【ドラマde英語】『 13 reasons why(13の理由)/シーズン3・第6話』から学ぶ使えるネイティブ/リアル英語フレーズ7選|「 mediator」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日に投稿したかった内容です。

あ、皆さん英検の結果どうでしたか?

 

【今日のNativeパクリ英語】

so that』の英語・・・

―He mentioned me so that I’m in this position now.

(彼が私のことを話してくれたから、今このポジションにいる)

ー元ネタ―

He has Cerebral Palsy and wanted to skate board so his mom created this for him so that he could.

MY HEART 😭❤

Mother Of The Year pic.twitter.com/S97bk8jBAS

— StanceGrounded (@_SJPeace_) October 22, 2019

 

【火曜日の『ドラマde 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見るメリットについては、『映画de英語』にも書きましたが、同様のメリットが短時間で得られるのが海外ドラマだと思います。

 

メリット①:リアルな英語をインストールすることができる

メリット②:フレーズをシチュエーションごと丸ごと頭に入れることが出来て覚えやすい

メリット③:脳の活性化に効く(血液上昇、想像力・創造性認知思考を高める)

メリット④:自分の世界が広がる

メリット⑤:見ることに集中し、ストレス軽減しリフレッシュになる

 

映画を見るとなると、短くても1時間半はかかってしまいますが、その点、ドラマなら1本30分程度のものもあり、気軽に見れます。

 

『映画de英語』で書いたように、やはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います!

私はNetflixAmazon Prime Videoを活用していますが、以前はHuluも使っていました。

参考までに、「dTV」「U-NEXT」なども有名ですし、他にも色々なサービスがあるので、ご自分に合ったところでがんがん映画見ちゃいましょう!!

 

ドラマを見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげる「ドラマ de 英語」を一緒に始めませんか?!

 

 

スポンサーリンク

 

今回のドラマはこちらです!
ドラマ『13 reasons why(13の理由)シーズン3
 

・ある一人の少女の自殺から始まる物語、一人一人に何が出来るのかを考えさせられるドラマのシーズン3(現段階でシーズン4まで製作決定)

2017年より配信開始されたNetflixオリジナル作品

・小説が原作で、製作総指揮が女優・歌手であるSelena Gomez(セレーナ・ゴメス)

・あまりにも影響力とメッセージが強いドラマなので、シリーズ開始時にはシリーズを見ようとする人たちへ特別に注意するように呼び掛けるほどであった

・様々な反応や意見を考慮し、2019年7月にハンナの自殺のワンシーンを削除した

・シーズン1から観ることを強くお勧めします

キャストやあらすじなど気になる方は、【Wikipedia】【IMDb】を見ることをおススメします!!


 

世の中にかなりのインパクトを与えたドラマ

 


それでは、早速【ドラマde使えるリアル英語フレーズ】いってみましょう!

『ドラマde使えるリアル英語フレーズ7選』

※物語に沿っていくので、ネタバレの可能性があります

 

『絶対に使える英語フレーズ7選』
ドラマ『 13 reasons why(13の理由)/シーズン3・第6話
』より

1. Don’t be a stranger, you hear me?

2. His wife played mediator, though.

3. I can’t juke in this room.

4. Maybe it’s time to stop letting his whims rule our lives.

5. My dad’s in  a detention center in fucking San Diego.

6. I very specifically did not commit to any of the things you asked.

7. I should’ve been there for you.

 

これらのフレーズはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. Don’t be a stranger, you hear me?

ーまた来いよ

 

【ドラマ場面】
過去の回想場面で、ブライスの祖父が、ブライスの父に対して言った台詞。

 

【要チェック単語】
don’t be a stranger:またね、また来てね、疎遠にならないで、連絡してね

 

2.His wife played mediator, though.

ー彼の奥さんが仲介役になったけどね

【ドラマ場面】
クレイはトニーがブライスの犯人の疑いをかけられ、連行されたことが信じられない。

とにかく誰かほかの容疑者を探して必死なクレイは、お葬式でブライスの父に興味を持ち、自分の母親に彼のことを尋ねる場面。

一時期、クレイの母親はブライスの父親と真っ向勝負に出たことがあったからで、でもその時は現妻である女性が喧嘩を仲裁し、収まったという。

 

【要チェック単語】
mediator :仲介者、橋渡し役、まとめ役、仲裁人

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・板挟みはいやだ
-I don’t want to be the position of mediator.
(パイプ役という立場にいたくない )

 

3.I can’t juke in this room.

ーここじゃかわせない

【ドラマ場面】
ブライスのママがブライスのお葬式でブライスについて語る場面。

「母親にしか見えない小さな男の子の顔があるものだけど、本当にここ最近はそこに本当に素敵な男性に成長していくのかもしれないという希望の光が見えていた」と語る。

過去の回想場面。母親に寄り添い、ペンキの掛け合いをするような親子の心が通っていた瞬間の場面でのブライスの無邪気な台詞。

 

【要チェック単語】
 juke:あざむく、だます

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・もう分かった
-You can’t juke on me anymore.
(もはや私をだましたりは出来ない)

 

4.Maybe it’s time to stop letting his whims rule our lives.

ー彼の気まぐれに振り回されるのはやめるべき時だわ

【ドラマ場面】
隠し子がいたことが判明したブライスの父親。

ブライスは母親に「父をこのことで追い詰めて破滅させないのか?」と離婚調停真っただ中の母親に問うと、母親からこんな返事が来る場面。

 

【要チェック単語】
whim:気まぐれ、思い付き

 

【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・昔の話
-That was  a whim of youth.
(それは若気の至りだった)

 

5.My dad’s in  a detention center in fucking San Diego.
ー父親はサンディエゴの収容所にいる

【ドラマ場面】
トニーの秘密。それは不法移民だったこと。

彼氏を家族に紹介する予定だった日、その日に入管に入られてしまい、家族みんながバラバラになってしまう。

パパからの電話ですでにパパだけが母や兄弟から離されて、強制送還の日が決まったことを知る場面。

 

【要チェック単語】
detention center:拘置所

 【妄想TRYー想像してみよう】
例えば・・悲しい事実
-He had to spend a night in a immigration detention center.
(彼は移民拘留センターで一晩過ごさなくてはならなかった)

 

6.I very specifically did not commit to any of the things you asked.
ー僕は約束していない

【ドラマ場面】
トニーが釈放された。

トニーの彼氏からその情報を得たクレイとアニは、黙っているように言われたにもかかわらず、トニーの帰りを出待ちし、トニーの彼にたしなめられる場面。

クレイはそこで、そう言われたけど同意した覚えはないとはっきりという場面。

 

【要チェック単語】
commit to:~を約束する、~を誓約する

 

7.I should’ve been there for you.
ー君の力になるべきだった

【ドラマ場面】
トニーが家族の問題で苦しんでいることに全く気が付かなかったクレイ。

僕に相談してくれればよかったのに!というクレイに、「言ってどうなる?世界を救えるわけじゃない」というトニー。

君はいつでも僕の味方でいてくれたし、そばで支えたかったとクレイが言う場面。

 

 ■単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典Urban dictionaryを使うことが多いです。


 

 

【編集後記】
トニーの秘密ってそれだったんですね。
アニが見つけたときは、え?アニそのマスタングで遊んじゃうのか?!って思ってたけれども、
実はトニーの車だったってことでした。なるほど。
そしてトニーの家族の秘密も‥スペイン語で何を言ってるか分からなかった箇所も
トニーの泣きそうな声の「ママ。パパ」ってところ、グ~っと来ました。
こういうリアルな問題を扱うからこそのドラマだから、この問題も入れたんでしょうね。
では、また次回もお楽しみに!
最後に、このブログへの感想フォーム(https://forms.gle/FjfuFPskJ8pzzXue7)を作りました!
質問への回答やリクエストをお願いできませんでしょうか?
もっともっと皆さまに役立つブログにしたいと思っております。
ご協力いただけると嬉しいです!!


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー


カウントダウンタイマー

スポンサーリンク

コメントをどうぞ