【ドラマde英語】『Please like me(プリーズライクミー)/シーズン2・第1話』から学ぶ使えるドラマ厳選8フレーズ|「残酷な」を英語で言うと?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日です。

南国ビーチ。

 

【今日のチョコっと英語】

『海に行く』に関する英語・・・

―My family go swimming in the ocean every summer.

(私の家族は毎夏海に泳ぎにいきます)

では、行きましょう!
 
ネイティブの英語フレーズをインストールするチャンスである海外ドラマ。
今回扱っているのは、オーストラリア発のコメディアドラマ『Please like me』です。

キャストやあらすじなど気になる方はこちら。(Wikipediaに飛びます)

『Please like me/Season2-1』の使えるフレーズです。

前回までの『ドラマ de 英語』はこちら。

(画像出典:IMDb)

Patrick(Charles Cottier)/ジョシュとトムの友人でゲイ。密かにジョシュは好意を持っている。


 

1. You suck all the fun out.

2. You are overcompensating very hard to hide your love.

3. I’m just intimidated by, like, her blank, judgmental face.

4. I’ll get involved when she has more to offer.

5. I mean, anything for you, Mae.

6. It’s just so grim.

7. Maybe I should stay sober.

スポンサーリンク

 

これらはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. You suck all the fun out./せっかくの楽しみを台無しにしてる

【ドラマ場面】
クラブで楽しむトム、パトリック、ジョシュの3人。だがジョシュは楽しくなさそうな顔して誰も話しかけてくれない等言うのでトムの台詞。

【妄想トライ】
旅行にきても、反抗期の娘は家族写真も撮ろうとしない
-Enough is enough. You suck all the fun out.
(もうたくさん、せっかくの楽しみを台無しにしてる)

 

2. You are overcompensating very hard to hide your love./彼を好きなのを悟られたくないからだろ?

【ドラマ場面】
パトリックが煙草を吸うのにライターある?と聞く。あるわけないだろ、大体たばこってすごく嫌な臭いがするし、君も匂うよというジョシュ。パトリックが席を立った時のトムの台詞。

【参考】
overcompensate:過剰補償する

【妄想トライ】
人生の先輩、おじいちゃんからの評価
-She tended to overcompensate for my lack of accomplishment.
(彼女は自分自身の教養のなさを過補償しがちだった)

 

3. I’m just intimidated by, like, her blank, judgmental face./僕を非難するような目が怖いよ

【ドラマ場面】
パパとMaeの間には娘が誕生。ジョシュは彼らと会い、抱っこしてみてと言われるがこわごわ。ジョシュの台詞。

【参考】
intimidate:怖がらせる、脅す、威圧する

【妄想トライ】
担任からの評価
-He was intimidated by her music talent.
(先生は彼女の音楽的才能に一目置いた

 

4. I’ll get involved when she has more to offer./もっと大きくなったら仲良くするよ

【ドラマ場面】
何でもっと娘と仲良くしない?と言うパパ。だってまだ小さいし、どうやって仲よくしたらいいか分からないしというジョシュ。それでももっと娘の関わってほしいパパ。それに対するジョシュの台詞。

【参考】
get involved with:~に巻き込まれる、関係する、深くかかわるようになる

【妄想トライ】
娘が一人暮らしを始めることに
-Please don’t get involved with a bad guy.
(どうかお願いだから悪い男に引っかからないで)

 

5. I mean, anything for you, Mae./もちろん君のお願いなら何でもするよ

【ドラマ場面】
子守なんて絶対嫌だとパパと言い争っていたが、Maeが来てお願いされたらすぐにこの台詞のジョシュ。

 

6. It’s just so grim./残酷だな

【ドラマ場面】
トムの元へNiahが来て、付き合ってるのかと思いきや、彼女はいらないと伝えてあってセフレと割り切ってるトム。クレアはドイツに仕事で行ってしまったからフリーのトム。でもそれって残酷だろうというジョシュとパトリック。

【参考】
grim:気味の悪い、恐ろしい、不快な、残酷な

【妄想トライ】
反抗期の娘に
-You should face it, even it’s a grim reality.
(たとえ厳しい現実だとしてもきちんと向き合うべき)

 

7. Maybe I should stay sober./いや、私は飲まないでいたほうがいいんじゃないか

【ドラマ場面】
ジョシュに娘グレースの子守を任せ、久々に大人だけの夜を満喫するMaeとパパ。Maeはディナーでどんどん飲みましょう、今日はやっと母乳育児から解放されてるんだから、というが、パパはもしジョシュとグレースの間で問題があったら困るだろ、というパパの台詞。

【参考】
sober:酔いがさめる、酔っていない、しらふの、禁酒している、厳格な、地味な、くすんだ、地道な


 

【編集後記】
わ~、シーズン2でますますおもしろくなってる!
っていうか色々物語が進行してますもんね。
てかクレアがドイツ行っちゃったって・・・。
最初Niahが出てきたときはどうしようかと思ったけど、まあ彼女じゃないってことで。
これからパトリックとどう絡んでいくのか楽しみ!
あ、妹のグレースも楽しみですね。
では、次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ