【ドラマde英語】『13 reasons why/シーズン2・第3話』から学ぶ使えるドラマ厳選7フレーズ|「ほっといてやれ」は英語で何と言う?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日です。

書類の山。

 

【今日のチョコっと英語】

『書類の山』に関する英語・・・

―She pulled a file from the pile on a desk.

(彼女は机の上の書類の山からファイルを引っ張り出す

 

【火曜日の『ドラマde 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見るメリットについては、『映画de英語』にも書きましたが、同様のメリットが短時間で得られるのが海外ドラマだと思います。やはり映画一本だと短くても1時間半程度はかかってしまいますが、ドラマなら1本30分程度のものもあるので、気軽に見れます。

ここでもやはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います。

私はNetflixAmazon Prime Videoですが、以前はHuluでした。参考までに、主な動画配信サービスというと、「dTV」「Hulu」「U-NEXT」「Amazon Prime Video」「Netflix」あたりですかね。もちろん他にも色々あると思いますし、比較サイトも沢山あるので、ご自分に合ったところでがんがんドラマ見ちゃいましょう!

ドラマを見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげちゃいましょう!

 

では、行きましょう!
 
ネイティブの英語フレーズをインストールするチャンスである海外ドラマ。

 

今回は、セレーナ・ゴメスがプロデュース業に挑戦した作品でも有名であり、現代のティーン達の自殺問題、SNS問題などを真正面から扱う『13 reasons why』です。

 

 

キャストやあらすじなど気になる方はこちら(Wikipedia)より。私はいつもこちら(IMDb)も参考にしています。
こちらはネットフリックスオリジナル作品なのでご注意ください。
また意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典を使うことが多いです。


 

『絶対に使える英語フレーズ7選』|ドラマ『13 reasons why/ Season 2/ episode 3』より

1. You’re breaking up with me?

2. I’m cripple and you’ll get grounded to life if you even speak to him.

3. Your standards are way too high.

4. It’s not your fault. Give her some space, kid.

5. Mothers who baby their sons raise men ill-equipped for life.

6. Incentive. We need to offer incentive. What do you have?

7. We all want to be the kind of people who deserve good friends.

スポンサーリンク

 

これらはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. You’re breaking up with me?

ー別れようっていうの?

【ドラマ場面】
前回スカイとの言い違いのあと、彼女は自殺未遂を図り、何とか命は取り留めた予数。病室を訪ねるクレイ。君は手首を切るのは死にたいってことじゃないって言ってたよね?そういう気分になったら僕に電話してくれるって、というクレイ。あなたのせいじゃないし、自分でもどうすればいいのか自分のことが分からない。どうすればいい?というクレイに、あなたは自分の問題、私は自分の問題を自力で解決しよう、離れてと提案するスカイ。それに対するクレイの台詞。

【参考】
break up with:~との関係が壊れる、~との関係を断つ、と別れる

【妄想トライ】
最低男なのに・・
-I don’t understand why you didn’t break up with him.
(なんであなたが彼と別れないのか理解できない)

 

2. I’m cripple and you’ll get grounded to life if you even speak to him.

ー僕は身体が不自由で君なんか話しかけるだけで外出禁止だろ?

【ドラマ場面】
車にひかれそうになったことをアレックスとジェシカに話すクレイ。アレックスのもとにも、彼の自殺未遂を彷彿させる絵とともに脅迫文が。こんなことするのは、ブライスしかいないんじゃないかというのが。でも彼を止めるって言ったってどうやって?というアレックスの台詞。次第にこの一連の脅迫がブライスなのか確信が持てなくなってくるが・・。

【参考】
cripple:不自由にする、不具にする、機能を損なわせる、手足の不自由な人

 

3. Your standards are way too high.

ーあなたの理想は高すぎるのよ

【ドラマ場面】
今回はジェシカが法廷の証人尋問へ。アレックス、ジェシカ、ハンナの三人がまだ仲良しだったころの話になる。理想のキスのシチュエーションなどを話しながら楽しい夜を過ごしていたころの回想の一コマ。ジェシカがハンナに言ったセリフ。結局この後にアレックスとジェシカは付き合いだし、ハンナとぎくしゃくしだす場面につながる。

【参考】
way too:あまりに、はるかに、すごく

【妄想トライ】
信じられないくらいの方
-You are way too good for me.
(あなたは私にはもったいないほどの人である)

 

4. It’s not your fault. Give her some space, kid.

ーお前のせいじゃない、だから彼女に時間をあげろ

【ドラマ場面】
ジェシカの法廷証言中にスカイから電話があった。慌てて病室に行くともう別の施設に移送になったという。どこに行ったか看護師に聞くが、守秘義務があり教えられないという。でもお前だけじゃない、歴代の彼氏も病院で自分のせいかもしれないって待ってたよ、でも違う。彼女の問題なんだからほっといてやれという看護師の台詞。

【妄想トライ】
とりあえず一人になる時間と空間が必要なことはある
-I gave him some space after a fight.
(私は喧嘩した後彼に落ち着く時間をあげた)

 

5. Mothers who baby their sons raise men ill-equipped for life.

ー母親ってのは赤ちゃんみたいに息子を甘やかして不器用にしてしまうんだな

【ドラマ場面】
タイラーは新しく友達になったパンク男子の家へ。夕食作りの手伝いをしているが、いつも母親に料理してもらうタイラーはうまく野菜も切れない。それを見てパンク男子のワイルドパパの一言。

【参考】
ill-equipped:設備[装備]の不十分な[整っていない]、準備不足の

 

6. Incentive. We need to offer incentive. What do you have?

ー教えてもらうのに金が要る

【ドラマ場面】
クレイはトニーに頼み、ジャスティンを探すことに。ジャスティンを探せば、ジェシカのレイプ事件の証人になるからという理由で。ホームレスたちがいるところを探していると、一人の少女が両替してくれない?と寄って来る。そこでクレイの台詞。

【参考】
Incentive:刺激、動機、誘因、動因、インセンティブ、駆り立てるもの、やる気

【妄想トライ】
目標があればいい
-Hope of becoming a dancer is her incentive to work hard.
(ダンサーになりたくて、彼女は熱心に努力している)

 

7. We all want to be the kind of people who deserve good friends.

ーいい友達を持つに値するような人間になりたいって思ってる

【ドラマ場面】
マーカスは自分の将来のため、選挙に出馬するパパのため、秘密を守っている。ジャスティンはホームレスの中にいて、お風呂にも入らずお腹もすかせたままだった。薄汚れた彼を自分の部屋に置いておくことにしたクレイ。その部屋で、ジャスティンは薬物をこっそりしながら窓の外を眺める。その時のバックでつぶやかれるジェシカの台詞。

【参考】
deserveふさわしい、値する、価値がある

【妄想トライ】
停学になるようなことしたからだ
-He deserved it.
(彼には当然の報いだ)



 

【編集後記】
3話ではとうとうジャスティン見つかりましたね。
学校でモテ男だった面影もなく・・・。家庭の事情があるから家にも帰れない。
それにジェシカかわいそうでしたね。法廷でやはり発言できず、さらに自分を責めて。
第1シーズンではハンナ側からの見方しかわからなかったけど、
事件翌日の態度など、色々とジェシカの複雑な気持ちが読み取れる回でしたね~。
ってことで・・とにかく続きが見たい!
では次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ