【ドラマde英語】『 13 reasons why(13の理由)/シーズン3・第3話』から学ぶ使えるネイティブ/リアル英語フレーズ7選|「 takeaway」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日に投稿したかった内容です。

やるしかない!この2か月が一番大変なことになりそうです!

 

【今日のNativeパクリ英語】

impossible』の英語・・・

―Even when it felt impossible, I chose to work harder.

(不可能に思えても尚、ハードに頑張る方を選ぶ)

ー元ネタ―

6 months. 100 pounds down (Yes, I tipped the scales at 240 😜)
My first trip away from #BIRDIEMAE and emotional for many reasons, but so proud to feel like myself again. Even when it felt impossible, I chose to work harder. 💚 pic.twitter.com/2pY7qNFB8U

— Jessica Simpson (@JessicaSimpson) September 24, 2019

 

【火曜日の『ドラマde 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見るメリットについては、『映画de英語』にも書きましたが、同様のメリットが短時間で得られるのが海外ドラマだと思います。

 

メリット①:リアルな英語をインストールすることができる

メリット②:フレーズをシチュエーションごと丸ごと頭に入れることが出来て覚えやすい

メリット③:脳の活性化に効く(血液上昇、想像力・創造性認知思考を高める)

メリット④:自分の世界が広がる

メリット⑤:見ることに集中し、ストレス軽減しリフレッシュになる

 

映画を見るとなると、短くても1時間半はかかってしまいますが、その点、ドラマなら1本30分程度のものもあり、気軽に見れます。

 

『映画de英語』で書いたように、やはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います!

私はNetflixAmazon Prime Videoを活用していますが、以前はHuluも使っていました。

参考までに、「dTV」「U-NEXT」なども有名ですし、他にも色々なサービスがあるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!!

 

ドラマを見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげる「ドラマ de 英語」を一緒に始めませんか?!

 

 

スポンサーリンク

 

今回のドラマはこちらです!
ドラマ『13 reasons why(13の理由)シーズン3
 

・ある一人の少女の自殺から始まる物語、一人一人に何が出来るのかを考えさせられるドラマのシーズン3(現段階でシーズン4まで製作決定)

2017年より配信開始されたNetflixオリジナル作品

・小説が原作で、製作総指揮が女優・歌手であるSelena Gomez(セレーナ・ゴメス)

・あまりにも影響力とメッセージが強いドラマなので、シリーズ開始時にはシリーズを見ようとする人たちへ特別に注意するように呼び掛けるほどであった

・様々な反応や意見を考慮し、2019年7月にハンナの自殺のワンシーンを削除した

・シーズン1から観ることを強くお勧めします

キャストやあらすじなど気になる方は、【Wikipedia】【IMDb】を見ることをおススメします!!


 

どうしても気になるドラマ!


それでは、早速【ドラマde使えるリアル英語フレーズ】いってみましょう!

『ドラマde使えるリアル英語フレーズ7選』

※物語に沿っていくので、ネタバレの可能性があります

 

『絶対に使える英語フレーズ7選』
ドラマ『 13 reasons why(13の理由)/シーズン3・第3話
』より

1. You came by here last week and you threatened to kill him and his mother heard you.

2. Sooner or later, everyone looks guilty.

3. Is that your takeaway?

4.Hitting the books again?

5. Don’t pout.

6. I thought maybe that’s why you bailed on me at Homecoming.

7. You want anything from in the house?

 

これらのフレーズはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. You came by here last week and you threatened to kill him and his mother heard you.

ー先週ここにきて、彼のことを脅してる、それでそれを彼の母親は聞いたしね

 

【ドラマ場面】
アニを迎えに来たクレイ。

家の前まで行かずに途中で待っていたが、そこへ何台ものパトカーがブライスの家(アニが住む家)に向かうのを見たクレイ。

アニとの約束を破り、家の前まで来ていたクレイは、ブライスの死体が発見されたことを聞き、自分が疑われてることを恐れるクレイに対して、アニの台詞。

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・来てくれたの知らなかった
-Did you come by here last night?
(昨夜、ここに寄った?)

 

2.Sooner or later, everyone looks guilty.

ーそのうち皆が有罪に見える

【ドラマ場面】
まずはこの状況をザックとジャスティンに伝えるクレイとアニ。

ブライスが死んだことを聞いたジャスティンは、すぐにその場を立ち去るが、ごみ箱に嘔吐までしたジャスティンを見て、クレイはすぐ後を追う場面でのアニの心の中の台詞。

 

【要チェック単語】
Sooner or later:遅かれ早かれ、いつかは

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・選択肢にない
-I have to get this paper done sooner or later..
(遅かれ早かれ、この書類を終わらせなくちゃいけない)

 

3.Is that your takeaway?

ー結論それ?

【ドラマ場面】
ブライスの死をめぐって、みんなそれぞれに思うところがあり、ジェシカは周りからの目を気にしている。

「みんながまるで自分がブライスの死を喜んでると思ってる、まるで私が殺したみたいに・・」というジェシカ。

ジェシカの様子を見て、アニは昨夜ブライスの部屋で見つけた手紙をトレースしたものをクレイに見せる場面。

 

【要チェック単語】
takeaway:持ち帰り用の料理、引き算、覚えておくべき重要点、結論

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・ここおさえればオッケー
-This is important takeaways .
(これが覚えておいてほしいことだ。)

 

4.Hitting the books again?

ーまた教科書見るの?

【ドラマ場面】
アニはブライスが母親からきつく当たられているのを見ていた。

そんな中、家の中へ教科書を取りに行き勉強しようとすると、電気も付けない部屋にブライスがいて、「まだ勉強するの?」とアニに質問をする場面。

 

【要チェック単語】
hit the books:一生懸命に勉強する、猛勉強する

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・試験の直前まであきらめるな
-Stop touching your phone and hit the books!
(携帯ばかりいじってないで、一生懸命勉強しなさい)

 

5.Don’t pout.
ーすねないで

【ドラマ場面】
アニは色んなことを目撃していた。

ジェシカが実はあの試合のあとにブライスと会っていたところも目撃していた。

ジェシカから絶対にブライスに近づかないでと言われていたのに、彼とポーカーをしているアニ。

「私となんかポーカーしてるってことはあなた友達いないでしょ?」とブライスに直球の質問を投げるアニに、「友達になれると思ったから」と答えるブライス。

「でも私のママはあなたのママに雇われてるから関係はフェアじゃないし、私はあなたに友好的にしなきゃいけないから、友達ってのは無理だわね」とはっきりという兄の台詞。

 

【要チェック単語】
pout:唇を突き出す、口をとがらす、ふくれっ面をする、むっつりする、すねる

 【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・反抗期めんどくさい
-She said so with a pout.
(彼女はそう口をとがらせて言った)

 

6.I thought maybe that’s why you bailed on me at Homecoming.
ー試合の時に帰ったのは、あなたに偽善者だって思われたからだと思ってた

【ドラマ場面】
アニはジェシカがそうすべき相手じゃない人との関係を望んでると聞いていて、相手はブライスだと思い込んでいた。

でもそれはジャスティンだったことが判明し、そのことについて二人で話し合うアニとジェシカ。

 

【要チェック単語】
bail on:(人)を残して立ち去る、(人)とのデートをすっぽかす、(人)を見捨てる

 【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・おめでとう!
-She told me that she bailed out from her bad marriage.
(彼女はうまくいかない結婚生活から脱したと言ってた)

 

7.You want anything from in the house?
ーなんか食べ物持ってくる?

【ドラマ場面】
アニに今まで隠していた離せなかったジャスティンとの関係を話すジェシカ。

ジャスティンもクレイに自分たちの関係を認める。

クレイのベッドも使用されていたことを知り、憤慨するクレイに、「お腹すいちゃった」というジャスティンの台詞。

 

 ■単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典Urban dictionaryを使うことが多いです。


 

 

【編集後記】
そうでしょうね~という感じの展開でしたね。
それにしてもジェシカってなんであんなに可愛いんでしょう。
すごいキラキラしてますよね。
ジャスティンの子犬の目にやられちゃっているし(笑)
ブライスのシーンはつらかったですね。
謝罪の気持ちを伝ええてもいいけど、そこに許しを請うんではなく、
自分で割り切って、変わった姿を黙って見せ続けて
生きていければよかったのに・・と感じました。
誰か一人でも彼に寄り添ってあげてれば変わったかなと思いますよね。
そこで母親の愛があれば・・って思ってしまうけれども、
母親も人間で、夫や父親との関係もあって、
自分の愛をうまく伝えられない、感じられていなかった・・・という、
全てが繋がって悲しい方向に行ってしまいましたね。最後に、このブログへの感想フォーム(https://forms.gle/FjfuFPskJ8pzzXue7)を作りました!
質問への回答やリクエストをお願いできませんでしょうか?
もっともっと皆さまに役立つブログにしたいと思っております。
ご協力いただけると嬉しいです!!


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー

スポンサーリンク

コメントをどうぞ