【動画de英語】America’s Got Talentでゴールデンブザーを押させた13歳のライオン少女!|Courtney Hadwin(コートニー・ハドウィン)

スポンサーリンク

さあ、今日は動画から英語を学ぶ日曜日です。

表現力。

 

【今日のチョコっと英語】

『表現力』に関する英語・・・

―She showed us a soulful expressiveness.

(彼女は魂のこもった表現力を私たちに見せた)

 

今回は、アメリカの大人気オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」(America’s Got Talent)の動画行きたいと思います!

 

【シャイな女の子がライオンになって、ゴールデンブザー獲得!】です。

スポンサーリンク

 

Courtney Hadwin : 13-Year-Old Golden Buzzer Winning Performance-America’s Got Talent 2018!/ America’s Got Talent /2018.6.12

とにかくこの動画は見てほしい!


Hi, my lovely.?ーHi.

(こんにちは、かわいこちゃん―こんにちは)

 

Welcome to America’s got talent. How are you?

―I’m little bit nervous.

(アメリカズゴットタレントにようこそ。調子はどう?―少し緊張しています)

 

That’s OK to be nervous. It’s totally understandable. What’s your name?

―Courtney

(緊張してもいいのよ。すごくわかるわ。お名前は?-コートニー。)

 

And how old are you?―13.

(で、何歳?ー13)

 

13. What’s your favorite subject in school?

―Music?

(13か。好きな授業は何?―音楽)

 

What kind of music?―・・・・・?

(どんな種類の?―(よく聞こえずすみません・・)

 

You’re very sweet. And I’m guessing you’re gonna be singing for us?―Yes

(あなたはとてもかわいいわ。あなたは今から歌を歌ってくれるのよね?-はい)


Listen don’t be nervous. I know this is a big stage, and there’s lots of people here. But you’re here for a reason, so go for it and good luck!―Thank you.

(そんなに緊張しないで。ここはすごく大きなステージでたくさんの人がいるけど、でもあなたは理由があってここにきたのよ。だから頑張って、うまくいきますように!ーありがとう)

 

-憑依したかのような歌声披露ー

 

(サイモン)You know I just shiny little thing when you first came out and then you sing and you’re like a lion! I mean genuinely incredible.

Howie what did you think?

(君が最初にここに来たときはキラキラしたかわいい子が来たって思ったんだよ、で君が歌ったらまるでライオンみたいじゃないか!純粋に素晴らしい! ホーウィーどう思う?

 

Oh my gosh you are not from this era. You’re from a whole different era.

(信じられない!君は今世紀のものじゃないよ。違う世紀から来たみたいだ!)

 

And I’m a huge Janis Joplin fan and it’s a story if you ever watch the documentary Clive Davis he goes to the Monterey Pop Festival and he sees this young girl that nobody has ever seen before nobody knows it was the first time Janis Joplin got signed and that would that changed her life.

You know that story? I’m not Clive Davis. I’m Howie Mandel and I can’t sign you to a record deal. The only thing I can do for you young lady is give you ….!

(僕はジャニス・ジョップリンの大ファンなんだよ。ドキュメンタリーを見た人は分かると思うけど、こんな逸話があるんだ。名プロデューサークライヴ・デイヴィス(Clive Davis)がモントレー・ポップ・フェスティバルに行った時、この一人の若い女性と出会ったんだ。それが初めてジャニスが契約を結んだ時で、それが彼女の人生を変えたんだ、この話知ってる?

僕はクライブじゃないし、僕はホーウィー・マンデルで、君とレコード契約を結ぶことはできないんだ。僕が君のような素晴らしい若い女性にしてあげられることはこれだけ!(と言ってゴールデンブザーを押す))

 

Courtney, you’re gonna straight to the the LIVE show!

―Thank you so much, thank you so much…..

(コートニー、あなたはこのままライブショーに進む権利を得たのよーありがとう、ありがとう)

 

No ! Thank you so much! Oh My God!

(いや君にこそありがとうだ)

 

You’re absolutely amazing i’ve never seen anything like that. Can we give her some love?

(あなたは本当に素晴らしいわ。こんなすごいステージみたことがないわ。(観客に向かって)さあ彼女に愛を!

 

学校では友達と話すのも苦手で、自分の好きな音楽に没頭しているという彼女。ギャップ!

 

昨年イギリスの子供向けのオーディション番組でも観客を魅了!



【編集後記】
すごすぎる。どうやったらこんな子供が育つんだろう?
持って生まれた才能を親が大事に扱ったってことですよね。できるかな~。
友達と話すのもほかの兄弟みたいにできないし、一人でいることが好きな彼女。
爆発した個性。すごい!
では、次回もお楽しみに!

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ