【ドラマde英語】『13 reasons why(13の理由)/第7話』から学ぶ使えるドラマ厳選15フレーズ|「解決する」は英語で何と言う?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日です。

時間が欲しい・・・。

 

【今日のチョコっと英語】

『時間が欲しい』と英語で言うと・・・

― There simply isn’t enough time!(十分に時間がない!)

 

では、行きましょう!
 
何と言っても、
ネイティブの英語フレーズをインストールするチャンス
である海外ドラマ。

【13 reasons why】エピソード7のフレーズ集です。

前回まではこちらから⇒『ドラマ de 英語』

 

 (画像出典:http://www.imdb.com/name/nm5722630/?ref_=tt_cl_t11)

Ross Bulter(Zach Dempsey役)/

バスケ部の人気あるブライスたちとつるんでいる一人。ハンナを最終的に傷つける羽目になる

 

『絶対に使える英語フレーズ15選』|ドラマ『13 reasons why/ Season 1 / episode 7: tape 4, A』より

1.Christ’s sake, Matt, you have a PhD in literature

2. The kind of lonely I’m talking about is when you feel you’ve got nothing left. Nothing. Like no one.

3. All right, people, so remember the compliment bags. Um it’s always best to give a compliment face to face, but sometimes it’s easier to be anonymous.

4. Until someone in that class cut my lifeline…

5. Take it easy, ok. You’ll feel better tomorrow.

6. I couldn’t  wait to get out. It was hell for me.

7. You can’t imagine why a little piece of paper could mean so much.

8. I’m benched for the game. Or didn’t the entire gym just hear that?

9. The day after you insulted me in the cafeteria, my compliment bag was empty.

10. Zach is on fire tonight..

11. It’s the only time I can get the welding rig away from the shop boys.

12.You keyed his car ‘cause he scored 30 points?

13. I think it was very brave of this person to tell us how they’re feeling, and  I want them to know that they are not alone.

14. Karen, Zach, why don’T you come inside, we’ll sort this out.

15. But look on the blight side you don’t need to follow me anymore.

スポンサーリンク

 

これらはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、

記憶の定着のために、

そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!

 

1. Christ’s sake, Matt, you have a PhD in literature./ちょっとお願いだから(そんなこと言わないで)、マット、あなたは文学で博士号持ってるでしょう

【ドラマ場面】精神科医のアポをクレイのためにとるべきだという妻に夫はみんな君みたいじゃないよ、言葉にそんな重みがあるのかな・・と。

【妄想トライ】もういい加減やっていけないよと別れ話のカップル

-For Christ’s sake, don’t leave me.

(お願いだからおいて行かないで)

 

2.  The kind of lonely I’m talking about is when you feel you’ve got nothing left. Nothing. Like no one./私が今話している孤独さっていうのは何にも自分には残ってないって感じるときのこと。何にもない、誰もいないっていう。

【ドラマ場面】lonelyな場面にも色々あるとハンナのテープ内の声。クールな子供たちにいじわるにされる孤独もあるし、と説明の場面

【妄想トライ】先生がテストに出るところを生徒に説明

-The  point I ‘m talking about now is the most important point.

(今私が話している点っていうのは一番重要な点だ)

 

3. All right, people, so remember the compliment bags. Um it’s always best to give a compliment face to face, but sometimes it’s easier to be anonymous./いいわね、みんな。じゃあ褒め言葉バッグのこと忘れないで。いつも顔を見て褒めるのが一番だけど、時には匿名のほうが簡単なときもあるの

【ドラマ場面】コミュニケーションクラスでの褒め言葉バッグの先生の説明

【妄想トライ】寄付のことは表立って言いたくないという友人に

-So you want to remain anonymous in this, right?

(じゃあこの件であなたは名前を出したくないんだね?)

 

4. Until someone in that class cut my lifeline… /誰かが私の生命線をきるまでは・・・

【ドラマ場面】コミュニケーションクラスはハンナにとって、まさかだけど人とコンタクトし、コミュニケーションする場となっていた、とハンナの説明

 

 

5. Take it easy, ok. You’ll feel better tomorrow./気楽にいこう、明日には気分もよくなるよ

【ドラマ場面】ドラーバレンタインのデートでマーカスにひどいことをされたハンナ。取り巻きとして見ていたザックが来て、ただ席に黙って座り、手品見る?と言い失敗し優しくした場面

【妄想トライ】色々取り乱している友人を家まで送っての一言

-You ‘d better take it easy at home today.

(あなた今日は家でゆっくりしたほうがいいよ)

 

6. I couldn’t  wait to get out. It was hell for me./早く抜け出したくて仕方なかった、僕にとってそこは地獄だった

【ドラマ場面】早く帰宅するとパパがポーチに座っていてゆっくり話すことになり、パパかの台詞。何か学校で嫌なことがあっても、僕にはほかに趣味があって生き残ることが出来て、今幸せだというパパ

【妄想トライ】夏には花火大会にプールに楽しいことが沢山

- Can’t wait for summer!

(夏まで待てない)

 

7. You can’t imagine why a little piece of paper could mean so much./あなたには理解できないでしょうね、なんでこんな小さな紙きれがそんなに意味を持つかって

【ドラマ場面】テープの中のハンナの台詞。コミュニケーションクラスの褒め言葉バッグを覗きながらのハンナの台詞

【妄想トライ】本当にそこの大学に行きたいの?と両親

-I mean it.

(僕は本気だ)

 

8. I’m benched for the game. Or didn’t the entire gym just hear that?/ゲームには出られないの。今のこの体育館中に聞こえてなかった?

【ドラマ場面】試合に遅れてきたジェシカ。コーチには今週二日も練習や済んでるし、この遅刻、問題があるなら私のところに相談にきて、今日の試合には出せないわと言われたジェシカ。もう帰るんじゃないよな?というブライスに対しての台詞

 

 

9.The day after you insulted me in the cafeteria, my compliment bag was empty./あなたが私をカフェテリアで侮辱した翌日、褒め言葉バッグは空になった

【ドラマ場面】ハンナのテープの中の回想場面。

【妄想トライ】別れた理由を話す友人

-My boyfriend insulted me in public, and I couldn’t bear it.

(私の彼は公衆の面前で私に恥をかかせたの、我慢できなかった)

10. Zach is on fire tonight./ザックは今夜火がついてるね(本当にすごい)

【ドラマ場面】バスケの試合で、活躍中のザック。卒業アルバム用の写真を撮りながらタイラーの台詞。

【妄想トライ】昨夜の観客の様子を興奮しながら話す友人

The great dancer set the house on fire.

(素晴らしいダンサーは観客を沸かせた)

 

11.It’s the only time I can get the welding rig away from the shop boys./夜しか溶接の道具を借りられないの

【ドラマ場面】バスケの試合で、ハンナが血を流しながら横たわているハンナが見え、思わず試合中に、ストップしろ!と言ってしまうクレイ。外に出て思わずザックの車にいたずらしようとしていると、旧友で風貌も変わり今はあまり話さなくなってしまっていたスカイがやってくる。試合は見にいかずにsculptureの教室で作業していたという彼女。

12. You keyed his car ‘cause he scored 30 points?/彼が30点を入れたから彼の車にキーでいたずらしたのか?

【ドラマ場面】ザックの車にキーで傷跡を付けたクレイはトニーに相談する。彼のテープを聞いて、彼は何でも持ってるのに今日だって30ポイントもいれて・・というクレイにトニーの台詞

【妄想トライ】駐車場に戻ったら友人の車に傷が・・

Someone keyed my car ! I can’t believe it. It’s new.

(誰かがカギで僕の車にいたずらしてる。信じられない新しい車なのに)

 

 

13.I think it was very brave of this person to tell us how they’re feeling, and  I want them to know that they are not alone. /どのように自分が感じてるかって私たちに教えてくれるなんてこれを書いた人はとても勇気があると思う、それに私はこれをかいたひとにあなたは一人じゃないって気づいてほしい

【ドラマ場面】コミュニケーションクラスで、褒め言葉バッグの中から自分宛のものを読み上げる先生。ハンナはモネ(コーヒー店)で書いた自分の想いを入れていた。ザックが自分の本当に辛いという思いに気づいてくれたらと。でもザックは気づかないふりをして、ハンナはますます孤独を感じる場面での先生の台詞

 

 

14. Karen, Zach, why don’t you come inside, we’ll sort this out./カレン、ザック、中に入って、どうするか考えましょう

【ドラマ場面】早朝ザックと母親がクレイの家に。この車にキーでいたずらしたのはクレイじゃないかというザック母。かばうクレイの母に自分がやったとクレイ。中に入ってどうするか話し合おうというクレイ母の台詞

【参考】sort out:整理する、分類する、えり分ける、えり抜く、選別する、取捨選択する、選び出す、まとめる、解決する、解く、進展する

 

 

15. But look on the blight side you don’t need to follow me anymore./でもいい面もあるよ、もう僕のこと追い掛け回さなくて済む

【ドラマ場面】テープを聞くのを堪えられなくなったクレイはトニーにテープを返す。トニーは手助けするというが、断るクレイ。

 

 

【第7話概要&編集後記】
今回はザックがメインでしたね。
私この回辛いんですよね。だってザックって言葉が足りないだけだったんじゃないかなって。
いやもちろん褒め言葉バックから抜き出すなんてダメだけど、うまくいってたら
孤独を分けあえて(彼にも彼なりの孤独があります)、普通にカップルになれなかったかなって。
ザックが友達付き合い辞めればね。それも可能だったかなって、ハンナなら。
カフェテリアで会話は、もう一言多いっていうか、そこつかないで普通に好きだって言えてればな~って。
仕方ない。にしてもハンナの手紙を持っていたというザック。
本物かな?真相は3月から始まるエピソード2で分かりますかね。
では、次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ