【ドラマde英語】『13 reasons why(13の理由)/第5話』から学ぶ使えるドラマ15厳選フレーズ|「品がない」は英語で何と言う?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日です。

今日は子供マラソン大会。筋肉痛になりそう、見てるだけで・・。

 

 

【今日のチョコっと英語】

『筋肉痛』を英語で言うと・・

―I have muscle aches on my legs.

―My legs are sore.

 

では、行きましょう!
 
何と言っても、
ネイティブの英語フレーズをインストールするチャンス
である海外ドラマ。

【13 reasons why】エピソード5のフレーズ集です。

前回まではこちらから⇒『ドラマ de 英語』

 

 (画像出典:http://www.imdb.com/name/nm4917921/mediaviewer/rm3938989568

Devin Druid(Tyler Down役)/

自殺した少女ハンナのストーカー。彼の写真のせいでハンナとコートニーの関係にヒビが入る。

 

『絶対に使える英語フレーズ15選』|ドラマ『13 reasons why/ Season 1 / episode 5: tape 3, A』より

1. Stick with me.

2. Attempting and achieving.

3. Can I have a triple Americano to go, please?  My name is Clay.

4. It’s been difficult to tell.

5. You should be blaming the kids that make this school a terrible place.

6. I tried catch your eye.

7. Sorry about him. Lots of money, just no class.

8. Meet me in the parking lot. Okay?

9. So you help the school, and cover the fact it’s your fault too.

10. She looked pretty fucked up.

11. So they’re playing to win. We’ll do the same.

12. They’re gonna go after our girl.

13. I could bust your for reckless driving.

14. Tell Mom to save me a plate.

15. The school’s position is that they didn’t know about any bullying.

スポンサーリンク

 

これらはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、

記憶の定着のために、

そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!

 

1. Stick with me./僕についてきて

【ドラマ場面】クレイの回想場面。ダンス会場にいるハンナに向かっての台詞

【参考】stick with itとなると、それに固執してやり続けなさいという意味。

この場面では、stay with meと言いたかったクレイが緊張してstick with meになってしまったという場面

 

2.  Attempting and achieving./試みているところで、成し遂げているところ

【ドラマ場面】朝食は一緒にするという新しい試みをまだやめてなかったの?と母に聞いたクレイ。その返しの台詞

【妄想トライ】まだダイエットしてるの?と友人に

-I restarted again. Read this article for  attempting and achieving weight loss and maintenance.

(またやり始めたの。体重を減らして維持し、成し遂げる方法っていうこの記事読んで!)

 

3. Can I have a triple Americano to go, please?  My name is Clay./トリプルアメリカ―ノを持ち帰りでお願いします、名前はクレイです

【ドラマ場面】コートニーが朝は両親とコーヒーを飲むという情報を元に、コーヒーショップに行ってコーヒーを頼むクレイ

【補足】For here or to go?(持ち帰りか店内でお召し上がりか?)

 

ファーストフード店でよく聞かれる言い回しです。

 

4. It’s been difficult to tell/判断するのが難しい

【ドラマ場面】クレイの母と校長の会話。息子さんはどうですか?と聞かれたクレイ母。大丈夫かどうか判断するのは難しいと校長にいう場面

【妄想トライ】友人にどっちの色がいいかな、と買い物で

―It’s difficult to tell which is better. 

(どっちがいいか甲乙つけがたいな)

 

5. You should be blaming the kids that make this school a terrible place./この学校をこんなひどい場所にした子供たちを責めるべきだ

【ドラマ場面】タイラーがスクールカウンセラーに呼び出され、話をしている中での台詞

【妄想トライ】友人の彼との話をきくはめに

-He always makes me happy , so I should be with him.

(彼はいつも私を幸せにしてくれるの、だから一緒にいるべきなのよ)

 

6. I tried catch your eye./あなたの目に留まるようにした

【ドラマ場面】ハンナの回想場面。コートニーがハンナを避けるから、あなたの眼を引こうとしたのという台詞

【妄想トライ】友人が店を開業、その相談に

- Your store needs a sign that will catch the eye of anyone walking down the street.

(あなたの店は道を通る誰からの目にもとまるなサインが必要だ)

 

7. Sorry about him. Lots of money, just no class./彼のこと許してやってくれ、金持ちって品ないんだわ

【ドラマ場面】ダンス会場で下品なことをいうブライス。ジェシカにあとからきてあやまるジャスティン

【妄想トライ】最近いい男性に会ったかの女同士の会話

-I know he ‘s perfect. He has class and he’s mature enough.

(彼は完璧だよね。品があるし大人だし。)

 

8. Meet me in the parking lot. Okay?/駐車場で会おう、いいかい?

【ドラマ場面】コートニーに話があるというクレイ。駐車場での待ち合わせを取り付ける場面

【妄想トライ】学校で友人と集合して遊びに行く

-Meet me at the front gate, then let’s go together.

(正門集合ね、そっからいこう。)

 

 

9. So you help the school, and cover the fact it’s your fault too./学校を助けるんだね、で自分のした過ちの事実を隠すんだ

【ドラマ場面】ハンナのお墓の前でコートニーとクレイの台詞

【妄想トライ】親に言うとめんどくさいことになるので友人に頼む

I don’t want my parents know this. Could we cover this to our secret?

(両親には知られたくないの、私たちだけの秘密にしてくれない?)

 

10. She looked pretty fucked up./彼女はとてもめちゃくちゃに見えたよ

【ドラマ場面】ハンナの墓の前でコートニーと話し合ったクレイ。泣きながら去るコートニー。その様子をすれ違った道路上でみたトニーの台詞

【妄想トライ】秘密にしてたことをばらされて怒る友人

Did he spill the beans? What? That is fucked up.

(秘密をばらしたの?なに?最悪だね、それ)

 

11. So they’re playing to win. We’ll do the same./彼らが勝とうっていう気なら、私たちも同じことをするだけだ

【ドラマ場面】学校側が大会社の弁護士を雇ったとしったハンナの両親の台詞

 

12. They’re gonna go after our girl./彼らは私たちの娘を詮索して追うのね

【ドラマ場面】裁判になることが決まったので、そうなると私たちの娘のことは色々と公になってしまうのね、とハンナの両親

【妄想トライ】別れた彼とやり直したいという友人

You shouldn’t go after person who eave you. 

(去る者は追うべきではないわ)

 

13. I could bust your for reckless driving./無謀運転で君をだめにすることもできるんだよ

【ドラマ場面】スピード違反をしていたアレックスを停止させた警官はアレックスの父。その父とのやり取りの中での台詞

【補足】bust:打ち壊される、使えなくなる、破産する、降格させる、なぐる、失敗、破産、不況、殴打、浮かれすぎ

 

14. Tell Mom to save me a plate./母さんに食事を残しといてと言ってくれ

【ドラマ場面】無謀運転で停止させた息子に去り際にママに伝言

 

 

15. The school’s position is that they didn’t know about any bullying./学校の立ち位置としては、いじめなどは知らなかった

【ドラマ場面】クレイの母が学校側についてハンナの裁判にあたることになり、クレイと話し合う中での台詞

【妄想トライ】練習をさぼる子供に

You’ll lose your position if you don’t practice everyday.

(毎日練習しないと君は今の立ち位置失うよ)

 

【第五話概要&編集後記】
今回はコートニーの続きがメインでしたね。
ゲイの両親に、重荷を背負わせたくないから自分がゲイだなんて知られてはいけないの、というコートニー。でもやり方がひどい。
取り返しのつかないことってありますよね。
つい言っちゃたコートニー。
それで苦しめられるハンナ。
お墓を前にしてのコートニーの涙。気持ちは伝わるけどもう遅い。
では、次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ