【ニュースde英語】サウジアラビア初の「観光ビザ」発給へ|CNN|ボトックス打ってミスコン失格になったのはラ〇ダ!?

スポンサーリンク

今日は、ニュースから英語を学ぶ金曜日です。

カフェで仕事が捗る理由。

 

【今日のチョコっと英語】

『捗る』に関する英語

ーI made progress on my job than I expected.
(思ったよりも仕事が捗った)

 

今日取り上げるのは、こちら!

『サウジアラビアに訪れる前に知っておくべきこと』です

スポンサーリンク

Saudi Arabia is opening to tourists.
The conservative, often closed-off country has announced plans to roll out a new visitor visa from April 1, 2018. When it goes live, it’ll allow travelers (including women 25 and older) to enter the country once in 30 days.
It’s part of a bold plan to boost visitor numbers — and revenue — beyond the millions of Muslims who make the pilgrimage to Mecca each year.
Also in the works are a major theme park and new resorts on the country’s Red Sea coast. So what can you expect when you travel here?
As a taster, foreigners were invited to join some 600,000 spectators during Saudi Arabia’s month-long King Abdulaziz Camel Festival in early 2018.
While heavy on the camels, the event offered a chance to sample a slice of Saudi culture and road test the experience of being in a destination that rarely appears on vacation itineraries.
Set to be repeated in 2019, it’s a good event to time a trip around.

The camel festival involves camel hair art, camel sand art, camel racing, camel beauty pageants, and hipster food trucks selling camel burgers.
“We need people outside Saudi Arabia to see how we live, to see what the camel means for us,” says Sultan Al-Bogomi, an official spokesperson of the King Abdulaziz Camel Festival.
“It’s part of our living, our parents’ living. They drink the camels, they have the meat of the camels… Saudi has a long partnership with this camel.”
Camels are judged on their dainty ears, the shape of their head, their height and color, and even their lips.
There was $57 million of prize money up for grabs.


サウジアラビアは観光客に門戸を開こうとしている。

保守的で閉ざされた国とされていた国は観光ビザを2018年の4月1日から発行することを発表した。そうなると、(25歳以上の女性を含む)観光客が30日間以内なら滞在することができるようになる。

これは、毎年メッカに巡礼に来る何百人のムスリムたち以上に、観光客の数及び歳入を増やすという大胆な計画の一部である。

また、紅海沿いの長大な地域でのリゾート建設やテーマパーク開園などを打ち出している。ではそこに旅行にいくとしたら何が期待できるのだろう?

食を味わいたい人、外国人たちは2018年初めのアブドゥラジズ王ラクダフェスティバルの間中、600000人の観客の仲間入りを出来るように招待された。

ラクダたちのイベントの中で、サウジアラビアの文化の一端に触れたり、休暇旅程として挙げられている目的地のにいくロードテストの経験をすることができた。

2019年も繰り返される予定で、旅行して回るには良いイベントである。


 

キーワード

bold :大胆な

pilgrimage:巡礼

taster:味わう人、味利き、毒見薬

spectators:観衆、見物人、観客

 

ラクダフェスティバルすごい。

 

2018年のキャメルフェスティバルでの踊り

 

何がすごいってラクダも踊ってます

 

ラクダのビューティーコンテストで、ボトックス注射打ってたとして12頭失格・・・。

【編集後記】
キャメルフェスティバルすごいですね!
何かもう次元と規模が違います。今後すごいことになりそうですね。
ラクダにボトックスって・・すごすぎる。
観光で行ってみたいかっていうと、そうですね・・・。
娘が大きくなって旅行大好きになったら一緒に行きたいかな。
サウジアラビアの大富豪のご子息ご令嬢たちの動向がSNSで注目されたりもしてますよね。これからますます注目浴びますね。
では、次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ