【ドラマde英語】『13 reasons why/シーズン2・第13話』から学ぶ使えるドラマ厳選7フレーズ|「look over one’s shoulder」はどんな意味?

スポンサーリンク

さあ、今日は海外ドラマから英語を学ぶ火曜日です。

設定ってなんか時間が全く読めずに困る。

 

【今日のNativeパクリ英語】

『時間をかける』に関する英語・・・

I have spent a good chunk of my time for setting this out.

(この設定に時間をかなりの時間をかけた)

ー元ネタ―

CNN has spent a good chunk of this hour talking about how “both sides” are hitting the streets to pressure Senators on Kavanaugh. Really? I have seen plenty of protests of Kavanaugh, but I haven’t seen may pro-Kavanaugh rallies.

CNN is manufacturing a pro-Kavanaugh movement.

— Angelo Carusone (@GoAngelo) September 24, 2018— NowThis (@nowthisnews) 2018年9月12日

 

【火曜日の『ドラマde 英語』お勧めの勉強方法】

映画を見るメリットについては、『映画de英語』にも書きましたが、同様のメリットが短時間で得られるのが海外ドラマだと思います。やはり映画一本だと短くても1時間半程度はかかってしまいますが、ドラマなら1本30分程度のものもあるので、気軽に見れます。

ここでもやはり定額制の動画配信(見放題)サービスが一番てっとり早いと思います。

私はNetflixAmazon Prime Videoですが、以前はHuluでした。参考までに、主な動画配信サービスというと、「dTV」「Hulu」「U-NEXT」「Amazon Prime Video」「Netflix」あたりですかね。もちろん他にも色々あると思いますし、比較サイトも沢山あるので、ご自分に合ったところでがんがんドラマ見ちゃいましょう!

ドラマを見て脳を活性化しながら、勉強にもつなげちゃいましょう!

 

では、行きましょう!
 
ネイティブの英語フレーズをインストールするチャンスである海外ドラマ。

 

今回は、セレーナ・ゴメスがプロデュース業に挑戦した作品でも有名であり、現代のティーン達の自殺問題、SNS問題などを真正面から扱う『13 reasons why』です。

 

キャストやあらすじなど気になる方はこちら(Wikipedia)より。私はいつもこちら(IMDb)も参考にしています。
★こちらはネットフリックスオリジナル作品なのでご注意ください。

また、単語の意味を調べるときは、アルクの英辞郎on the WEBweblio英和辞典・和英辞典を使うことが多く、このサイトでも採用しています。


 

『絶対に使える英語フレーズ7選』|ドラマ『13 reasons why/ Season 2/ episode 13』より

1. I get to leave constantly looking over my shoulder for monsters dressed up as the popular kid, constantly on edge and assuming the worst in every boy.

2. She was funny, and smart, and moody, and ..and maddening, and beautiful.

3. This is really inappropriate at a wake, especially given the whole history, but..I’ve been ..I’ve been trying for, like, two weeks now to get up the nerve to ask you, um.. if you would wanna go to the Spring Fling as like, people who date?

4. But we still live in a world that is out to break us any way it can.

5. I am not uptight. 

6. Yo need to get laid, but you’re a good kid.

7. If you really think this’ll change a goddamn thing and not just be another fucking tragedy that adults cry about for a week and then forget, if you really think this is gonna be different, then do what you gotta do.

スポンサーリンク

 

これらはどのように使われていて、どう応用できるのか。

ドラマの状況から覚えるのもアリですが、
記憶の定着のために、
そのフレーズで思い浮かぶ私の妄想もお伝えしています。

ご自分でも想像しながらいってみましょう!


1. I get to leave constantly looking over my shoulder for monsters dressed up as the popular kid, constantly on edge and assuming the worst in every boy.

ー私は一生人気者の男子におびえながら生き続ける、全ての男を疑っていきる

【ドラマ場面】
ブライスとジェシカがお互い陳述を裁判官の前で行う場面。ジェシカが涙を流しながら力強く訴える台詞。

【参考】
look over one’s shoulder:自分の肩越しに見る、後ろを振り返る[気にする]、不安に感じる、ビクビクする

on edge:端に、先端に、縁に、〈話〉緊張状態で、イライラして、ピリピリして、〈話〉〔~をしたくて〕ウズウズして、待ちきれなくて

【妄想トライ】
イライラが手に取るようにわかる
I know that her nerves are on edge now.
(彼女の神経は今逆立ってるのが分かる)

 

2. She was funny, and smart, and moody, and ..and maddening, and beautiful.

ーユーモアがあって賢い、気分屋で怒りっぽくて美しかった

【ドラマ場面】
全て終わったあと、ハンナの両親はやれていなかったハンナのお葬式をしようと考え、一つの教会を見つけ執り行うことに。式の中で話してほしいと両親から頼まれたクレイは、きちんと話すべきことを話せるか不安になりながらも、話し出す場面。

【参考】
maddening:〔苦痛などで〕気を狂わせるような、ひどくイライラさせる、頭にくる、腹立たしい、しゃくに障る

【妄想トライ】
いい加減にしてほしい
This was so maddening.
(すごく頭にきた)

 

3. This is really inappropriate at a wake, especially given the whole history, but..I’ve been ..I’ve been trying for, like, two weeks now to get up the nerve to ask you, um.. if you would wanna go to the Spring Fling as like, people who date?

ーこんな時に聞くことじゃ無いし、不謹慎だけど2週間もこれを聞くのに、迷ってる、恋人としてダンスパーティーに行ってくれる?

【ドラマ場面】
ハンナのお葬式の後、みんなでカフェ「モネ」で軽食パーティーのようなものへ。そこではみんな思い思いに話している。アレックスがジェシカと初めて会った時のことを話しながら、ダンスパーティーに誘う場面。

【参考】
get up the nerve to:勇気を振り絞って~する、~にむきになる

【妄想トライ】
勇気がない
I never got up the nerve to ask my boss for a raise.
(上司に昇給を言い出す勇気がなかった)

 

4. But we still live in a world that is out to break us any way it can.

ーでも世界は僕らを傷つけ続ける

【ドラマ場面】
タイラーが戻ってきた。きちんと更生プログラムを終えて・・。でも彼のせいでシーズンを棒にふった野球部の一部が怒りをあらわに。ブライスがほっておけというのも聞かずにモンゴメリが暴力に走る。その場面の後で綺麗な景色とともにクレイの独り言のように上記の台詞。

 

 

5. I am not uptight. 

ーピリピリしてない

【ドラマ場面】
公庫のダンスパーティーの日。隠れたりしてないって学校のみんなに見せるいい機会かなと思うというジャスティンに行くつもりはなかったクレイだが付き合うことに。ネクタイを結べないジャスティンにクレイが教えるが口うるさく言ってしまう。ジャスティンになんでそんなにピリピリしてるんだ?と言われクレイのこの台詞。

【参考】
uptight:〈話〉〔怒りや恐れなどで〕緊張した、ピリピリした、神経質な◆自分で制御できないほど張り詰めているさま

【妄想トライ】
理由は不明
 Please don’t get so uptight.
(お願いだからそうむきになるな)

 

6. Yo need to get laid, but you’re a good kid.
ー童貞は捨てるべきだがお前はいいやつだ

【ドラマ場面】
パーティーには転校したはずのブライスも来ていた。ジャスティンに話しかけるブライス。高校入学前に一緒にこの学校で王様になってやろうなって話したの覚えてるか?と。気まずい空気は流れるものの、きちんと返事をするジャスティン。2人が話しているのを見て慌ててクレイが割って入る場面のブライスの台詞。

【参考】
get laid:〈米俗〉寝かされる、抱かれる、セックスする

【妄想トライ】
うんざり
 You should break up with the guy got laid with a different woman twice a week!
(週に二回も別の女と寝るような男とは別れなよ)

 

7. If you really think this’ll change a goddamn thing and not just be another fucking tragedy that adults cry about for a week and then forget, if you really think this is gonna be different, then do what you gotta do.
ーほんとにこれで何か変わるとおもうか?大人はしばらくはなくかもしれないけどすぐに忘れる。これでもし変わると思うんならやればいい

【ドラマ場面】
銃を持ってダンスパーティーをしているリバティ高校を襲撃にきたタイラー。警察に通報はしないでくれと仲間にお願いし、タイラーを説得に来たクレイ。入り口で待ち伏せし、銃を突きつけられても勇敢に説得をするクレイの台詞。

 

 

【編集後記】
えええ、これで終わり?って終わりでしたね。
何でタイラー!しかも何でジャスティンとそうなっちゃうかなあ、ジェシカ・・。
色々と盛り沢山な感じで最後に詰め込みましたよね。
シーズン3につなげるためにって感じですよね。
でも3はどうなるんでしょうねえ?もはやハンナの話しではないし。
次回のドラマはまだ何にするか決めてません~!
では、次回もお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ