【動画de英語】ケイティ・ペリーの「I Kissed A Girl」の相手はスカーレット・ヨハンソン?!|Katy Perry(ケイティ・ペリー)|Carpool Karaoke

スポンサーリンク

さあ、今日は動画から英語を学ぶ日曜日です。

今はいろいろな種類の動画を簡単に見ることが出来ますよね~。

楽しく英語学習するにはもってこい!の動画をご紹介します。

 

ご存じの方もいると思いますが、本日ご紹介するのは、

『カープールカラオケ(Carpool Karaoke)』です!

 

The Late Late Show with James Corden

(出典:http://www.cbs.com/shows/late-late-show/)

 

これは、James Cordenという男性が司会をしている、

The Late Late show with James Corden」というアメリカの人気番組の話題のコーナーです。

Jamesとセレブがとにかく楽しそうに車の中で熱唱するというものです。

 

とにかくJamesのセレブの素の引き出し方がうまくて、おもしろいんです!

もちろん歌も上手で、最高に楽しいんですよね。

 

本日は今週のゴシップでも取り上げたKaty Perryを選びました。

行ってみましょう!

スポンサーリンク

まずは、出てきた曲のおさらいしますね。

Katy Perry/Car pool Karaoke/2017.5.22

1.「Firework」(2010年)

2.「I Kissed a Girl」(2008年)

3.「Dark Horse」(2013年)

4.「Bon Appetit」(2017年)

5.「Swish swish」(2017年)

6.「ROAR」(2013年)

 

 

 

では、気になった会話フレーズご紹介します!

 

ジェームス:Would it be great if there was a carpool karaoke button on uber and you could pool with other people who wanted to sing songs?

―UBERにカラオケボタンがあって、歌を歌いたい他の人と一緒に相乗り出来たらすごくない?

 

ケイティ:Do you want to start that business?

―そのビジネスやりたくない?

 

ジェームス:Do you mind if we listen some music?【このコーナーの定番台詞】

―音楽聞いてもいい?

 

ケイティ:I actually went to my hairdresser, I pulled out a picture of you and I said,’James Corden , my inspo, my fashion inspo.

―私は美容室にいって、あなたの写真を取り出して見せて、ジェームスみたいにしてって言ったのよ。彼は私のインスピレーションだからって、ファッションの。

★inspo: inspirationのスラング

 

ケイティ:No, everything, I believe in everything having a reason and a purpose and a destiny.

―すべて起こることには理由と目的と運命とあるのよ、全てのことにね。

★後悔してることある?という質問で、タイムマシンないでしょう、の台詞に続いての台詞

 

ケイティ:Is that a place all the good things and fats? All the truth?

―ああ、そこってあの真実といいこと、事実しか載ってないとこね?

★ネット情報なんだけど、とジェームスが切り出しての台詞

 

ジェームス:There are a lot of people on the internet who say that that song is about Scarlett Johansson, is that true?

―ネットでは多くの人がこの曲(I kissed a girl)はスカーレット・ヨハンソンのことだって言ってるけど本当?

 

ケイティ:That song was kind of she is definitely one of my muses and inspiring it.

But it was actually about a girl that I met when I moved here at 17.

―あの曲では、確かに彼女はミューズの中の一人でインスピレーションは受けたわ、でも実際は17歳の時に会った女のことのことなのよ

 

ケイティ:I  never actually got to kiss her. I kissed another girl, or  a few.

―実際に彼女にはキスしてないのよ、他の女の子、何人かにはしたけどね。

 

ジェームス:Just to be clear, you haven’t made out with Scarlett Johansson.

ケイティ:No, but I’m ready.

―じゃあスカーレットとはいちゃついたという事実はないんだね?

―いいえ、無いわ。いつでも私は準備出来てるけどね。

 

★テイラー・スイフトとの不仲について

ケイティ:Yeah, it’s about fucking dancers, and it’s so crazy.OK, so there are like three backing dancers that when on tour , with her tour, right?  They asked me before they went on tour if they could go, and I was like yeah of course. I’m not on the record cycle, so get the work , and she is great. I know that. But I’ll be on the record cycle probably about  a year. So be sure before 30 days contingency in your contract, so you can get out if you want to join me when I’m say I’m going back on. So the year came up, right?

―ええそうなの、3人のダンサーのことで、本当にばかみたい。

いい?彼らはテイラー・スイフトのツアーに行っていたのね、で、そのツアーに出る前に私に聞いてきたのよ、ツアーに行ってもいいか?って。

私はもちろんよ、彼女は素晴らしいし、仕事をしてって。、いまはプロモーションの時期じゃないし、でもおそらく1年くらいで私もツアーになるだろうって。

そして、時期が来たら声をかけるから、もし私のツアーに来たいなら、30日前には契約のことがあるからきちんと向こうに伝えてね、といったの。

ケイティ:And I texted all of them because I’m very close to them. Look just FYI, I’m about to start. I want to put the word out there.

They said okay, we’re going go talk to management about it, and they did, and they got fired. And I tried to talk her about it, but she wouldn’t speak to me.

★FYI:For your information:参考までに

―そして時期が来たから3人にメールしたわ、私は彼らと親しかったから。

参考までに、私はツアーをスタートするわね、って。

彼らがOKと言って、そのことについてマネジメントと話してみるって言ったわ、そして彼らは解雇されたの。だから私はテイラーとはなそうと思って、電話をしたけど、彼女は話してくれなかったわ。


いかがでしたでしょうか?

 

聞き取れましたか?

何となく聞き取れるっていう方はディクテーションしてみるといいと思います。

聞いたままに書き出してみると、自分の弱点が見えやすいですよ。

 

NEW ZEALAND Tickets & VIP packages for both #WITNESSTHETOUR Auckland shows are on sale now link in bio

KATY PERRYさん(@katyperry)がシェアした投稿 –

 

【編集後記】
カープールカラオケってまじで有名人の素が見えておもしろい!
ケイティでしたね、今日は。私はテイラーよりケイティ派!
信じちゃいますね、彼女のほうを。
6月頃、ニューアルバムのプロモーションの一環で、
素の自分に密着させた動画(生配信)をYoutubeで流してましたよね。
そこでのセラピーの様子とか見ちゃうと大変なんだねって思います。
素のケイティは素朴で家族に愛されたい女の子だなって。
だから断然ケイティ派です!!!では、次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

Comments

コメントをどうぞ