていたころの場面。

机を掃除していたアニに、それはコカインだよ?と話しかけるブライス。

君も都会から来た子だからコカインはやったことあるかな、とブライスの台詞。

 

【要チェック単語】
fancy:空想(力)、想像(力)、派手な、豪華な、高級な

 

7.Yes, there are all manner of excuses.
ー言い訳はいくらでもできる

【ドラマ場面】
父親のことで動揺したブライスが床にグラスをたたきつけた。

その音でブライスのママが飛んできて、ブライスを部屋へ追いやる。

ブライスをかばうようなことをアニがいうと、「いいの、男は言い訳いくらでもするから」といい、ブライスを突き放す言動をする場面。

 

【要チェック単語】
all manner of:あらゆる種類の~、種々(雑多)の~

 

 【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・何でも聞ける
-They know all manner of things.
(彼らはありとあらゆることを知ってる)

 

 ■単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典Urban dictionaryを使うことが多いです。


 

 

【編集後記】
今回はみんなの過去が少しづつ分かる回でしたね。
みんなそれぞれ無傷ではなく、クリーンではなく、
まさかのアレックスがブライスとつるんでいたっていう衝撃で、
モンティの凶暴性の影が薄くなるほどで・・。
今回を経ての次エピソードなので、次回は荒れるでしょうね。
では、また次回もお楽しみに!
最後に、このブログへの感想フォーム(https://forms.gle/FjfuFPskJ8pzzXue7)を作りました!
質問への回答やリクエストをお願いできませんでしょうか?
もっともっと皆さまに役立つブログにしたいと思っております。
ご協力いただけると嬉しいです!!


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー

スポンサーリンク

コメントをどうぞ