【ドラマde英語】『Please like me(プリーズライクミー)/シーズン3・第2話』から学ぶ使えるドラマ厳選7フレーズ|「his word means nothing」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日です。

やりたいこと。

 

【今日のチョコっと英語】

『貪欲』に関する英語・・・

Stay hungry, stay foolish.(by Steve Jobs)

(貪欲であれ、愚かであれ)

 

【火曜日の『ドラマde 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見るメリットについては、『映画de英語』にも書きましたが、同様のメリットが短時間で得られるのが海外ドラマだと思います。やはり映画一本だと短くても1時間半程度はかかってしまいますが、ドラマなら1本30分程度のものもあるので、気軽に見れます。

ここでもやはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います。

私はNetflixAmazon Prime Videoですが、以前はHuluでした。参考までに、主な動画配信サービスというと、「dTV」「Hulu」「U-NEXT」「Amazon Prime Video」「Netflix」あたりですかね。もちろん他にも色々あると思いますし、比較サイトも沢山あるので、ご自分に合ったところでがんがんドラマ見ちゃいましょう!

ドラマを見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげちゃいましょう!

では、行きましょう!
 
ネイティブの英語フレーズをインストールするチャンスである海外ドラマ。
今回扱っているのは、オーストラリア発のコメディアドラマ『Please like me』です。

キャストやあらすじなど気になる方はこちら(Wikipedia)より。私はいつもこちら(IMDb)も参考にしています。また意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBや、weblio英和辞典・和英辞典を使うことが多いです。
 

『Please like me/Season3-2』の使えるドラマフレーズです。
<


 

『絶対に使える英語フレーズ7選』|ドラマ『Please like me/ Season 3/ episode 2』より

1. He’s just so hassled by them.

2. I can make it up to you,huh?

3. He decided that his word means nothing.

4. Well,I’m sorry for dragging you into it. It’s not your fault.

5. Hey I’m not mocking you.

6. Sorry, I probably shouldn’t have burdened you with this.

7. No, I’m not angry. You stuffed up. I get it.

スポンサーリンク

 

これらはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. He’s just so hassled by them.

ーただめんどくさいことなんだよ

【ドラマ場面】
アーノルドがディナーにやってきた。自分の親に自分がゲイであることを告白することを決めたという。でも父がホモセクシュアルを嫌がってるのは知ってるからナーバスなんだと打ち明ける。なんで君のパパはそういうのが嫌いなの?とのトムの問いに答えるアーノルド。

【参考
hassle:けんかする、口論する、うるさがられる、悩ます、いらいらさせる、面倒な

【妄想トライ】
連休明けの会話
-Even it may seem like a hassle but you need to make sure it’s all right for everyone.
(みんな本当に大丈夫か面倒だけど確かめるべきだ)

 

2. I can make it up to you,huh?

ー埋め合わせできるよ

【ドラマ場面】
妻のMaeが妊娠中に他の男性と関係を持ったと告白。アランは冷静に対処しようとする、ホルモンのせいだったし仕方ないと。そこでMaeの台詞。

【妄想トライ】
自分が悪いのは明白
-There’s no way I can make it up to you..
(どう埋め合わせしたらいいかわからない)

 

3. He decided that his word means nothing.

ー彼は約束を破った

【ドラマ場面】
トムはグルテンフリーダイエットのため、パンを食べるのを止めていた。ジョシュも一緒に協力してくれるはずだったが、ジョシュはたまにはいいんじゃないかとパンを用意し、パンを食べてしまう。アーノルドの深刻な話を聞きながらパンのことが頭から離れずに話題にするトム。

 

4. Well,I’m sorry for dragging you into it. It’s not your fault.

ー君を巻き込んじゃってごめんね、君のせいじゃないのに

【ドラマ場面】
なんで最近パンは敵だっていう風潮なの?全然いいじゃない、昔から食べてたし、その時代にもかっこいい人はいたよというアーノルドにトムの返事。

【参考】
drug A into B:AをBに引っ張りこむ

【妄想トライ】
変なビジネスの勧誘
-Don’t drag him into your business.
(彼をあなたのビジネスに引きずり込まないで)

 

5. Hey I’m not mocking you.

ー君の味方だよ

【ドラマ場面】
パン問題で相当頭にきてるトム。何かを一心不乱に作り続けてる。何を作ってるか教えてというアーノルドに、君に関係ないしというトム。そこでアーノルドの台詞。

【参考】
mocking:嘲る(ような)

 【妄想トライ】
馬鹿にされてるのは分かる
-I don’t like her mocking smile.
(彼女のあざ笑うような笑いが嫌い)

 

6. Sorry, I probably shouldn’t have burdened you with this.

ーお前には関係ないことなのにごめん

【ドラマ場面】
妻からの不倫告白でどうしていいかわからなくなったパパアレン。ジョシュに電話をかけてきて、そのことを告白する場面。

【参考】
burdened:重荷を背負った

【妄想トライ】
今期赤字ならかなりのピンチ
-His company is burdened with a considerable load of bad debts.  
(彼の会社はかなりの額の債券を抱えている)

 

7. No, I’m not angry. You stuffed up. I get it.

ー怒ってないよ、よくあることだ

【ドラマ場面】
アランがいなくなったとあせるMaeはジョシュに電話。結局パパはプールで泳いでいただけだった。電話でジョシュに怒ってるか?と聞くMaeにジョシュの返事。

【妄想トライ】
やらかしてしまったときは謝るのみ
-I stuffed up. I’m so sorry. 
(失敗しちゃった、ほんとうにごめんね)


こちらもどうぞ。今までの『ドラマ de 英語/ドラマからの厳選フレーズ』はこちら。


【編集後記】
ああ、トムが痩せてきた。シーズン2から比べるとすごい痩せてきましたよね。
クレアも帰るって言ってるし、また楽しみだ~。
Maeの突然の告白はなんで今さらって感じだけど。アランがすごく老けて見えました。
このPlease like meを取り上げてかなり立ちますが、オーストラリア英語の特徴って結構見えてきましたよね。
スラングやフレーズがイギリスともアメリカとも違うこの独特な感じ。
こういうのを感じることがやっぱり面白いですよね!
では次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ