【ドラマde英語】『13 reasons why/シーズン2・第8話』から学ぶ使えるドラマ厳選7フレーズ|「dodge」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日です。

明日はお出かけ日和。

 

【今日のチョコっと英語】

『日和』に関する英語・・・

―It’s a perfect day for outing.

(今日はお出かけ日和だ

 

【火曜日の『ドラマde 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見るメリットについては、『映画de英語』にも書きましたが、同様のメリットが短時間で得られるのが海外ドラマだと思います。やはり映画一本だと短くても1時間半程度はかかってしまいますが、ドラマなら1本30分程度のものもあるので、気軽に見れます。

ここでもやはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います。

私はNetflixAmazon Prime Videoですが、以前はHuluでした。参考までに、主な動画配信サービスというと、「dTV」「Hulu」「U-NEXT」「Amazon Prime Video」「Netflix」あたりですかね。もちろん他にも色々あると思いますし、比較サイトも沢山あるので、ご自分に合ったところでがんがんドラマ見ちゃいましょう!

ドラマを見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげちゃいましょう!

 

では、行きましょう!
 
ネイティブの英語フレーズをインストールするチャンスである海外ドラマ。

 

今回は、セレーナ・ゴメスがプロデュース業に挑戦した作品でも有名であり、現代のティーン達の自殺問題、SNS問題などを真正面から扱う『13 reasons why』です。

キャストやあらすじなど気になる方はこちら(Wikipedia)より。私はいつもこちら(IMDb)も参考にしています。
★こちらはネットフリックスオリジナル作品なのでご注意ください。

また、単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典を使うことが多く、このサイトでも採用しています。


 

『絶対に使える英語フレーズ7選』|ドラマ『13 reasons why/ Season 2/ episode 8』より

1. Clay did you not get any of my texts?

2. They said they had a zero tolerance policy, that kind of thing extremely seriously, and that she was in good hands.

3. Don’t try and turn this into a life lesson for me.

4. Because I’m a hypocrite.

5. I just got my phone privileges. I haven’t been dodging you.

6. You endangered my job, my license, our livelihood.

7. Not a day passes during this trial in the months  it took to get here that I don’t wish I could have wrapped my arms around her and told her it would be okay.

スポンサーリンク

 

これらはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. Clay did you not get any of my texts?

ークレイ、私からのメール何も見てない?

【ドラマ場面】
ハンナのテープをネット上に公開したクレイ。もちろん周りは大混乱。ジャスティンもクレイと共に登校するとすごく注目を浴び、周りはひそひそ声。そこにシェリルが近づいてきてこの一言。

【参考】
text:メールを打つ、書く、送信する、文章、本文、原本、携帯電話のメール

【妄想トライ】
ずれる男女の思い
-You never know what girls really want you to text.
(あなたは女の子たちがどんなメールが欲しいのか全く分かってない)

 

2. They said they had a zero tolerance policy, that kind of thing extremely seriously, and that she was in good hands.

ーどんないじめも許さない方針だし、真剣に考えているから安心していいと言った。

【ドラマ場面】
ハンナのパパが証言台に立つ。どれだけハンナを愛していて、学校を信頼していたかを強調しなければいけない場面。学校に転校手続きをするときに、以前の学校では意地悪な女子がいたということを説明し、大丈夫かどうかを学校に確認したというハンナのパパ。その時の学校側の回答を説明する台詞。

【妄想トライ】
zero tolerance:ゼロ容認◆小さな悪事であろうと、法律違反者を容赦なく厳しく罰すること。
in good hands:信頼できる人に任せて[預けて・委ねて]、何も心配することがなくて、安泰で

【妄想トライ】
プロにお願いする
-My kids are in good hands with our team of doctors.
(私の子供たちは担当医たちに信頼して任せてるので大丈夫)

 

3. Don’t try and turn this into a life lesson for me.

ー私のための人生訓にすり替えるのやめて

【ドラマ場面】
ハンナのパパはハンナの生前にも今の彼女と付き合っていた時期があった。しかも彼女と二人でいる場面をハンナに目撃されていた。帰宅後ハンナに、結婚っていうのは難しいもので・・と言い訳するパパに生前のハンナの一言。

【参考】
life lesson :人生の教訓

【妄想トライ】
色々あったけど良かった
-I’ve been lucky enough to learn a lot of great life lessons.
(私は幸せなことに人生訓を沢山学んできた)

 

4. Because I’m a hypocrite.

ーだって僕は偽善者だから。

【ドラマ場面】
学校の野球場の改装オープニングイベント。クレイがハンナのテープを公開したことで、記者たちも集まりざわつく中、マーカスのスピーチ。自分は生徒会の会長的な立場でいたのに、生徒を守るばかりかレイプ犯のブライスの味方をしてきてしまった、と語るマーカスの台詞。これはタイラーが仕掛けた動画により脅されていた結果、ブライスを裏切る場面。

【参考】
hypocrite:偽善者◆本心を偽って善行を行う人

 

5. I just got my phone privileges. I haven’t been dodging you.

ー電話を禁止されてたの、避けてたわけじゃない

【ドラマ場面】
自殺未遂事件以来、連絡が途絶えていたスカイから連絡がやっと来る。彼女は施設に入っていて、とても元気そう。連絡くれてありがとうと言うクレイにスカイの台詞

【参考】
dodge:素早く身をかわす、言い逃れる、曖昧なことを言う、はぐらかす

【妄想トライ】
少し遅れていたら電車に缶詰になっていた!
- My husband dodged a bullet! He took the train previous to the problems.
(主人は危機を回避できた、一つ前の電車だったから)

 

6. You endangered my job, my license, our livelihood.

ーあなたは私の仕事を危険にさらせたのよ、弁護士の資格も私たちの生活も

【ドラマ場面】
家にかくまっているジャスティンが薬物中毒だったことを知らせなかったことで両親と口論になるクレイ。さらにクレイの母親は、クレイが自分のPCからハンナの音声をコピーして公開したことが判明したために、激しくクレイを責める場面。

【妄想トライ】
色んな種類がある
- This monkey is an endangered species.
(このサルは絶滅危惧種だ)

 

7. Not a day passes during this trial in the months  it took to get here that I don’t wish I could have wrapped my arms around her and told her it would be okay.

ー裁判の後一日たりとも願わない日はなかった、娘を抱きしめて大丈夫と言ってあげたいと

【ドラマ場面】
クレイがテープを公開したことで、ジェシカは傷付いた思いを抱え、自分を心配してくれたハンナのママの元を訪れる。そして、時j分のおもいを吐露するジェシカを抱きしめてあげる場面で、ハンナのママの心の声の台詞。

 

 

【編集後記】
もう八話。どうなっていくんでしょうね~。
個人的にはスカイが結局離れて行ってしまうのが悲しい・・。
クレイはまた一人大事な人と離れてしまうという。
そして泥沼から抜け出せないジャスティン。
では次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ