【ニュースde英語】日本人大活躍ニュース:日本を紹介するユーチューバー Rachel and JunがBBCにインタビューされる!|「burnout」はどんな意味?

スポンサーリンク

今日は、ニュースから英語を学ぶ金曜日です。

思い切ってやっちゃった方がいい。

 

【今日のNativeパクリ英語】

『長すぎる時間をかける』に関する英語

ーI spent way too long thinking about applying the seminar.
(そのセミナーに申し込むかについてすごく時間をかけて考えてた)

 

今日取り上げるのは、こちら!

『日本を紹介するユーチューバー Rachel and JunがBBCにインタビューされてた!!です

スポンサーリンク

The Youtube stars who teach the world abot Japan/BBC/Sep 20,2018 より抜粋

(原文はこちらからご覧ください。参照:http://www.bbc.com/capital/story/20180919-the-vlogging-duo-on-youtube-who-teach-the-world-about-japan)

 

キーワード

merit:〔評価などに〕値する、長所、利点、美点、称賛すべき〕価値、真価、実績、功績

nuance :~に特別な意味合いを持たせる、微妙な差異、あや、ニュアンス、陰影

quirk:ねじれる、よじれる、特異な行動、奇行、奇癖、思いがけない[予測のつかない]出来事、言い逃れ

squeal:キーッという声を上げる、キャーキャーと声を上げる、歓声を上げる、キーッと鳴る、キーキーいう、キーキー鳴く、金切り声を上げる、密告する、秘密を漏らす、警察に垂れ込む、ちくる、悲鳴

Squat Toilet:和式トイレ

on-the-ground:現場での、現地の

insight:物事の実態[真相]を見抜く力、洞察力

make a living:生計[暮らし]を立てる、自活する、なりわいにする

decline to:~することを断わる[拒否する]

burnout:燃え尽き症候群、疲れ果てること、極度の疲労、〈話〉疲れ切った人、燃え尽きた人

 

(参照:https://eow.alc.co.jp

 


世界中のすべての国は、その文化のニュアンスなどを伝えるための記事や本が評価されている。でもYoutubeでは、ある特定の国、日本についての興味が広がっている。

この赤毛の女性が何十匹ものキーキーなく狐と戯れている日本の”きつね村”で撮影されたこの動画は、600万以上もの再生数をたたき出した。”日本の和式トイレのバカみたいなガイド”は300万回以上、そして”現代日本のテーブルマナー”はもう少しで200万回の再生数に届きそうというところだ。

これらのビデオは名古屋を拠点とする”Rachel and Jun”というYoutubeチャンネルを持っているRachelとJunによる夫婦によって製作されている。彼らの日本の現地での日常生活についての動画は2億回以上も再生されている。

彼らは、日本文化の彼らなりの考察をシェアし、数百万回の再生数を誇るユーチューバーとして、”J-vloggers”というコミュニティに属している。たいていは外国人で(常にというわけではないが)、彼らは”日本の高校のツアー”や、”カプセルホテルのような狭い部屋で滞在するのはどんな感じか”、”日本で他民族でいるのはどんな感じか”といった類いのものである。

このJ-Vloggingの上昇は、大きなトレンドの一部である。Youtubeは今までにないほど日本で現在盛り上がりをみせている。日本でのYoutubeチャンネルで動画をあげる時間は、2016年と比べて2017年ではほぼ2倍となっていると、アジア太平洋地域のアーティスト開発及びYoutubeのクリエイター長であるMarc Lefkowitzは言う。

レイチェルとジュンは日本についての動画チャンネルでは180万人の読者を持っており、これで生計を立てている。また彼らは、ジュンが主役のJun’s Kitchenのようなスピンオフのチャンネルを作っており、そちらも200万人の購読者を持っている。

2人はYoutubeでいくらほどお金を稼いだかについてはシェアするのを断ったが、どのくらい再生回数なのか、読者が住んでいる地域の広告率など、多くのYoutuberの場合、そのような幅広い要因が関係していると語った。

彼らはJ-Vloggingは他の仕事への広がりにもなっているという。ビデオゲームでの声のオファーを受けたり、レイチェルはモデルのような仕事もしている。さらにクラウドソーシングのサイトPatreonを見た人からの寄付やスポンサーシップも現金を生むのに一役買っている。

(割愛)

でもvloggingへの道は決して簡単なものではない。

多分2,3年くらいは一日も休みがないって時期があった。週7日働いて、起きている時間はすべてビデオ制作、編集、アイデアを考えたり、撮影、そしてソーシャルメディアに費やして、ミートアップにも行ったりして。すごく病気みたいになってしまった。

とレイチェルは言った。

(割愛)

Youtuberの間では疲れ切って燃え尽きてしまうことは珍しいことではない。でも続けられたのは、レイチェルとジュンは動画制作を、日本のことをもっと知りたいという興味に答えることを心から大事にしていたからだ。

(割愛)

(参照:https://www.cnn.co.jp/fringe/35125326.html)


視点が面白くて人気なのも大納得!

 

レイチェルかわいい!

 

 

【編集後記】
すごいですよね~!BBCに取材されるなんて!!!
すごいな~、起きている時間ずっと仕事ってのが2.3年続いて・・って大変すぎ!
だって動画編集、動画作成って本当にすごく大変ですもんね。
にしても落ち着いててかわいい2人すごい私も好きです!
次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ