【ドラマde英語】『Please like me(プリーズライクミー)/シーズン3・第3話』から学ぶ使えるドラマ厳選7フレーズ|「this is pretend」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日です。

睡眠時間。

 

【今日のチョコっと英語】

『確保』に関する英語・・・

We’d like to insure enough time to sleep.

(私たちは寝る時間を十分に確保したい)

 

【火曜日の『ドラマde 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見るメリットについては、『映画de英語』にも書きましたが、同様のメリットが短時間で得られるのが海外ドラマだと思います。やはり映画一本だと短くても1時間半程度はかかってしまいますが、ドラマなら1本30分程度のものもあるので、気軽に見れます。

ここでもやはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います。

私はNetflixAmazon Prime Videoですが、以前はHuluでした。参考までに、主な動画配信サービスというと、「dTV」「Hulu」「U-NEXT」「Amazon Prime Video」「Netflix」あたりですかね。もちろん他にも色々あると思いますし、比較サイトも沢山あるので、ご自分に合ったところでがんがんドラマ見ちゃいましょう!

ドラマを見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげちゃいましょう!

では、行きましょう!
 
ネイティブの英語フレーズをインストールするチャンスである海外ドラマ。
今回扱っているのは、オーストラリア発のコメディアドラマ『Please like me』です。

キャストやあらすじなど気になる方はこちら(Wikipedia)より。私はいつもこちら(IMDb)も参考にしています。
また意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBや、weblio英和辞典・和英辞典を使うことが多いです。
 

『Please like me/Season3-3』の使えるドラマフレーズです。


 

『絶対に使える英語フレーズ7選』|ドラマ『Please like me/ Season 3/ episode 3』より

1. You’re not much of a catch, are you, Stuart?

2. He’s our burden!

3. Yeah, but this is pretend? Please stop.

4. The oil’s making it very hard to get any leverage.

5. You’re not going to create a fuss. You value being easygoing.

6. Arnold’s dad’s a douche.

7. So, I actually love my dad. This isn’t a time to just gang up on my dad.

スポンサーリンク

 

これらはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. You’re not much of a catch, are you, Stuart?

ー結婚に向いてないのよ

【ドラマ場面】
自分よりずっと前に退院したスチュアートからの電話。お互い好意を持ってはいたが、スチュアートには妻がいた。そんな彼が離婚したことを電話で伝えてきた。

【参考
a catch: A spectacular find, as in dating or marriage. (参照:urban dictionary)

【妄想トライ】
よくある問題
-You give her some time until she realizes what a catch you’re.
(君が最高の男だと気づくまで彼女に時間をあげなくちゃ)

 

2. He’s our burden!

ーお荷物だもんね

【ドラマ場面】
アーノルドの誕生日パーティー。ジョシュ、トム、ハナの3人が行く。ここアーノルドは自分がゲイだと打ち明ける予定。余りにも人数が少ないから、これをパーティーっては言いたくはないけどね、というママ。兄さんなら出来たじゃんというアーノルドにママの返事。

【参考】
burden: ~に重い荷物を積む、思い背金んを負わせる、面倒なことを押し付ける、荷物、積み荷、負担、重荷、義務、責任

【妄想トライ】
暴露しないときつい
-I’ll burden you with a secret.
(君に秘密を打ち明けるよ)

 

3. Yeah, but this is pretend? Please stop.

ーふざけるのはやめて

【ドラマ場面】
意味なくそこにあったアーノルドのママの指輪をはめたジョシュ。まさかの抜けなくなった!アーノルドに伝えたところ、この台詞。

【妄想トライ】
想定外の事実
-I’m sorry, this isn’t pretend.
(ごめんふざけてるんじゃないんだ)

 

4. The oil’s making it very hard to get any leverage.

ー油でぬるぬるして力が入らない

【ドラマ場面】
ジョシュの指にはまってしまったアーノルドのママの指輪。ママもパパも来て必死でとろうとするがなかなか取れない。

【参考】
leverage:~を利用する、てこ入れする、影響力

【妄想トライ】
自分の力ではないのに・・
-Without parent’s money, you are without leverage.
(両親のお金がなかったら君って影響力無しだよ)

 

5. You’re not going to create a fuss. You value being easygoing.

ー君は大ごとにしたくないんだ、自分を手頃に見積もってるんだよ(=大人しくしているとつけこまれるぞ)

【ドラマ場面】
職場の上司のクリスティーンがセクハラで捕まった。自分のほかの男性にも同様のことをしていたようで、トムには口止め料に5000ドル払うと言っている。そのことをアーノルドのパパに相談したらこの台詞。

【参考】
fuss:悩む、くよくよする、気をもむ、気を遣う、そわそわする、大騒ぎ 
easygoing:のんきな、気楽な、のんびりした、おおらかな、手頃な

 【妄想トライ】
何が自分にとって大事なのか
-I value the time we spent together.
(一緒に過ごした時間を尊重してる)

 

6. Arnold’s dad’s a douche.

ーあいつはくそだ

【ドラマ場面】
結局アーノルドのカミングアウトはうまくいかなかった。パパだけが事実を知らずにいてショックが大きかったよう。結局家から追い出される形になったアーノルド。ジョシュのパパにどうだったか聞かれてのトムの答え。

【参考】
douche:いやな奴、大バカ者(品性や知性を疑うような)

【妄想トライ】
歌詞にもなるスラング
-Let’s have a toast for the douche-bags.  Runaway/Kanye Westより)
(思いあがったバカのために乾杯しよう)

 

7. So, I actually love my dad. This isn’t a time to just gang up on my dad.

ーパパのことは好きだから悪口いうのやめて

【ドラマ場面】
あんな態度を取られてもパパのことは好きだというアーノルド。

【参考】
gang up on:~を集団で攻撃する

【妄想トライ】
やらかしてしまったときは謝るのみ
-Her friends ganged up on me.
(彼女の友達たちは僕を一斉攻撃した)


こちらもどうぞ。今までの『ドラマ de 英語/ドラマからの厳選フレーズ』はこちら。


【編集後記】
アーノルドの家族がやっと登場!あんな感じで育ってああなったんだ~って感じでしたね。
厳格すぎる父。いつまでも子ども扱いする母。傍若無人な兄。家族写真をいまだに撮る家族。
でもアーノルド頑張った!でもやっぱトムに目が行く~。
トムが自分を軽く見積もってるから周りからもそういう扱いされるんだってアーノルドのパパに言われた場面。
きっつい~。屋根に上ってケーキ食べる男子4人。10歳くらいから男なんだから泣くなって言われる男子。せつない。
では次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ