【映画de英語】『THE WILDE WEDDING』(ワンダフル!ウエディング~結婚できる人できない人)(2017)のセリフから勉強するネイティブ/リアル英語フレーズ7選|「 age-old」の意味は?

スポンサーリンク

今日は映画で英語を学ぶ土曜日に投稿したかった内容です。

はああ・・次から次へと問題が。でも淡々と頑張ろう!

 

【今日のNativeパクリ英語】

deserve 』に関する英語・・

―You don’t deserve to contact her.

(あなたは彼女に連絡する資格もない、値しない

ー元ネタ―

if you don’t love me at my pixie cut then you don’t deserve me at my Goddess glow pic.twitter.com/DJ4ip8S0Z8

— KATY PERRY (@katyperry) February 23, 2020

 

【土曜日の『映画de 英語』/映画で英語学習をお勧めする理由】

「映画でリアルな英語を学ぶ」「フレーズをシチュエーションごと丸ごと頭に入れることが出来て覚えやすい」など、映画で英語を勉強するメリットは皆さんもご存じの通りです。

実はそれ以外にも、映画を見るメリットはあり・・何と映画を見ることは脳そのものにメリットがある」ことが分かっています

コメディ映画で血流上昇する、想像力、創造性、認知思考を高める等、脳を活性化するのに映画がいいというのは諸説言われていますし、研究もされています。

気持ちのリフレッシュにもなり、自分の世界も広がる上に、見ることだけに集中することになるので、ストレス軽減にもなります!

【映画de英語】がすごくいいことだと分かっていてもな忙しくて映画館に行く時間がないという方には、定額制の動画配信(見放題)サービスをお勧めします。

私はNetflixAmazon Prime Videoを活用していますが、以前はHuluも使っていました。

参考までに、「dTV」「U-NEXT」なども有名ですし、他にも色々なサービスがあるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!!

映画を見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげる「映画 de 英語」を一緒に始めませんか?!

 

今日の映画はこちらです!

映画『THE WILDE WEDDING』(ワンダフル!ウエディング~結婚できる人できない人)(2017)



・エミー賞やトニー賞受賞の実力派女優のGlenn Close(グレン・クローズ)主演

・かつての有名女優が4度目の結婚をするために、親戚一同集まり・・というストーリー

・自身も数回の離婚歴のある主演のグレンがとにかくチャーミング!

 

詳しいキャストやあらすじなど気になる方は、【IMDb】【Wikipedia】を見ることをおススメします!


 

予告編こちら!

 

それでは、早速【映画de使えるリアル英語フレーズ】いってみましょう!

『映画de使えるリアル英語フレーズ7選』

※物語に沿っていくので、ネタバレの可能性があります

 

『映画de使えるリアル英語フレーズ7選』
映画『THE WILDE WEDDING』(ワンダフル!ウエディング~結婚できる人できない人)(2017)
より

1. And he could find that very annoying.

2. Anyway, just … It raises that age-old question.

3. You’re killing me with the second-hand smoke and you don’t even care.

4. Care to dance?

5. One of the benefits of being apart so long is that somebody else had to take the knockout punches.

6. Boys, if you would, a clever and imaginative toast , please?

7. I consistently hear people say they’re looking for the person they wanna grow old with.

スポンサーリンク

 

これらのフレーズはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1.And he could find that very annoying.

ー彼にはそれが我慢できなかった

【場面】
大女優の祖母を持つ孫マッケンジーが、祖母の4度目の結婚を祝うためにビデオを製作することになる。

そこではドキュメンタリー形式を取り、祖母自身に自分の恋愛について語ってもらう。

コメディ俳優であった最初の夫、つまりビデオ制作者の祖父との関係について語る祖母の台詞。

 

【要チェック単語】
annoying : イライラさせる、迷惑な、うっとうしい

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・人の色んなクセ気になりません?
―What makes you annoying?
(どんなことでイライラさせられる?)

2.Anyway, just … It raises that age-old question.

ーここで月並みな質問が浮かぶ

【場面】
第一従兄弟であるディランのことが異性として気になっているマッケンジー。

そんな彼にあえて「初恋とは何?」という質問をするが、ディランは答えをごまかしてインタビューから逃げてしまう。

誰もいない中、自撮りをしている形でのマッケンジーの独り言。

 

【要チェック単語】
age-old:長年の、昔からの[ある]

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・沖縄では4月にお墓で宴会するそうです
―This is an age-old ceremony.
(これは昔からの儀式だ)

 

3.You’re killing me with the second-hand smoke and you don’t even care.
ーママの副流煙で殺される

【場面】
どうしても煙草にドラックがやめられないプリシラ。

息子にとうとう部屋変わって!と言われてしまう場面。

 

【要チェック単語】
second-hand smoke:受動喫煙

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・軽視できない
―You should protect your kids from second-hand smoke.
(子供たちを副流煙から守らるべきだ)

 

 

4.Care to dance?
ー踊らない?

【状況】
プリシラが母親のために、式前日のリハーサルディナーで歌をプレゼント。

それを聞いて、みんながそれぞれ踊りに出る場面での一言。

 

 

5.One of the benefits of being apart so long is that somebody else had to take the knockout punches.
―長く離れて暮らしたおかげで、僕はノックアウトされずに済んだ

【状況】
イヴが夜中に娘と元夫ローレンスと語り合う。

ローレンスとイブがお互いに離婚時に送り合ったプレゼントの話から、ローレンスが語りだす場面。

 

【要チェック単語】
knockout punch:強烈なパンチ

 

 

6.Boys, if you would, a clever and imaginative toast , please?
―何か気の利いた乾杯の音頭を頼むよ

【状況】
色んなことが起こり、今回の結婚は破棄されることになった。

ハロルドはもう帰ってしまったし、集まってしまった招待客に何か言わなくては・・というイブ。

そんなイブに、「僕が行ってくるから大丈夫」と言い、元夫ローレンスが説明しに行く場面。

結婚式はなし!の発言をした後に、息子たちに伝えた台詞。

 

【要チェック単語】
toast:乾杯

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・おめでとう!
―We made a toast.
(私たちは乾杯した)

 

 

7.I consistently hear people say てthey’re looking for the person they wanna grow old with.
ーともに老いる人を探したいと人は言うよね

【状況】

まさかのローレンスがイブにプロポーズする場面。

 

【要チェック単語】
consistently:首尾一貫して、矛盾なく

 

 ■単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典Urban dictionaryを使うことが多いです。


インタビューに答えるPeter Facinelli と Glenn Close!!

 



【編集後記】
インタビューでは撮影中は、
本当に家族みたいに過ごしたと言ってましたね。
そんな雰囲気めっちゃ出てましたもんね。
とにかくグレンが素敵すぎて、
もちろんそこにジョン・マルコヴィッチが加わって、最高でしたね。
この二人を見てるだけで1時間半の価値はありました!
見てない方、是非次の週末のWatchリストに入れてくださいね!

最後に、このブログへの感想フォーム(https://forms.gle/FjfuFPskJ8pzzXue7)を作りました!
質問への回答やリクエストをお願いできませんでしょうか?
もっともっと皆さまに役立つブログにしたいと思っております。
ご協力いただけると嬉しいです!!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ