【ドラマde英語】『Please like me(プリーズライクミー)/シーズン2・第6話』から学ぶ使えるドラマ厳選7フレーズ|「会話がかみ合わない」を英語で言うと?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日です。

やっときた、温泉にいける!

 

【今日のチョコっと英語】

『温泉』に関する英語・・・

―Tattoos are not allowed in hot springs of the hotel.

(その温泉のホテルではタトウ-禁止されてる)

では、行きましょう!
 
ネイティブの英語フレーズをインストールするチャンスである海外ドラマ。
今回扱っているのは、オーストラリア発のコメディアドラマ『Please like me』です。

キャストやあらすじなど気になる方はこちら。(Wikipediaに飛びます)

『Please like me/Season2-6』の使えるドラマフレーズです。

前回までの『ドラマ de 英語』はこちら。

 


 

1.Can you make me some toast?

2. You treat the road like a dodgem car race.

3. Your body issues are really flaring up today.

4. You can cut back if you want to.

5. Conversation doesn’t really flow between us, does it?

6. NO, but it’s what I’m talking about! And my decision’s final, Josh.

7. I’ve just had a weird day.

スポンサーリンク

 

これらはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. Can you make me some toast?

朝ごはん作ってくれない?

【ドラマ場面】
パトリックと結ばれたジョシュ。だがパトリックからはっきりと翌朝断られてしまう。同じ家にいるのに電話でクレアを呼び出してこの台詞。

【妄想トライ】
お願いしておきたいこと
-Can you keep a secret ?
(秘密守ってくれる?)

 

2. You treat the road like a dodgem car race.

ーお前の運転は雑すぎる

【ドラマ場面】
パパの家に行き、車のカギを借りるジョシュ。精神病棟にいるママと友人たちを動物園に連れていくのに大きな車が必要だからと言うが、パパは鍵を貸してくれない。理由はこれ。

【参考】
dodgem:ダッジム(遊園地にあるお互いぶつけて遊ぶための小型バンパーカー

【妄想トライ】
許せない、彼の行動
-You treated this like a game.
(あなたはこのことをまるでゲームみたいな扱いした)

 

3. Your body issues are really flaring up today.

ー君の体の悩みは今日初めて聞いたよ。

【ドラマ場面】
皆を連れて動物園にきたジョシュ。アイス食べる?とママに聞かれたが、太るからいらない!と。様子が変だと気づいているアーノルドがジョシュに声をかける。

【参考】
flaring:口広げ加工、燃えている、派手な、目立つ、広がっている

【妄想トライ】
一触即発
-Sudden anger flared up in her green eyes.
(突然の怒りが湧き上がるのが彼女の緑の目にみてとれた)

 

4. You can cut back if you want to.

ー仕事は減らせるのよ、あなたが決めればね

【ドラマ場面】
仕事しなきゃ時間がないというパパ。妻は今あるもので十分なのになんでそんなにお金が必要なの?と。大きな車もネットにつながる冷蔵庫もいらないのよ、私たちのためっていうけど、自分のためでしょ?と言う台詞。

【妄想トライ】
車を買うとき
-Can’t you cut back on the prices anymore?
(もうこれ以上値下げできないんですか?)

 

5. Conversation doesn’t really flow between us, does it?

ー私たちの会話ってかみ合ってないわよね?

【ドラマ場面】
動物園での出来事。カバについて言葉を交わすママと病院仲間のハンナ。カバには灰色って似合っていないという彼女に、ママのこの台詞。

 

 

6. NO, but it’s what I’m talking about! And my decision’s final, Josh.

ー俺の話してるのはこのことだ。俺が決めたことが最終結論だ

【ドラマ場面】
妻に仕事を減らして家族との時間を大事にしてほしいと言われたパパ。ジョシュにいい加減に働けという。もう仕事減らすんだからお前に使う金を減らす必要があるんだと怒鳴りつけるパパ。

【妄想トライ】
子供の意見
-That was my decision, not yours.
(それは僕が決めたことだ)

 

7. I’ve just had a weird day.

―今日一日変な日だったから

【ドラマ場面】
仕事一筋のパパが家族のためにセミリタイアを決める。感極まって泣いてしまうパパ。妻のMaeもなく。が、ジョシュも泣いていて、なんで?というMae。一日色々あったからこのことで泣いてるんじゃないからねと念を押すジョシュ。

【妄想トライ】
子供の意見
-That is weird that I call you dad.
(あなたのことパパって呼ぶのはおかしい)


こちらもどうぞ。過去のドラマからの厳選フレーズはこちら。

【編集後記】
まさかの最後にジンジャーの自殺の件。やっぱりすっきりと次のエピソードに行くわけない!
パトリックは何かいつも言葉でジョシュを傷つけるし、別れて良かった。
アーノルドなんてすごい優しいし!そしてトムとジェニー。う~ん。
とにかく変な一日だったということですね。待ちきれない、次回!
では次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ